Top | RSS | Admin


お菓子教室

| Top | Next



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



苺のムース&ピスタチオのマカロン | お菓子教室
苺のムース

ケーキスクールが当分お休みなので、ご近所のY先生のお菓子教室へ。
ご一緒したのは、前回と同じベテランのLさん。
今月のお題は「春のお花畑 苺のムース」「ピスタチオのマカロン」の2品。
春らしい桜色のムースと若葉を思わせる鮮やかなマカロンに、何だかウキウキ♪

実は私、こういう丸いマカロンを今まで作ったことがない。
一時期とても流行っていたけれど、難しいお菓子だと聞いて
独学ではとても無理だろうと・・・。
だから、ようやく習う機会を得たことが本当に嬉しい。o(*^▽^*)o

帰宅すると、息子が先に帰っていて弁当を食べていた。
出来たてホヤホヤのお菓子がさっそく狙われたのは、言うまでもない。
(ムースはともかくマカロンは隠しておこうと思ってたのに~~)
卵白のストックが随分たまっているので、近いうちに是非トライしよう!!

ピスタチオのマカロン
スポンサーサイト
【2010/03/19 20:44】   | コメント(0) | Top↑



ケーキスクール(27) ザッハトルテ&トリフ&アソート | お菓子教室
ザッハトルテ

いつものお菓子教室で、バレンタイン単発のチョコレート講習会を受講した。
本日のお題は「ザッハトルテ」「トリフ&アソート(アソートはデモのみ)」である。
チョコのお菓子は難しい・・・というイメージが強すぎるせいか
ガトーショコラぐらいしか作ったことのない私。
その場の勢いで申し込んでしまったけれど、皆に付いていけるかなぁ・・・(-_-;)

昼食(クロワッサンサンド)

午前中は、ザッハトルテの生地を焼いたり、トリフにガナッシュを詰めたり。
へぇ・・・トリフって、こんな風に作るのかぁ。チョコレートが高い理由も納得だ。
今回の授業は長丁場なので、お昼用にクロワッサンサンドが用意されていた。
けっこう大きかったのだが、緊張がほぐれたせいか急に食欲がわいてアッという間にペロリ!!
もうちょっと味わって食べれば良かったよ。

ザッハトルテ(試食)

午後は、それぞれの仕上げ。ひ~っ、難しい・・・それでも何とか形になって本当に嬉しい♪
お土産は、ザッハトルテ1台とトリフ&アソートが合計30粒。(いずれも箱入りでお持ち帰り)
帰り際に店頭で商品の値段を見ると、お土産を買った場合の合計金額は
今回の講習料を越える額だった!先生、太っ腹~~!!!
1回習っただけでは、到底作れそうにないけど。

この後しばらくケーキスクールはお休み。早く再開が決まると良いな~☆

トリフ&アソート
【2010/02/10 20:35】   | コメント(2) | Top↑



ケーキスクール(26) カボチャのモンブラン&メープルプリン | お菓子教室
メープルプリン(メイキング)

今回のメインは「カボチャのモンブラン」、サブは「メープルプリン」のデモ。
前者は、カボチャペースト入りの生地とカボチャクリームを使ったロールケーキで
後者は、砂糖の一部にメープルシュガーを使ったプリンである。

プリンは、すごく滑らかな舌触りで予想以上に甘かった。メープルのせいかな?
カボチャのモンブランは、ほどよい甘さで鮮やかなオレンジ色が目をひく。
以前習った正統派モンブランより気楽に作れそうな気がする。

今日で4コース目が終了。バレンタイン単発の後は、しばらくお休みになるみたい。
自宅ではなかなか練習しないので、ブランクがあくと、ますますヘタになってしまう・・・。
早く次の開講が決まるといいのになぁ。

(↓試食用のプリンは容器が違う)
カボチャのモンブラン&メープルプリン
【2010/01/30 20:48】   | コメント(0) | Top↑



ケーキスクール(25) チェリータルト&丹波豆洋芸焼  | お菓子教室
チェリータルト

今回のメインメニューは「チェリータルト」。
といっても、ただ単にチェリーを入れて焼くのではなく
アーモンドタルトの上にチェリーのクラフティを乗せた手間隙のかかるケーキである。
クラフティの土台にはジェノワーズを強いているけど、なにせ壊れやすいので
組み立ての時は、みんな大騒ぎだったわ。

「丹波豆洋芸焼」は、焼き菓子コースの時に一度実習したことがある。
今日はサブメニューなので、先生のデモによる説明を受けたが
前回聞き漏らしたことや勘違いが分かるので、とても勉強になる。
それに、配合こそ以前と同じだが、材料を合わせ方や順番など
微妙な点で幾つか変わっているので、後でチェックしておかないと・・・。

チェリータルト&丹波豆洋芸焼
【2010/01/16 23:03】   | コメント(0) | Top↑



ブッシュ・ド・ノエル&フォンダンマロンショコラ | お菓子教室
ブッシュドノエル&フォンダンマロンショコラ

今月4度目のケーキ教室。今回は、いつものケーキ店ではなく
7月に教えていただいたY先生のお宅で、クリスマスケーキの講習会♪
以前うちの自宅教室に通っておられたLさんと、偶然ご一緒することに。
Lさんは、お菓子作りの大ベテランなので心強い限りである!!

ブッシュ・ド・ノエルは、ココアのジェノワーズをトヨ型に敷きこみ
ココアムースとパンナコッタを流し、ジェノワーズで蓋をしたもの。
仕上げ用のクリームは、イタリアンメレンゲを使ったチョコのバタームースで
飾りのマカロンやチョコ、アラザンは、先生が用意して下さった。

工程が何段階にも分かれているので、私の頭ではレシピを追うのが精一杯!!
先生が的確に指示を出して下さるので、実習も何とか付いていけたけど
一人でこれだけ作るのは大変そう・・・。もっとも、パンと違って
一気に最後まで作る必要が無いので、救いがあるかな?

一方のフォンダンマロンショコラは、画像では分かりにくいが
クグロフ型で焼く、どっしり系のチョコレートケーキ。
マロンと名のるだけあって、マロンクリームにマロンピューレ、
渋皮煮に栗のリキュールまで入っている。

マロンピューレを使うのは、今回が初めてなのだが
甘くない(栗本来の甘味だけ?)とは知らなかった。
粉を殆ど入れない非常に濃厚なケーキで、食べ応え満点!!
作り方は簡単そうだし、クグロフ型も家にあるので、
バレンタインデーに作ってみようかな♪

試食後、私をY先生に紹介してくれた元生徒のCさんが
注文の品を取りに先生を訪ねてこられたので
久々にお会いすることができた。姫君もお元気そうだ。
LさんもCさんも全然お変わりなくて嬉しいわ~☆
なんだか同窓会みたい(笑)

Y先生、今回も美味しいケーキをありがとうございました。m(__)m

ブッシュ・ド・ノエル(試食)
【2009/12/24 21:45】   | コメント(2) | Top↑



| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。