Top | RSS | Admin


2005年12月

| Top | Next



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



お節作り後半戦 | 暮らし
お節料理(2006年用)

今日は、お節作りの後半戦。野菜の煮物を作り、昨日作った分とともに重箱に詰める。煮物は、タケノコ・レンコン・里芋・干し椎茸・コンニャク・人参・絹さや・ゴボウの8品。レシピは、全て「かあさんの味」(ベターホーム出版局)。実家も同じ本(かなり古い版だが)を使っているので、母の味は間接的に私に継承されたことになる。

いつもは作った直後に味見するのだが、今年は忙しくて忘れていた。お重に詰めた後、余ったお節を夕食の際少しずつ味見したら、レンコンの味が薄すぎてガックリ。すぐ気づいていたら、手の打ちようもあったのに・・・。昨日の田作りも、調味料の煮詰め方が足りなくて、どうもイマイチ。年に一度しか作らないので、毎年なにか失敗するのよね。

さて、大晦日ということで、今年を振り返ってみた。自宅教室は、少しずつ前進している。昨年より開講数が増えたし、直接の知人だけでなくHPを探して申し込んで下さる方が増えてきた。まだ人数は少ないが、熱心な生徒さんばかりで幸せなことだと思う。生徒としての自分も、天然酵母コースを卒業し検定2級にも合格できて、充実した1年だった。来年も頑張ろう~♪

それから、つい先ほど本館で300000Hitを達成した。見事キリ番をゲットしたRさん、おめでとうございます~☆惜しくも次点となったHさん、メッセージありがとうございました!そして、いつも訪問して下さる多くの皆様、来年もどうぞ宜しくお願いします。 m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト
【2005/12/31 23:34】   | コメント(0) | Top↑



お節作り前半戦 | 暮らし
例年通り、今日はお節作りの前半戦。黒豆・田作り・数の子・紅白なます・叩きごぼう・栗金団を作った。一番大変そうな黒豆は、水煮を使う手抜きバージョン。栗金団は、昨年まできちんと裏ごししていたが、今年はFPで砕いたのでメチャ楽ちん♪小さな粒が少し残るが、気になるほどではない。明日の後半戦も頑張ろう!!

話は変わるが、入院中の父に血液検査で貧血が見つかったらしい。貧血なんて女性の掛かる病気だと思っていたので、ちょっと意外だった。だが、十数年前に胃を患って以来めっきり痩せたので、そういう症状があっても不思議ではない。この際、悪いところを全部洗い出して、しっかり治療してもらいたい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2005/12/30 23:45】   | コメント(0) | Top↑



プルマン(3斤) | パン
プルマン(3斤)

父の容体が落ち着いて、とりあえず一安心。今日は、伸ばし伸ばしにしていたキッチンの大掃除に取り組んだ。自宅教室を開いている関係上、昔に比べてマメに掃除しているつもりだが、人目に触れない場所は、どうも手抜きになりがち。年末ぐらいキッチリやらないとね。

さて、掃除の合間を縫って「プルマン」を焼いた。明日からさらに忙しくなるので、FPで2単位分捏ねて、3斤食パン型でまとめ焼き。いつもはU字形3個詰めにするのだが、ネッ友さんから俵形4個詰めにすると均等に上がりやすいと伺って、試してみることにした。

配合は、パン教室で習ったレシピをドライイーストのみ1%に変更した。捏ね上げ28度で、一次発酵が90分+パンチ+30分。成型は、丸め直しオンリーの予定だったが、一塊が大きいため空洞が出来そうな不安を感じ、イギリスパン風の超大雑把な俵形に変更した。

仕上げ発酵は、38度。一時間経った頃、生地のトップが型を越えそうになり、蓋を被せた。まだ発酵の足りない部分もあったので、10分間延長した後オーブンへ。焼きあがったプルマンは、理想の形より若干角張り気味。あと3~5分早く焼成すれば良かったなぁ。

冷めてからスライスしたところ、案じていた空洞は見つからなかった(ホッ)。成型がアバウトだったせいか、仕上発酵中4つの生地が均等に上がったわけではないが、大掃除の片手間に焼いたにしては意外とマトモで(=ボーズでなくて)良かった~♪多分、これが今年の焼き納めになりそうだ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン
【2005/12/29 23:14】   | コメント(0) | Top↑



父の入院&パニーニ | 天然酵母パン
パニーニ(サンリッチ・ナトゥール)

昨日は、メール受信のトラブルが発覚して、プロバイダーの会社に電話したりHPを手直ししたりで終日バタバタ。サーバー側の問題と分かり、今後の対策は取れたものの、この一月半の間に消滅したメールは復元できない。プログラムにはバグが付きもの、そういう危険は充分予想できたのに、過信していた私がバカだった。

さて、メールフォームの件が一段落したと思ったら、実家の父が肺炎で入院した~と母から連絡が!!え~っ、年末も押し迫ったこの時期に?!先日の3連休中に発病し、高熱で歩くのもままならず、ようやく受診して検査したら肺に影が写り、即入院が決まったらしい。

この前、実家に顔を出した時も、父は微熱があって元気が無く、ちょっと気になっていたのだ。血糖値もかなり高いので、そちらの治療も合わせて2~3週間入院することになりそう。だが、年末年始の休診前に滑り込みセーフ(?)で入院できたのは、運が良かった。点滴で熱が下がった途端いつもの毒舌を吐く父を見て、なんだかホッとした。

画像は、昨夜焼き上げた「パニーニ」である。酵母はサンリッチ・ナトゥールを使用。本物のパニーニは、専用の機械でプレスするらしいが、パン教室ではオーブンで焼いて串で線をつける。今回は自宅用なので、面倒なことは省略。ササミ&キュウリを挟んで食べたが、オリーブオイルの香りが食欲をそそり、なかなか美味であった♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パニーニ(サンリッチ・ナトゥール)
【2005/12/28 23:56】   | コメント(0) | Top↑



メールフォーム不具合のお詫び | ホームページ
本館および教室館のメールフォームが、今年11月上旬以降
正常に作動していなかったことが判明いたしました!


原因は、サーバーの迷惑メール削除機能のトラブルです。
今まで全く気づかず、皆さんから頂戴した大切なメールを
読む前に消失してしまいました。

心よりお詫び申し上げます。

お心当たりの方は、大変申し訳ありませんが、
本館トップページより再度メールをお願いいたします。m(__)m
【2005/12/27 13:23】   | コメント(0) | Top↑



スフレ・チーズケーキ | お菓子
スフレ・チーズケーキ

ここ数日お菓子づいている。今日は、使い残しの生クリームとクリームチーズを使って「スフレ・チーズケーキ」を焼いた。レシピは、愛用している「お菓子の基本」(ベターホーム出版局)を使用。斬新さは無いが、初心者に優しい作りの本である。

菓子パンとの兼ね合いで最近あまりお菓子作りをしなくなったが、チーズケーキは私の1番好きなケーキなので、時々無性に食べたくなる。よく作るのは、混ぜるだけでOKのベイクド・タイプだけど、上手く焼けた時の嬉しさは、やっぱりスフレの方が上。

今回は、普段より一回り小さい15cmデコ型を使ったせいか、トップが殆どひび割れず、私にしては比較的マシ。とはいうものの、ケーキの出来の良し悪しがイマイチ分からない。味や外見、風味や舌触りなどから総合的に判断するのだろうが、お菓子につきものの甘さのおかげで、よほど酷くない限り食べてしまえる。きっと味覚が鈍感なんだろな~(^^;)

よく冷やしたチーズケーキを息子に与えたところ、喜んで食べていたので、どうやら合格点らしい。もっとも、息子が特別鋭敏な舌を持っているわけではない。おまけに、息子も私同様チーズケーキが大好きなので、多少欠点があっても気にせず食べるような気がする。

第一、息子は自宅製以外のチーズケーキを食べたことがあるのだろうか?!スナック菓子はともかく、本格的なケーキなんて滅多に買わないからなぁ・・・。チーズケーキ限定とはいえ、母親の味しか知らないことが果たして幸せと言えるのかどうか?ちょっと複雑な胸中である。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:スフレ・チーズケーキ
【2005/12/26 22:12】   | コメント(0) | Top↑



アーモンド・クッキー | お菓子
アーモンド・クッキー

クリスマスの朝は、ノンビリまったり。朝食代わりに、クリスマスケーキの残りを食べた。ん?一夜のうちにシュー皮の存在感が増したような・・・というか、ロールケーキしょぼ過ぎ!!シューの方が倍ぐらい分厚く感じる。来年は、もう少し上手く作りたいものだ。

さて、息子へのクリスマスプレゼントは、将棋盤とスージアム(数字のクロスワードゲーム)。本人はゲームソフトが欲しかったようだが、我が家のサンタは渋好みなので、子供が大喜びするようなモノは、まず贈られてこないのであった(苦笑)

午後、久々に「アーモンド・クッキー」を作った。普段はアーモンド・プードルを使うのだが、ドレスデン用に買ったローマジパンが余っているので、FPで粉末状にして1割ほど生地に加えてみた。砂糖の量を調整すれば、そのまま使えそう♪

先週焼いた2個の「ドレスデン・シュトーレン」が、そろそろ食べ頃である。でも、あと1週間、お正月まで我慢しようかな~♪ちょうどその頃、本館のアクセスが30万Hitに届きそうなので、1個はカウプレにする予定。(レーズンが食べられない皆さん、ゴメンネ~m(__)m )

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:アーモンド・クッキー
【2005/12/25 21:28】   | コメント(2) | Top↑



ブッシュ・ド・ノエル&ドッグパン | お菓子
ブッシュ・ド・ノエル

今日は、いよいよクリスマス・イブ。先日パン教室で習った「ブッシュ・ド・ノエル」にトライするぞ~!!ただし、注文したパンドミー型が雪の影響で間に合わなかったので、今回はロールケーキを芯にしよう。いきなり本番で不安だけど、まぁ何とかなるでしょ。

まず、最初はシートスポンジ作りから。3年前に習った別のレシピの配合を借用した。(←ちなみにこれもブッシュ・ド・ノエル)だが、焼きあがった生地は、見事にペッタンコ~~(x_x;)まぁ、久々だから無理もないか。自宅用だから気にせずに行こう!

次は、生クリームをホイップして、苺とともに巻いて行く。苺は、当初予定していなかったのだが、生クリームだけでは細すぎるかも~と思い、息子にお使いを頼んだ。小柄で粒の揃ったものを選ぶようにとメモを渡したが、買ってきたのは結構大きな苺。他に無かったと言うので仕方がない。自宅用だから気にせずに行こう!

さて、いよいよ本日のメインイベント☆FPによるシュー生地作りである。卵を加えながら、ガッ!ガッ!ガーッ!!おおっ、初めてにしては上出来だ~♪絞り袋に入れて天板に搾り出し、いざ予熱の上がったオーブンへ。バタン!扉を閉めた瞬間、霧吹きを忘れたことに気が付いた。うぅぅ、今さら出せないよぉ・・・。自宅用だから気にせずにいこう!

息子を待つ間に、カスタード・クリームを作っておいた。これは、シュー皮を巻く時に糊代わりとなる。今回は少量なので、レンジ使用。ロールケーキに巻き込む生クリームが余ったので、カスタードと混ぜて一緒に使おう。シュークリームだって、そういうのあるもんね。水分が多いので拙いことが起きるかもしれないが、自宅用だから気にせずにいこう!

最後は、ロールケーキにシュー生地を被せて、カットおよびデコレーション。幸か不幸かロールケーキの直径がパンドミー型と殆ど同じだったので、パンの場合と同様に力任せに巻きつけてしまい、巻き込んだ苺と生クリームがムニュ~と横からはみ出てきた!おまけに、シュー生地の裂け目からは、カスタード生クリームがムニュ~!!自宅用とはいえ、これはさすがに気になる・・・。とりあえず、極端にはみ出た部分を取り除いて、苺でフタをしておこう(苦笑)

片方の端と真ん中をスライスし、切り口を見せるように配置して、ようやく9合目。作業と洗い物の繰り返しで、既に疲労困憊の私・・・。そうだ、最後の仕上げを息子にやらせよう!クリスマスプレートやサンタ人形、市販のお菓子など、トッピングアイテムには事欠かない。案の定、息子も大乗り気で、まことにド派手なブッシュ・ド・ノエルが出来上がった。まぁ、自宅用だから・・・(ちと脱力)。

ドッグパン

午後は、ホットドッグ用のパンを焼いた。クリスマスに何を食べたいか息子に聞いたら、給食で美味しかったというホットドッグを所望されたのだ。ちょうどシュー生地作りで卵が余っていたので、バターロール生地の配合でドッグパンを作った。午前中のケーキ作りに比べたら、メチャクチャ楽ちん♪(休憩時間が多いし洗い物も少ない)焼きあがった後でパンドミー型到着。なんともはや・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ブッシュ・ド・ノエル
本日のパン :ドッグパン
【2005/12/24 22:54】   | コメント(0) | Top↑



アマンド・プチ | パン
アマンド・プチ

明日ダンナが趣味の集まりに出かけるというので、差し入れ用に「アマンド・プチ」を焼いた。ちょうど明日はクリスマス・イブなので、トッピングをチェリー&アンゼリカ版に統一したかったが、ドレンチェリーが足りず、チョコ&マロン版も幾つか混ざっている。
 
作業の多いパンなので、生地作りはHBにオマカセ。捏ね上げ28度でボールに移して、一次発酵へ。その間に、フィリングとトッピングを準備する。トッピングはレシピ通りだが、フィリングは少しアレンジして、漬け込み天津甘栗とローマジパンでナッツ餡(オリジナル?)を作った。結構イケてると思う。

今回は、一度に24個作ったので、分割や成型で大忙し!!エアコンを切っていたので、発酵がドンドン進むようなことは無かったが、最初に成型したものと最後に成型したものとで15分ものタイムラグが生じた。たくさん作る時は、もっと単純な成型の方が良いねぇ。

仕上発酵後トッピングを絞って焼成し、冷めてから最後の飾りつけを行った。まず、コーティング・チョコを用意して、チョコ&マロン版を作成。チェリー&アンゼリカ版は、いつも粉糖の後でアイシングにより接着するが、今回は残りのチョコを使って接着し、その後に粉糖で仕上げた。

チェリー&アンゼリカ版にもチョコを使ったのは、その方がしっかり接着すると思ったからである。だが、ドレンチェリーは半透明で下の色が透けて見えるため、せっかくの鮮烈な赤がチョコのせいで暗い色調になってしまった。う~ん・・・やっぱりアイシングにすれば良かったなぁ。どっちにしても、最後にかけた粉糖が溶けるまで赤も緑も分かんないけどね。(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ
【2005/12/23 23:54】   | コメント(0) | Top↑



シルエット・ツリー | 天然酵母パン
シルエット・ツリー(サンリッチ・ナトゥール)

予想通りの寒い朝。幸い雪はまだ降っておらず、警報も出ていない。息子が登校して間もなく、吹雪になった。3時間ほどして息子が帰宅したが、雪まみれでかなり寒かった様子。折りたたみ傘を持たせていたが、真横から雪が吹き込むので無駄だったらしい。ヒェ~(x_x;)

さて、今学期最後の貴重な自由時間を有効に使うべく、先日習った「シルエット」を焼いた。ライトタイプのライ麦パンで、クランベリー・ブルーベリー・ウォールナッツを混ぜる。表面の模様は、型紙を作成して生地に当て、その上から粉をふる。今回は、クリスマス週間ということでツリーの形にしよう。

このパンを大変気に入ったことは、先日の日記に書いた通りだが、よくよく調べてみると、使用するドライフルーツや酵母こそ違うが、過去によく似たレシピを習っていた。にもかかわらず、今回とりわけ美味しく感じたのは、ドライフルーツに洋酒をふって置くからかな?

生地捏ねにはHBを使用し、ナッツの空焼きと同時進行(←寒いからすぐに冷える)。捏ね上げ28度、ボールに移して湯煎発酵開始。その間にツリーの型紙を作った。割り箸をつけると結構それらしく見える。冬なら雪の結晶の模様なども良さそう!

仕上発酵後、生地の模様を見たところ、思ったより広がって何となく間のびした感じ・・・。まぁプレゼントの時は、真ん中にチョコペンでメッセージを書き入れたり、カラフルなトッピングを貼り付けてツリーを飾ったら良いかもね。お味は、今回も美味しく焼きあがって満足なり~♪ 

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:シルエット・ツリー(サンリッチ・ナトゥール)
【2005/12/22 22:00】   | コメント(0) | Top↑



明日は寒くなるらしい | 暮らし
今夜から凄い寒波が来るらしい。ベランダに面したガラス戸が、ガタガタ大きな音を立てている・・・。出張中のダンナが明日帰宅する予定だけど、新幹線がちゃんと動くか心配だ。息子は、明日が2学期の終業式。もし警報が出たら、通信簿や宿題はどうなるんだろう?3学期に貰うのかな??まさか、先生が配って歩くとか・・・??? 

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2005/12/21 20:36】   | コメント(0) | Top↑



ブッシュ・ド・ノエル&シルエット | パン教室
ブッシュ・ド・ノエル&シルエット(サンリッチ・ナトゥール)

今年最後のパン教室は、「ブッシュ・ド・ノエル」「シルエット」の2品。いずれもクリスマス・イベントのメニューで、サンリッチ・ナトゥールを使う。クリスマスのパンは、どれもこれも華やかだが、中でもこれはひときわ豪華。まるでケーキみたい!作りたい!!

ブッシュ・ド・ノエルは、2色(プレーン&ココア)の生地を用意し、クルクル巻いてパンドミー型で焼く。さらに、あらかじめ焼いておいたシュー皮にカスタードクリームを塗り、冷めたパン生地に巻きつけ、トッピングを飾って出来上がり♪

・・・と、文章にするだけなら簡単だが、パンと同時にシュークリームを作るようなものなので、作業が多くて大忙し!!シュークリームは、ずっと昔作ったことがあるけれど、あまり上手に出来なかった。日持ちしないこともあり、最近ではトンとご無沙汰。作り方も殆ど覚えていない。

そんな私なので、FPを使ったシュー生地作りには目からウロコ。手持ちのレシピ本にも載っていたが、説明が簡単すぎてサッパリ分からず、1度もやったことが無かった。今でも充分に理解したとは言い難いが、シュークリーム作りが上達するキッカケになるかも~☆

もう一つのシルエットは、クランベリー・ブルーベリー・クルミの入ったライ麦パン。三角形に成型し、型紙を当ててシルエットを抜く。授業では、なぜか教室のスペシャルアドバイザー・デューク更家氏の型紙を使用。別に構わないけど、なぜクリスマスにデュークさんが?!

さて、一見地味な存在のシルエットであるが、このパン実に激ウマ!!!夕方お教室で試食してきたのに、夕食でも1個ペロリ。ブッシュ・ド・ノエルは作るのに気合が必要だが、シルエットは気軽に作れそうな感じ。忘れないうちに復習しておきたいが、年内に出来るかなあ?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブッシュ・ド・ノエル、シルエット(サンリッチ・ナトゥール)
【2005/12/20 23:13】   | コメント(4) | Top↑



年賀状作り | 暮らし
一昨日焼いた「パネトーネ」、昨日1個食べて今日もまた1個食べた。うまひ~~~♪こういう副材料たっぷりのパンは、市販品より手作りの方が絶対に美味しいと思う。なぜなら、コスト度外視で高い材料を惜しみなく使うからである。もちろん、低コストで美味しければ1番だが、パネトーネとは少し違うような気がする。

さて、12月も半ばを過ぎたので、ようやく重い腰をあげて年賀状を製作した。ダンナは、昔から年賀状不要論者なので、結婚後は当然のように私の担当となってしまった。メールが普及した今、存在価値は確かに下がったと思うが、年賀状ぐらいしか付き合いの無い人も多いので、やっぱり毎年出している。

昨年までは、ダンナ用(写真無しのシンプルなデザイン)と私&息子用(息子の写真付き)の2種類を用意していたが、もう息子も10歳なので、息子の分は本人に作らせることにした。私用は、もうダンナと同じでいいや~と思ったが、自宅教室に来てくれた友人向けに、パンの写真付きタイプを作成した。もちろん宣伝バリバリさ~!!

もし、他にもご希望の方がおられましたら、住所氏名を添えてお申し込み下さいませ。(ただし県内限定で~す)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2005/12/19 23:51】   | コメント(0) | Top↑



息子の綱引き大会 | 子育て
綱引き大会

息子が綱引き大会に出場するので、応援しに行った。自宅を出る時は気づかなかったが、昨夜のうちに雪が降ったらしく、会場の体育館に向かう途中、あちこちで薄っすらと積もっている。道路にも残っていて、アイスバーンの一歩手前という感じ。同じチームの人の車に乗せてもらったので助かったが、自分が運転していたら~と思うと背筋が凍る。

息子は、めったに見られない積雪とあって大喜び!車を降りるや否や、他の子たちと一緒に雪をかき集めている。あ~あ~、そんなことしたら手袋が・・・外にいる時は、寒さで雪が溶けないけれど、屋内に入って暖かくなった途端ぐしょ濡れに。まぁ、気持ちは分かるけど~(-_-;)

綱引き大会は、開会式を経て午前10時から予選がスタート。リーグ戦が6試合、上位2組が決勝トーナメントに進出できる。優勝チームは、一人当たり1万円の玩具券がもらえるとあって、子供たちは結構マジ。息子のチームは、一時はトーナメントに進めるかも・・・と思ったが、最後の6試合目で負けて2位争いから転落した。あ~っ、残念!

その間、保護者たちは観客席から見ているわけだが、これがまぁ寒いのなんのって!!子供たちが薄着でも意外と平気なので、羨ましい限り。試合に勝つたびに、一斉に飛んだり跳ねたり意気揚々である。応援しているうちに、子供たちが綱を引く方向に自分も傾むいていく私。力みすぎて肩が凝るわ~(苦笑)デジカメを忘れたので携帯で撮ったが、殆ど何も分からなかった。会場の雰囲気だけでも伝えられたら良いけれど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2005/12/18 21:23】   | コメント(2) | Top↑



パネトーネ&ドレスデン・シュトーレン | パン
パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール使用)

息子とダンナが外出したので、冬休み前の最後の週末に貴重な自由時間を得た。あと1週間でクリスマス・イブ、一体何を焼くべきか?!「ドレスデン・シュトーレン」なら今日中に焼かねば間に合わない。だが「パネトーネ」にも再挑戦したい。で、結局、両方焼くことに。

先発は、パネトーネ。サンリッチ・ナトゥールを使うため発酵に時間が掛かる。その間に捏ねたドレスデンが、一次発酵でパネトーネを追い抜かし、先に分割することに。捏ね上げは、ともに27度。だが、湯煎発酵だったため、終了時には25度前後まで下がっていた。

ドレスデンのタイム・テーブルは、殆どレシピ通りだが、パネトーネは毎回違う(←悩みのタネ)。パネトーネのフィリング類は、漬け置きレーズン・漬け置き甘栗・ドレンチェリー・ナッツ類など、ありあわせのものを適当に。レーズンは、今年の春から漬けたもので、かなり濃厚だ。ちなみに、ドレスデンのフィリング類は、漬け置きレーズン・オレンジピール・ナッツ類などである。

分割後、先発となったドレスデンの焼き上がりは、”まぁまぁ”といったところ。焼成後、ラップに包んで更にジップロック等に入れて保存した。1台はクリスマスから年末年始にかけてのお楽しみ用で、もう1台はプレゼント用。(まだ写真を撮ってません m(__)m)

さて、前回は、パネトーネの発酵に合計7時間も掛かったが、今回は一次発酵3時間・二次発酵3時間で多少マシ。レシピ通りに成型せず、丸め直すだけでパネトーネ・カップに入れてみたが、確かに効果があるようだ。ただ、麺棒で伸ばしていないので、空洞が出来ていないか心配・・・。

焼きあがった3個のパネトーネは、いずれも前回より窯伸びしてボリュームが出た。分割の際にきちんと重さを測っているが、今回も高さに少々バラツキが出ている。重量が同じでも、生地によってフルーツ類の割合が違うから、仕方がないのかな?!今夜はもう遅いので、明日食べよ~っと♪

□ ■ □ ■ □ ■


本日のパン:ドレスデン・シュトーレン、パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール)
【2005/12/17 23:51】   | コメント(0) | Top↑



プロバンズの風 | パン
プロバンズの風(青汁バージョン)

予定していた外出が無くなったので、昨日のパンと一緒に習った「プロバンズの風」を焼いた。ちょっと変わった名前だが、南仏の田園プロバンズ地方をテーマに、吹き抜ける緑の風をイメージしたものだそうだ。プロバンズ地方といえばアルル→アルルといえば風車→風車の形のパンってわけ。

オリジナル・レシピでは、仕込み水に野菜ジュースを使うが、買い置きの冷凍青汁で代用することに。レシピ通りに作ると2パック使って幾らか余る計算だが、仕込み水全部を青汁にすればキッチリ2パック使い切れそう。青汁内の固形量が分からないが、とりあえずHBで捏ねてみよう。

いざ捏ねてみると、生地は硬すぎず柔らかすぎず一発OK♪\(^o^)/鮮やかな黄緑色の生地である。捏ね上げ30度で、45分間発酵させた。発酵後の生地は、弾力があり扱いやすい。ベンチタイムの後、ベーコンを巻いてから切り込みを入れ風車の形に成型した。これが意外と難しく、全然風車らしく見えん・・・習った通りにやったんだけどなぁ???

仕上げ発酵後のトッピングは、パプリカに代えてミックス・ベジタブルを使用した。ネッ友さんのパンを真似てみたのだが、コロコロ転がり落ちるので結構大変!焼成後トッピングを見たら、かなり焦げてはいるものの、相当数がチーズのおかげで固定されて落ちずに済んだ。(ホッ)

さっそく食べてみたが、青汁独特の風味が予想以上に強くて意外だった。それはベーコンやチーズの印象が薄くなるほどで、人によって好みが分かれそうな気がする。私自身は嫌いじゃないけど、息子には微妙・・・?!初回だから、レシピ通りにしておけば良かったかな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プロバンズの風(青汁バージョン)
【2005/12/16 11:15】   | コメント(4) | Top↑



アップル・グランメール | パン
アップル・グランメール

今日は「アップル・グランメール」を焼いた。先月習ったクリスマス・イベントのパンで、紅茶風味の生地にリンゴやナッツ類をトッピングしてたものである。材料は手に入れ易く、成型も見栄えがする。型(パイ皿)も買ったので、年内に1度は焼くつもりだった。

生地作りにはHBを使用。紅茶を使う以外そう気難しい配合ではないので、特に問題なし。捏ね上げ28度で、1時間ほどかけてノンビリ発酵させた。その間にリンゴをカラメリゼ。しっかり水気を飛ばしたつもりだったが、冷めてくるとカラメル色の煮汁がヒタヒタ・・・え~?こんなハズでは??

成型は、さほど難しくないが、縁の生地を紐状に伸ばすのが大変だった。紅茶の葉が混ざっているため、かなり丁寧に伸ばさなければ切れてしまう。習った時は1個分だけだったが、3個分となると大忙し。途中で何度も生地を切ってしまった。

仕上げ発酵後、リンゴとナッツ類をトッピング。縁に飾るリンゴのスライスが、どうも上手く差し込めない。それでも無理に押し込んでオーブンに入れたが、扉をしめた直後ストロイゼルを忘れたことに気づき、大急ぎで生地を取り出した。ひえぇ・・・危機一髪!!

焼きあがったパンは、底面の焼きが甘く追加で3分間焼き足した。おかげで縁の部分が少々硬くなったが、しっとりした中央部とのコントラストが生まれ、全体としては悪くない。縁に飾ったリンゴは、半ばズリ落ちていた。釜伸びによって押し出されたのだろう。もっと工夫しないとね。

帰宅した息子に食べさせたところ、お代わりをしたので気に入ってくれたようだ。個人的には、もっと甘くても良かったかな?(使ったリンゴ自体が甘くなかったのかもしれないが・・・)この成型なら、トッピングにアレンジを加えて色々遊べるわ♪しばらく楽しめそうである。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アップル・グランメール
【2005/12/15 23:22】   | コメント(2) | Top↑



ホットケーキとポップコーン | お菓子
ポップコーン

昨夜、注文していたコタツのコードが届き、さっそく交換してみたが、故障は直らなかった。ガーン!本体(ヒーター)がイカれていたとは!!修理したら幾らぐらい掛かるんだろう?とりあえず、製造元に問い合わせのメールを送ったが、まだ当分使えないなんて大打撃だよぉ~(ToT)

そんなわけで、今朝も寒くて一日だらだら。昼食用のパンが無かったので、買い置きのホットケーキ・ミックスを使って「ヨーグルトたっぷりホットケーキ」を焼いた。特に工夫があるわけではなく、牛乳をプレーン・ヨーグルトに置き換えただけ。少し酸味が強いけど、メープル・シロップや蜂蜜をかけるので気にならない。

夕方、息子がスナック菓子を食べたがるので、久々に「ポップコーン」を作った。たまたま未開封の乾燥コーンが出てきたのである。息子が小さい頃に時々作っていたが、ここしばらくご無沙汰していた。息子は、家でポップコーンが作れるとは知らなかったと言う。ええ~っ?!なんだかちょっとショックを受けた。

一袋全部作ったら、お鍋3杯分ぐらい出来た。懐かしさも手伝って、私も息子に負けぬ勢いでパクパク~☆ こういうお菓子って、食べだしたら止まらなくなるから怖いよね。二人で、残りがお鍋1杯ぐらいに減るまで食べてしまい、今もまだ胸焼けが・・・(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ホットケーキ、ポップコーン(画像は以前のもの)
【2005/12/14 21:26】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅢー(1)【Ver.2】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-date-20051213.html
【2005/12/13 20:43】   | コメント(0) | Top↑



寒いよぅ・・・ | 暮らし
寒い、寒いよおぉ~~(x_x;)先週からコタツが壊れて使えないので、エアコンをつけるか厚着するしかない状態である。もちろん、電気代を節約するため一人の時はひたすら厚着。処分した古い石油ファンヒーター、もう少し置いておけば良かったなぁ。

厚着すると寒さは凌げるが、肩が凝るし何となく頭がボーッとしてくる。一日中うずくまって結局なにも出来ず・・・・。こんな日は、温かいお風呂に入って早めに寝よう。明日は、雪が降るらしい。積もらなければ良いけれど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2005/12/12 19:54】   | コメント(0) | Top↑



パネトーネ | 天然酵母パン
パネトーネ(パネトーネマザー使用)

昨日、息子が実家に泊まりに行った。迎えに行く時の手土産にしようと思い、昨日の午後から「パネトーネ」を作り始めた。ダンナも忘年会に出かけたので、パン作りに集中できるわ♪一次発酵スタートが午後4時前なので、多少遅れても9時には焼き上がるはず・・・だったのだが。

今回は、出来るだけレシピに忠実に作ったが、卵黄を全卵に置き換えたり(←水分も調整)風味付けの香料を入れ忘れるなど、幾つか変更点はある。だが、それが原因で、発酵時間がレシピの3倍(1次で2倍・2次で4倍)も掛かったりするだろうか?!

真っ先に怪しまれるのは、今回使用したサンリッチ・ナトゥール酵母。これは、パネトーネ・マザーをベースにしたパン教室のオリジナル酵母だが、一ヶ月半前に賞味期限切れ。でも、密閉&冷蔵しておいたので、さほど劣化しているとは思えない。以前、もっと古い酵母を使ったこともあるし・・・。

次に怪しいのは、ミックス・ドライフルーツを漬けたラム酒である。重量の20%相当を前処理したフルーツにふりかけ、1時間半ほど放置。アルコールは発酵を阻害すると聞いているので、控えめにしたつもりだが、殆ど全部吸い込まれていたので、使用前にザル等で水気を切らなかった。

3番目の容疑者(?)は、香料の入れ忘れ。バニラはともかくレモンが気になる。いずれも天然香料を使用するが、フランスパンにしばしば使われるビタミンCと同様に、何か発酵を促す要素があるのかも~と考えてしまう。

4番目は、生地温度の低下。一次発酵終了の時点で、室温並み(23~24度ぐらい)に下がっていたが、そのまま作業を続行した。もともと捏ね上げ温度が低めなので、それほど下がったわけではないが、25度を下回ると発酵速度が鈍ると聞く。

5番目は成型。写真を見ただけでは分からないが、単に丸め直しただけではない。いったん伸ばして折り畳む。だが、この時に生地を傷めているとしたら・・・?!ネッ友Aさんも、折り畳むより丸め直すだけの方が上がりやすいと仰っていた。なるほど~☆

成型した3個のパネトーネは、きちんと重さを測って分割したにもかかわらず、生地の上がり具合がバラバラ。それぞれの生地に占めるフルーツの比率が、極端に違ったのだろうか?思い当たるフシが多すぎて、原因を特定できない。あ~ぁ・・・こんなに時間が掛かるなら、中種を作るか冷蔵発酵にすれば良かったよぉ~(T_T)

パネトーネ焼きたて(パネトーネマザー使用)

夜がふけて日付が変わる頃、ようやく3個のパネトーネが焼きあがった。そのうち2個は、オーブン庫内で釜伸びしたので、かろうじて及第点(カップの縁)に届いたが、残る1個は、健闘むなしく最後までチビのままであった。

前者は、冷めるのを待ってラッピングを施し、息子の待つ実家へ。失敗作のチビパネは、自宅用として私の胃袋へ。長時間発酵の効果でオイシ~♪♪でも、原因がハッキリしないから、手放しで喜ぶ気にはなれないなぁ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール酵母)
      

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2005/12/11 22:37】   | コメント(2) | Top↑



カレーパン、ピロシキ、ウインナーロール | パン
カレーパン・ピロシキ・ウインナーロール

揚げパンの練習で、「カレーパン」「ピロシキ」「ウインナーロール」を作った。カレーパンとピロシキは、それぞれレシピ通りの具を用意し、残った1/3の生地は、紐状にしてウインナーにクルクル巻く。実は、息子にはコレが1番人気なので、ちょっぴり複雑な気分・・・。

揚げパンについては先月何度か練習したので、もう大丈夫と思っていたけど、たった半月余りでずいぶん手際が悪くなっている。おまけに、ちょうど成型で忙しい時に息子がアレコレ言ってきたので気が散って仕方なかった。手のかかるパンは、週末に作るもんじゃないね~(-_-;)

その息子が、私の実家に泊まりにいきたいと言うので、ダンナが外出するついでに送って行ってもらうことに。あと30分遅ければ、揚げパンを持たせてやれたのだが、ダンナの都合もあるので諦めた。どうせ明日迎えに行くのだから、その時何か持って行こう。

さて、揚げパンの出来はどうかというと、最も調子が良い時の60%ぐらい。昨日まで別のパンで頭がイッパイだったので、まだ気持ちの切替が出来ていないようだ。レッスン当日「エネルギー充填120%」となるように、今日から気合を高めていくぞ~!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:カレーパン、ピロシキ、ウインナーロール

      
【2005/12/10 20:41】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(5)【Ver.2】 | 自宅教室
プルマン(3斤)&胚芽パン

↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-date-20051209.html
【2005/12/09 20:55】   | コメント(0) | Top↑



プルマン(3斤) | パン
プルマン(3斤)

明日の自宅教室に備えて「プルマン」を焼いた。パン教室の食パン型には3種類あって、基本の1.5斤型(粉300g用)以外に、一昨日の0.75斤型と今日使った3斤型がある。3斤型はかなり大きいので、これから買う人は必ずオーブンのサイズを確認してね。

以前は、基礎コースの3回目にプルマンが登場し、5回目がイギリスパンであった。今は逆である。どちらも苦手な私だが、どっちがより難しいかと言われたら・・・やっぱりプルマンかなぁ?蓋を閉めたら最後、焼き上げるまで結果が分からないから怖い。レッスンの順序が入れ替わったのも頷ける。

今回は、日持ちを良くするためイーストを1%にして、標準直捏法で作ってみた。捏ね上げ27度、発酵90分+パンチ+発酵30分。3分割して25分のベンチタイムを取った後、成型はU字形3個詰め。麺棒で生地を傷めたのか、最終発酵に75分(標準の5割増)も掛かった。

夕食の準備でバタバタしているうちに、最後の5分間で生地のトップが食パン型の高さを越えてしまった。うぐっ・・・やられたぁ~~!!仕方がないので、トップを少し押さえながら強引に蓋を閉める。軽く押し戻されるような感触がある。型落ちしなくて助かった。(x_x;)

焼きあがったプルマンは、先日のデコボコ食パンほど酷くはなかったが、ちょっと角張っていて、トップには蓋を閉める時についたらしい跡が見える。明日切る予定なので、まだ内相の状態は分からない。ブサイクな空洞が無ければ良いけれど、正直あんまり自信ないな・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン(3斤)
【2005/12/08 22:46】   | コメント(0) | Top↑



ドーナツ | パン
ドーナツ(リング・ツイスト・プチ・餡入り)

ここ数日、寒いので家に篭りがち。ダラダラ食いが続いたせいか、オヤツがすっかり無くなった。息子が帰宅する前に急いで何か作らなきゃ~ってわけで、自宅教室の予習を兼ねて「ドーナツ」を揚げた。今回も、リング・ツイスト・プチ・餡入りの4種類である。

生地作りは、粉200g分をHBで仕込んだ。室温20度・湿度60%で、捏ね上げ26度(ドーナツなので通常より低めで正解)。今日は手捏ねではないのでエアコンを使わなかったが、ベンチタイムや成型中に生地が冷えてしまうので、本番では使う予定。第一、生徒さんだって寒いよね。我が家では人間が後回しなもんで、つい・・・(^^;)

さて、ドーナツの仕上げ発酵は、一定温度を維持しながら表面を乾燥させることが重要だ。発酵器を使う場合、湯を入れた鍋を底に置くので過湿が気になる。かといって湯を入れずに使うと、温度が上がり過ぎたり湿度が下がり過ぎることがあるので難しい。

そこで今回は、鍋に湯を入れてから蓋をして蒸気が出るのを防いでみた。これなら、室内並みの湿度を保ったまま庫内温度を上げられるのでは?!この方法、最初は上手くいくかに見えたが、2枚目の天板を入れようとして温度が下がっていることに気づいた。

1枚目の天板を入れて一時的に温度が下がった後、普通なら自動的に回復するのだが、なぜかサーモスタットが働かない!ウソ~!!もしやと思い鍋の蓋を半分ずらしたら、温度がジワジワ上がり始めた。やっぱり、湯気が無ければダメなのか~???

ドーナツを揚げた後で、熱伝導率についてネットで調べた。水は空気の20倍以上の値らしい。また、温度差が少ないほど時間がかかると書いてあった。なるほどね・・・。生地の量にもよるが、ドーナツにはオーブン発酵の方が楽かもしれないなぁ。また実験したいことが増えてしまった。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドーナツ(リング・ツイスト・プチ・餡入り)
【2005/12/07 20:45】   | コメント(0) | Top↑



ミニ・プルマン | パン
ミニ・プルマン

今日も寒くて調子が出ない。暖房費節約のため、熱いお茶を飲んで身体を温めているが、お菓子にも手が伸びてしまうのが難点だ・・・(^^;) これではイカンと思い、手ごねで「ミニ・プルマン」を焼くことにした。暖房の口実(?)が出来るし、動けば身体も温まるから一石二鳥のはず!

昨日と同様、エアコンの室温を25度に設定。雨が降って室内に洗濯物を干していたので、湿度は60%以上。室温21度で手ごねを開始したが、昨日に比べて生地が柔らかく捏ねやすい。捏ね上げ温度は25.5度と低かったが、湯煎の温度を若干高めにして50分間発酵させた。

成型に使うミニ食パン型は、1個あたり粉150gで1単位だと2個分である。いつもと同様に麺棒で生地を伸ばしたが、今日はどうも上手くいかない。生地がスムーズに伸びないし、ガスの溜まりが少なくて角が出ないのだ。たぶん、原因は捏ね不足だろう。気になっていたのだが、捏ね疲れで見極めが甘くなってしまった・・・(-_-;)

そういう生地では、仕上げ発酵も釜伸びもこちらの思惑通りに進まない。今回は、久しぶりに電気オーブンで焼いてみた。ガスオーブンより庫内温度が上がりにくいので、釜伸びしやすい。仕上げ発酵も、目安となる高さを超えていたと思う。それでも、結果は失敗・・・頭ボコボコでガックリ。おまけに型から生地を出す時に落としてしまい、踏んだり蹴ったり。あ~ぁ~(T_T)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ・プルマン
【2005/12/06 21:48】   | コメント(0) | Top↑



胚芽パン | パン
胚芽パン

今朝は、この冬1番の寒さ!!結露でビチャビチャのガラス戸が、強風でガタガタ揺れる。そんな中で、久しぶりに「胚芽パン」を焼いた。一人の時は、極力エアコンを使わない私だが、今回は手ごねの練習も兼ねているので、室温25度・湿度50%に設定した。

仕込み水温は、もちろん真冬モード。室温が23度まで上がったので、生地作りを開始した。乾燥していたせいか生地が硬く、途中で少しずつ合計3%の水を追加。油脂入れ後かなり捏ねやすくなったが、ビヨ~ンと伸びるタイプの生地ではない。

捏ね上げ温度は26度、少し低いが小麦胚芽入りなので、きっと挽回してくれるだろう。胚芽には酵素が多く含まれるので、発酵が早いのだ。予想通り20分後には生地温度が28度まで上昇し、45分後には29度。この時点で充分に膨らんでいたので発酵を終了した。

成型はシンプルなコッペ形だが、生地の伸展性が弱い上にクルミ入りなので、意外と厄介である。手のひらに吸い付いてくるような感じが無い。寒くて生地が締まっているのかと思ったが、2ヶ月前の日記にも同じことが書いてあるので、元々こういう無愛想(?)な生地らしい。

焼きあがった胚芽パンは、まぁまぁといったところ。生地の綴じ目が開くのではと案じていたが、無事で何よりだ。クルミのザクザクした歯ごたえも嬉しい♪そういえば、このパンで大失敗した記憶は無いなぁ・・・。一見とっつきにくいが、手堅いパンということか。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:胚芽パン
【2005/12/05 22:50】   | コメント(0) | Top↑



背比べ | 子育て
息子の身長は、今145cmぐらい、ちょうど私の鼻の高さである。10歳男子としては、まぁ高い方だと思う。それでも、クラスにはもっと背の高い子が何人もいるらしい。つい先日、息子の幼稚園の同級生(女の子)が親子で買い物に来ていたが、もうお母さんと肩を並べていてビックリした!あと2年もすれば、私も追いつかれるのかな~?男の子だからグングン伸びて欲しいが、抜かされたらチョット複雑な気分かも・・・(^_^;)
【2005/12/04 23:54】   | コメント(0) | Top↑



ドレスデン・シュトーレン(ハーフサイズ) | パン
ドレスデン・シュトーレン


昨日たくさんのパンを持ち帰ったばかりだが、午後からダンナと息子が出かけてヒマだったので、またまた「ドレスデン・シュトーレン」を焼いた。先日開封したものがまだ半分ほど残っているが、ローマジパンが切れないうちにセッセと焼いておこう。

先日のクリスマス・レッスンで、生徒さんから「普通の半分のサイズで焼いても良いか?」と質問された。以前試したことはあるが、今回とは別のシュトーレンだったので、「とりあえず1回目はレシピ通りのサイズで焼いて、上手くいったら半分にして下さい」と返事した。

生地が小さければ、仕上げ発酵や焼成時間を短縮しなければならない。分割数からある程度の予測は出来るが、実際に試したわけではないので不安。そこで今回は、仕上げ発酵を5分、焼成は15分短縮した。手のひらサイズなので、プレゼントにちょうどピッタリ♪今日から1週間、厳重に包んで寝かせておこう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドレスデン・シュトーレン(注:画像は普通サイズのもの)
【2005/12/03 23:20】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅣの研修・後半 | パン教室
ジャーマンドーナツ・ベリーナ・プチドーナツ

今日は、半月ぶりにパン教室へ。本科パンⅣの研修(後半)を受講するためである。本日のお題は、ドーナツ各種・フランスパン各種・健康パン・ライサワーブレッド。参加者は前回と同じ6名で、1つの項目について3種類ずつ実習する。

最初の健康パンは、「スイートポテトロール」「コーンミールブレッド」「グラハムブレッド」。いずれも最近ご無沙汰のパンばかり。その名の通り、サツマイモやコーンミール、グラハム粉を使う。生地作りに少々手間が掛かるが、成型はシンプルだ。失敗がやたら目立つパンでもあるので、気が抜けない。

次に登場したのが、「フランスパン」「エピ」「シャンピニオン」。エピとシャンピニオンは、分割数が減って若干大きくなった。フランスパンは、旧バゲットと同じだが、正式なバゲットとはサイズもクープの数も違うので、呼び名を変更したようだ。

フランスパンと言えば、クープがレモン形にパックリ割れてこそ成功の証。先生は、それが全てではないと仰るけれど、やっぱり気になる。今回の場合、クープの割れ方は比較的マシだったが、パン自体がイビツに歪んでしまった。成型がどこか悪いに違いない。来年の検定課題だが、夏までに治せるかなぁ?

3番手のドーナツ各種では、イーストタイプの「ベリーナ」「ジャーマンドーナツ2種」とケーキタイプの「プチドーナツ」を実習。ジャーマンドーナツの成型は、”菊”と”1本編み”の2種類あるのだが、両方とも極めてバランス悪し・・・(-_-;) 何故こうも編みパンが苦手なのかと、つぐつぐ思う。

最後は「パン・ド・カンパーニュ」「ヴァイツェンミッシュブロート」「ウォールナッツ・ヴァイツェンミッシュブロート」を作った。大きな生地を丸めるのは難しい。私は右手の使い方が拙いようだ。焼きあがったライ麦パンに、サラダをのせて試食。最近、菓子パンが続いていたので、なんだかとても新鮮だった。

前後2回にわたったパンⅣの研修も、今回で無事終了。これで一応、新テキストにも対応できるようになったわけだ。この先パンⅣを希望する生徒さんがいるかどうか分からないが、今回学んだ多くのことを毎日のパン作りの中に生かしていきたい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ジャーマンドーナツ2種、ベリーナ、プチドーナツ、
      フランスパン、エピ、シャンピニオン、グラハムブレッド、
      スイートポテトロール、コーンミールブレッド、
      パン・ド・カンパーニュ、ヴァイツェンミッシュブロート、
      ウォールナッツ・ヴァイツェンミッシュブロート

【2005/12/02 23:07】   | コメント(0) | Top↑



| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。