Top | RSS | Admin


2006年01月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



ビーネンステーヒ・ヨーグルトブレッド・豆沙寿桃 | パン
ビーネンステーヒ・ヨーグルトブレッド・豆沙寿桃

今日は、久しぶりにパンセミナーを受講。本日のお題は、「ビーネンステーヒ」「ヨーグルトブレッド」「豆沙寿桃」の3品である。パンセミナーは、既に一通り終わっているのだが、どういうわけか今回のレシピだけ受け損ねていた。これで、晴れてパンコース完全制覇よ♪

ビーネンステーヒは、ドイツ生まれの菓子パンで”蜂の刺した傷跡”という意味らしい。リッチな生地に飴がけしたアーモンドダイス他をトッピングして焼き上げる様が、そのように見えるのだろう。ブッタークーヘンと似ているが、こっちの方が歯ごたえがあって好きだなぁ。

ヨーグルトブレッドは、シンプルなミニ食パンで、仕込み水の一部にプレーンヨーグルトを使う。ヨーグルトを使うパンは、何度となく焼いているが、これまではソフトでしっとり系だった。ところが、今回は最強力粉を使うせいか、同じソフトでも軽い仕上がりに。

豆沙寿桃は、中華風の蒸し饅頭で、おめでたいとされる桃を模って成型する。パンより和菓子作りに近いから、繊細さが必要だ。今回の中で一番難しいだろうという予想通り、どう頑張っても桃には見えない。自分の不器用さをヒシヒシと感じる瞬間だ・・・(-_-;)

セミナーでは、教室の国産粉(はるゆたかなど数種類のブレンド)だけではなく、市販されている外国産の粉も使う。先生が、国産粉・スーパーカメリア・スーパーキングの3種類をボールに入れて下さり、皆で粉を触って銘柄を当てられるかどうかやってみたが、全然わから~~ん!

私も昔は市販の外国産の粉を使っていたが、今はもっぱら国産粉オンリー。ポストハーベストの問題もあるけれど、国産粉を選んだ1番の理由は、生地を丸める時のソフトな感触が好きだから。ゆえに、わざわざ外国産の粉を買う気にはなれんのだが、たまには別の粉も勉強すべきかな・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ビーネンステーヒ、ヨーグルトブレッド、豆沙寿桃
スポンサーサイト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/31 22:18】   | コメント(2) | Top↑



ミニ・デコレーションサンド | パン
ミニ・デコレーションサンド

パン友Nさんからランチのお招きを受けたので、手土産にパンを焼いた。昨日買ったデコ型(12cm)を使いたかったので、「ミニ・デコレーションサンド」に決定。パンⅢに登場するレシピで、蜂蜜入りのリッチなライ麦パンである。本来は、もっと大きなデコ型を使うのだが、小さく焼くのも可愛いらしい。

配合は従来通りだが、スキムミルクを切らしていたので、仕込み水の一部を牛乳に置き換えた。朝食の仕度とと並行して作るため、生地作りはHBにオマカセ。捏ね上げ29度で、45分間湯煎発酵させた。ライ麦粉が多いので、そんなには膨れない。

デコ型(12cm)

成型は、丸め直して型に入れるだけ。だが、グルテンが弱い生地なので、意外と丸めにくい。仕上げ発酵は、標準サイズ(21cm)の2/3の時間で完了。予想より早かったので、うっかり見逃すところだった。竹串で穴を開けて卵を塗り、オーブンの中へ。リッチな配合のせいか、気持ちよく窯伸びしていく。トップは、型の高さの倍近く盛り上がっていたような気がする。

オーブンから取り出したパンを見て、まず浮かんできた言葉は「ディグダ」。アニメに登場するポケモンの名前であるが、一体いつの間に覚えたのやら・・・(苦笑)竹串であけた穴が、なんとなく顔のパーツに見えてくる。コーティング・チョコで顔を書いたら、子供にウケたりしてね。

最近パートが忙しくて、もっぱらHBのパンばかりというNさんは、久々の手作りパンを大変喜んで下さった。ランチをいただきながらお互いの近況等を話していると、アッという間に帰宅時間だ。Nさんが、働く主婦の生活に合ったパン作りのリズムを、一日も早く見つけてくれるといいなあ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ・デコレーションサンド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/30 21:27】   | コメント(0) | Top↑



食材専門店でお買い物♪ | 暮らし
デコ型(12cm)

外出から戻る途中、食材専門店Pに立ち寄った。今日は私一人だから、時間を気にせず買い物が出来るわ~♪午後3時ごろ到着したら、駐車場は満車寸前で、空いているのはドン詰まりになっている奥の1箇所だけ。ハンドルを握る手が思わず震える。私は車庫入れが大の苦手なのだ!

ところが、私が進入しかけると、出ようとする車が2台続いてこちらに向かってきた。空きスペースが増えたのは嬉しいが、先に出て貰うためバックしなくてはならず、これがまた四苦八苦。後ろでは別の車が待っているし、もう焦るのなんのって・・・。ううう、運転なんて大っ嫌いだぁ~~~(ToT)

何とか無事に駐車できたので、さっそく店内へGO!!季節的にチョコレート関係の材料がたくさん並んでいた。今回の収穫は、無塩バター・粉糖・あられ糖・チョコチップ・アーモンドプードル・マロンペースト・紙製丸型・ブリキ丸型といったところ。だいたい買う物を決めていたが、あっという間に1時間以上経っていた。

ベネチアーノ(2種)

丸型は、どちらも直径12cm。ブリキ丸型は既に持っていたのだが、1個ではパンを焼くにもケーキにも小さすぎて使えないので、もう1個買い足してみた。2個あれば、ベネチアーノA(大きい方)の練習に使えそう。今まではアルミ丸浅型で練習していたが、直径が違うので平べったくなっていた。とりあえず空焼きを済ませて、いつでも使えるようにしておこうっと☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/29 19:49】   | コメント(0) | Top↑



セミハードブレッド | パン
セミハードブレッド

目が覚めたら右の首筋が妙に重く、だるだるモードで一日がスタート。寝違えたのかな~?!昼食用のパンが無いので何か焼かねばならないが、こんな日は手のかからないリーン系が良い。強力粉の在庫が心もとないので、中力粉を使う「セミハードブレッド」に決めた。

このレシピは、昨年少し変更されて強力全粒粉が加わった。捏ね上げ28度、湯煎で50分間発酵。新配合で焼くのは今回が初めてだが、前より扱いやすい生地だと思う。基本的な工程はこれまで通りだが、全粒粉の影響で焼き色が濃く風味も強くなった。

従来のセミハードブレッドが持つ淡白さを好ましく思っていたので、少し惜しい気もするが、考えようによっては、その日の気分で焼き分けることが出来るわけだ。全粒粉と一緒にナッツ類やドライフルーツも混ぜたりして、気が付いたら全く別のパンになっているかも?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:セミハードブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/28 22:16】   | コメント(0) | Top↑



一日体験教室(15) ベネチアーノ2種 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-52.html
【2006/01/27 22:18】   | コメント(0) | Top↑



掃除に励んだ一日 | 暮らし
仕事始めに備えて、朝から掃除に励んだ。生徒さんが自宅教室を選ぶポイントは「1に雰囲気、2に相性、3・4がなくて、5に技術」というのが私の持論である。食べ物を扱うだけに、清潔感は何よりも欠かせない。年末の大掃除以上に気合を入れて頑張ったが、古びた自宅は綻びが目立つばかり。あ~ぁ、リフォームしたいなぁ・・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/26 22:52】   | コメント(0) | Top↑



ベネチアーノ&バターロール | パン
ベネチアーノ&バターロール

今日も、手ごねの練習で「ベネチアーノ」を焼いた。2種類の成型のうち、A(大)は一昨日やったところなので、今回は、絞りの練習用にB(小)を1/3単位分作り、残りをバターロールにしよう。少し配合が違うけど、成型の練習だから問題ない。

室温は22度、湿度は60%で、手捏ねの環境としてはそう悪くない。前回より身体がスムーズに動いたし、仕込み水を若干増やしたこともあって、捏ね上げ温度こそ24度と低いが、前よりず~っとイイ感じに捏ねあがった。

湯煎発酵すること1時間、生地温は28度まで上がっていた。分割後の生地も、前回よりソフトで扱いやすい。ベネチアーノの成型は特に問題なかったが、バターロールの方は、どうも芳しからず・・・。もともと苦手だけに、少しご無沙汰するとすぐ下手になるね。仕上げ発酵は、ベネチアーノに合わせて5分伸ばしたので、バターロールが少しダレ気味になった。

焼成後オーブンから取り出すと、前回お行儀よく真っ直ぐ窯伸びしたベネチアーノが、イビツな頭を並べていた。薄い紙製のマフィンカップを使ったせいだが、捏ね足りない時は変形しないから皮肉である。レッスンではもう少し硬いベーキングカップを使うから問題ないが、同じサイズで何度も使える型があると良いのになぁ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ベネチアーノB、バターロール

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/25 20:16】   | コメント(4) | Top↑



コーンミールブレッド | パン
コーンミールブレッド

今日は、美容院に行くためパン作りを休むつもりだったが、帰宅後やっぱり焼きたくなって「コーンミール・ブレッド」にトライした。パンⅣに登場するレシピで、昨年末に購入したパンドミー型を使う。以前、食パン型で焼いたことはあるが、レシピ通り円柱形に焼くのは初めてだ。

生地作りは、コーンミールの前処理から。久しく作っていないので、かなり記憶がおぼろげだ。昨年、パンⅣの研修でデモを見たはずなのになぁ・・・。テキストにメモしたことは、ある程度思い出せるが、文字にしにくい感覚的な部分は、実際に作りながら思い出すしかない。

パンドミー型

コーンミールを加えて捏ね上げた生地は、ややもっちり気味で切れやすく丸めにくい。捏ね上げ温度は28度で、ゆっくり1時間ほど湯煎発酵させた。分割後の生地も、やはり切れやすかったが、麺棒で伸ばすには丁度良い硬さだった。コーンミールをふった型の中に生地を納めて、いざ発酵器へ。

今回は、仕上げ発酵を切り上げる目安が難しい。レシピ通りの時間では若干小ぶりだったので、蓋を閉め更に5分置いてから焼成した。発酵不足で寸足らずになることを心配したが、幸い綺麗な円柱状に焼き上がった。嬉しい~♪これで、パンドミー型は2連勝!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:コーンミール・ブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/24 22:59】   | コメント(0) | Top↑



ベネチアーノ&そのアレンジ | パン
ベネチアーノ

自宅レッスン再開に向けて、そろそろ頭のネジを締めていこか~ってことで、久々に「ベネチアーノ」を焼いた。繰り返し焼いているレシピの一つだが、ここ3ヶ月ほどご無沙汰していた。手ごねも一ヶ月半ぶりなので、記憶も手つきもどこか怪しげだ。(苦笑)

この時期、手ごねで一番問題となるのは、何といっても捏ね上げ温度。最低でも25度は欲しいところだが、部屋を暖房して仕込み水を温める以外これといった秘策は無い。エアコンは、室内の乾燥を招くので使いたくないのだが、背に腹は代えられず。室温25度に設定したが、22度から先はなかなか上がらない。

そんな中、ようやく捏ね上がった生地は、24度で惜しくも目標に届かず。あぁ、私が冷え性でなければ~!(掌がまるで”冷えぴた”なのだ)仕方なく湯煎の温度を若干高めにして発酵させたが、たっぷり1時間かかった。当日は、もっと早く部屋を暖めておこう。あとは気合で温度を上げるのみ!!

さて、一次発酵をゆっくり取ったおかげで、生地温は28度まで上がり、グルテンの状態も上々。ベネチアーノAの成型はいつも通りだが、ベネチアーノBは、シナモン・ストロイゼルをトッピングして焼き上げた。これは先月アップル・グランメールを作った時の余りを冷凍しておいたもの。存在を忘れかけていたが、上手く活用できて良かったわ♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ベネチアーノ&そのアレンジ

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/23 17:43】   | コメント(0) | Top↑



お菓子の本を買いました | お菓子
蜂蜜アーモンドケーキ

買い物のついでに書店に寄ったら、『お菓子作りのなぜ?がわかる本』(相原一吉著:文化出版局)が並んでいた。ずっと前から気になっている本だが、たまにしかお菓子を作らない私には、少々内容が高度に思えて、なかなか購入する決心がつかなかった。

だが、久々に手にとって捲ったところ、「マジパンのケーキ」のページが目に飛び込んできた。えっ!つい最近作ったところやん・・・蜂蜜アーモンドケーキ。アーモンドプードルと砂糖をローマジパンに置き換えたため、材料を混ぜる順番を変更したが、この本によると変える必要はなかったみたい。

な~んだ!もっと早くこの本を読んでいれば、悩まずに済んだのに!!実際に作るかどうかは別にして、基礎知識は多いに越したことは無い。最近お菓子の本を買っていないから、たまには良いよね~っと思い切って購入。この本、確か続編もあるから、そのうちまた買ってしまいそう・・・。

帰宅後、パンとお菓子の本を数えてみたら、合計約30冊(パン教室のテキストは含まない)でほぼ同数。お菓子の本も決して少なくないのに、実際に活用している本は2~3冊。写真を眺めるだけで全く作っていない本もある。今度の本は、読むところが多いから無駄にはならないと思うけれど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

テーマ=手作りお菓子 - ジャンル=グルメ

【2006/01/22 22:57】   | コメント(0) | Top↑



コーヒーケーキ・ツイスト | パン
コーヒーケーキ・ツイスト

年末から入院していた父が、ようやく退院した。糖尿病や貧血の薬を飲みながら、定期的に通院しなければならないが、とりあえず肺炎は切り抜けたようでホッとした。だが、来週は、高血圧の義父が検査を受ける。どうぞ何も悪くありませんように~~~(-人-)

さて、パン教室のお仲間・ネッ友Aさんから、パンⅣのイーストドーナツを練習中と伺って、私も「ベリーナ」の生地を捏ねてみた。仕込み水の殆どを牛乳と卵が占める、とてもリッチな生地である。そのわりに扱いやすく感じるのは、水分控えめでベタベタしないからだろう。

生地作りにはFPを使用。先日のおさらい会で習った注意事項を思い出しながら、慎重に作業した。やや長めに捏ねたせいか、捏ね上げ温度を2度オーバー。急いで適温まで下げてから湯煎して、そのまま1時間ほど発酵させた。

レシピ通りに作るなら揚げ鍋の用意をするところだが、今日は土曜日、息子がウロウロするのでどうも落ち着かない・・・。揚げるのを止めてオーブンで焼こうかなぁ。ベリーナの配合は、コーヒーケーキとよく似ているので、その中の一つ「ツイスト」に転用することにした。

コーヒーケーキというのは、”コーヒーと一緒に食べるお菓子”の意味で、コーヒーが入っているわけではない。ツイストは、捻りあわせた紐生地を交互に並べ、トッピングをのせて焼く菓子パンである。トッピングには、冷凍してあったシナモン・ストロイゼルを使おう。アーモンドスライスが無いので、ピーカンナッツを砕いて適当にパラパラふりかけた。

焼成後、粗熱が取れるのを待ってアイシング。茶色っぽいストロイゼルなので、コーティング・チョコで線描きしても良いかもしれない。卵が多いので、断面は綺麗なクリーム色である。こういうブリオッシュ系の生地は、大きく焼く方が水分の蒸発が抑制され美味しく焼けるそうだ。さぁ、コーヒーでも入れようかな♪

そうそう、昨日焼いた「蜂蜜アーモンドケーキ」、シットリなめらかな食感で甘さもちょうど良く、私にしては上出来だった!ローマジパンの効果は、予想以上にスゴイなぁ~☆少々焼きすぎた表面も、あと1~2日経てばソフトになるだろう。それまで残っている可能性は低いけど・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:コーヒーケーキ・ツイスト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/21 20:40】   | コメント(0) | Top↑



蜂蜜アーモンドケーキ | お菓子
蜂蜜アーモンドケーキ

賞味期限間近のローマジパンを使い切ってしまおうと思い、「蜂蜜アーモンドケーキ」を焼いた。配合は、『型とサイズで選ぶお菓子』(石橋かおり著・雄鶏社)を元に、アーモンドプードルとグラニュー糖の一部をローマジパンに置き換えたものである。

元の本にはバタースポンジ法(別立て)の手順が載っていたが、材料をいじったため、同じように作るのが難しくなった。ローマジパンを入れるタイミングが分からない。アーモンドプードルだけなら粉として扱えば良いが、1/3が砂糖なのだ。全部で150gも入れるので、間違えるとキツイ。

結局、スフレ・チーズケーキと同じイメージで、シュガーバッター法(別立て)を採ることにした。クリームチーズと砂糖が、ローマジパンに相当するというわけ。だが、ローマジパンを粉末にせず、包丁で軽く刻んだだけでバターに加えたのは大失敗。なかなか混ざらず、返って時間がかかってしまった。

卵黄生地が出来たところで、メレンゲ作りを開始。しっかり泡立てたメレンゲを1/3ずつ卵黄生地に加えたが、ローマジパンのせいか思ったよりも生地が重く混ぜにくかった。ようやく生地が出来上がり、マルグリット型に流し入れる。本ではアーモンド・スライスを貼り付けていたが、今回は切らしていたので省略した。

焼きあがったケーキは、レシピ通りの温度・時間だったにもかかわらず、写真よりかなり色が濃い。以前も同じだったから、オーブンのせいだろう。しっかり油脂を塗ったにもかかわらず、型から取り出す時、中央から半径5cmぐらい剥がれてしまった。が~~~ん!!

とりあえず、剥がれた部分に粉糖をふって誤魔化したが、この型の特長である花びら模様がボヤけてしまって残念だ。レシピに溶かしバターを塗ると書いてあったのでショートニングで代用したが、さらに粉をふっておけば良かった。1日寝かせておくので、試食の報告はまた明日ね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:蜂蜜アーモンドケーキ

テーマ=手作りお菓子 - ジャンル=グルメ

【2006/01/20 21:28】   | コメント(0) | Top↑



おさらい会・その3 | パン教室
レーズンナッツ&ブリオッシュ

今日は、パン本科のおさらい会Ⅱに出席した。おさらい会Ⅰおさらい会Ⅲは、昨年の3月に受講済みだが、Ⅱだけ受けそびれていたのである。本日のお題は「ブリオッシュ」とそのアレンジ「レーズンナッツ」、FPによる生地作りが最大のテーマである。

最初にまず、ブリオッシュ生地を捏ねた。FPの場合、仕込み水の入れ方や速度が重要なポイントとなるが、より具体的で詳しい説明を聞いて目からウロコ!一度習ったことかもしれないが、私がコスモを買ったのは師範科に入る直前なので、それ以前のことは殆ど記憶にない。師範科の頃もかろうじて使える程度だったため、細かいことに気が回らなかったのだろう。

レーズンナッツは、ガス抜き・分割から。その名の通り、ブリオッシュ生地にレーズンとナッツを入れたもので、成型には約10cmの丸型を使用し、シナモンシュガーをトッピング。焼成すると、濃厚なシナモンの香りが漂って驚く!ブリオッシュは、ア・テートとムスリーヌの2種類で、ムスリーヌはレーズンナッツと同じ型で焼き上げた。ア・テートは、お辞儀するものが続出。残念ながら私もその一人・・・(^^;)

FP購入から数年を経て、さすがにもぅ大丈夫だろ~と思っていたが、今日のおさらい会でハッとするようなことが幾つもあった。毎年行われる夏期研修は、配合の見直しや成型の練習が中心で、生地作りの実習は手捏ねだけだから、今回の授業は本当に貴重な経験と言えよう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:レーズンナッツ、ブリオッシュ

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/19 23:32】   | コメント(2) | Top↑



雑穀ブレッド | パン
雑穀ブレッド

今日のパンは「雑穀ブレッド」。以前パン教室で習った「パーネ・フロマージュ」の配合と殆ど同じだが、ドライイーストを1%に減らし、食パン型で焼き上げたものである。生地には、全粒粉・もち黍・フラックシードの他、ちょっぴり残っていたリブレフラワーも加えてみた。

フラックシードは、亜麻仁油の材料として知られ、形状やサイズは胡麻と良く似ている。栄養価が高いので、近年は健康食品としても注目されているようだ。もち黍も、雑穀の一種として、最近スーパーの穀類売場でよく見かけるようになった。

生地作りは特に問題なく、捏ね上げ温度は28度。発酵は90分+パンチ+30分の合計2時間、ベンチタイムは20分、成型はU字形3個詰めである。ホイロは38度で約60分間とり、200度30分で焼成した。

今回は、いつもより若干早目に蓋を閉めたせいか、やや丸みを帯びた仕上がりとなった。もち黍を入れたからといってモチモチするわけではなく、どちらかというとザクザクした歯ごたえ。フラックシードの放つ独特の香りが印象的である。何もつけなくても、噛み締めるごとに味が染み出てくるような気がする。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:雑穀ブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/18 16:41】   | コメント(0) | Top↑



和風化するパン屋さん | 食べ歩き
米粉コッペパン、餅入りもちもちパン

今日は、小学校の自由参観日。通常の授業参観と違って好きな時間に参観できるので、午前中の算数と体育を参観した。算数の授業では、まぁそこそこ真面目に取り組んでいたが、ラスト10分ぐらいで集中力が途切れたのか、大きな欠伸を3つも4つも・・・んもぅ!体育はライン・サッカー。さっきの眠そうな様子が嘘のように元気。見ているコッチは、寒くてブルブル~~(^^;)

さて、参観の後は、息子が予約していた本を借りに図書館へ。先週行ったところなのに、その直後にまた連絡が来たのだ。シリーズ物の予約は、まとめて連絡をくれたらいいのになぁ。今日も天気が良かったので、片道50分の道のりを往復した。いつもは、休憩がてら少し読書していくのだが、今日は咳をしている人が多かったので早々に引き上げた。歩きすぎたせいか、今ちょっと腰が痛い・・・(>_<)

さて、帰宅途中、最寄り駅の某ベーカリーに立ち寄った。自宅周辺にある5軒のパン屋さんの中では、1番美味しい。しばらくご無沙汰していたので、かなり商品が変わっていた。一口で言うと”和風化”。以前はハード系やデニッシュ等が目立っていたが、米粉を使ったパンや餡子・抹茶などを使った和菓子パン(?)が激増していた。お正月あけのせいかな?

商品棚の前で品定めをしていると、60代ぐらいの女性の会話が聞こえてきた。「(デニッシュを指して)このパン、美味しそうやけどパラパラこぼれて食べにくいんよ~」住宅地における平日昼間の客層は、殆どが主婦かお年寄り。本格指向の欧風パンより、馴染みのある日本風パンの方が売れ行きが良いのだろう。個人的には、以前のラインナップの方が好きだけどなぁ・・・。

とりあえず、新しいパンを2つ買ってみた。「米粉コッペパン」「餅入りもちもちパン」の2種類である。コッペパンは、米粉にグルテンパウダーを添加したものらしく、確かにモチモチしているが歯切れが悪く、口の中で団子状になった。もちもちパンは、生地に米粉を使い、餅(団子用?)を包んで海苔を貼り付けたもの。私好みのモチモチ度で気に入った。たぶん冬季限定だろうが、時々チェックしよう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

テーマ=パン - ジャンル=グルメ

【2006/01/17 22:02】   | コメント(0) | Top↑



HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド | パン
HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド

朝からどうにも気力が湧かず、だるだるモードに浸りながらコタツでゴロゴロ。だが、昼食には、やっぱりパンを食べたいので、HBで「ヨーグルト蜂蜜ブレッド」を焼いた。生地捏ねには頻繁に使っているが、全自動で焼き上げたのは本当に久しぶり。この前使ったのは、いつだっけ?

我が家のHBは、来月で満7年。購入して4~5年経った頃にパンケースのモーターと羽根を一度交換した他は、全くメンテナンスしていない。ちゃんと動くかどうか不安だったが、無事に焼きあがった。このレシピは、ソフト食パンコースで焼き上げるのが1番美味しい。壊れていなくて、あぁ~良かった♪ 

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド

テーマ=ホームベーカリー - ジャンル=グルメ

【2006/01/16 20:00】   | コメント(0) | Top↑



父の退院延期 | 暮らし
今週退院する予定だった父が、今朝から39度台の高熱を出し、退院延期になりそうだ。インフルエンザではないというので、肺炎がぶり返したのかな?すっかり病院に飽きて一日も早く帰宅したがっていた父の気持ちを考えると、なんとも気の毒だが、今の状態で退院したら母が大変だし・・・。
やっぱり、あと少し辛抱しよ~ね>お父さん

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/15 20:25】   | コメント(0) | Top↑



ベリー&ナッツ・ロール | パン
ベリー&ナッツ・ロール

今日のパンは「ベリー&ナッツ・ロール」。配合は、先月習った「シルエット」と同じだが、サンリッチ・ナトゥールを切らしているので、耐糖性ドライイーストに換算して置き換えた。成型は、本科パンⅡの「ナッツロール」と同じコッペ形。ナッツ以外にクランベリーとブルーベリーが入っている。

耐糖性イーストは、今まで砂糖が多い配合でしか使ったことがないのだが、今回入れた砂糖はたったの5%。上手く膨らむだろうか?!捏ね上げ27度で、発酵開始。湯煎して、さらに生地温の低下を防ぐため発酵器(電源はOFF)の中に入れておいた。

最低90分は掛かるだろうと思っていたが、意外にも80分(ノーパンチ)で発酵終了。早目に見に行かなかったら危なかったなぁ。ベンチタイムが終わると成型を行うが、実は私、コッペ形成型が不得手である。本科に登場する3種類のコッペ形の中で、特に今回のタイプが1番苦手かも・・・まぁ、自宅用だから気にせんとこ。

仕上げ発酵は35分。もう少し早く切り上げても良かったかな?クープを2本入れたが、生地がダレ気味の上、ナッツやベリー類にひっかかって上手く入らなかった。バターでも置けば綺麗に開くだろうが、そこまでするのもメンドクサイ。後は成り行きに任せよう。

焼きあがったパンは、そこそこ窯伸びして焼き色も悪くない。お、意外と良い出来やん~♪だが、一口食べてすぐ失敗に気づいた。クランベリーが妙に硬い!前処理の後、洋酒に漬けておいたのだが、今朝急に焼くことを決めたので、時間が短すぎたのだろう。ちょっとガッカリ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ベリー&ナッツ・ロール

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/14 14:59】   | コメント(0) | Top↑



ポップコーン | お菓子
ポップコーン

年末から入院していた父が、来週ようやく退院できそう。元々の原因は肺炎だが(X線写真にもクッキリ写って相当酷かったらしい)他にも色々検査や治療を受けることが出来て、これで当分安心だ。これ以上長引けば余計な病気を貰いかねないので、早めに退院が決まってホッとした。

さて、昨日買った豆腐食パンだが、今朝もふんわりソフトで美味しく食べられた。仕込み水に液状豆腐を使っているそうだが、豆腐臭さ(?)は特に無く、知らずに食べたら気づかないかも。以前、豆乳パンを焼いたことがあるが、豆腐の方が栄養成分が濃いから健康的だね。

そんなわけで、パンは焼かなかったが、息子のオヤツに「ポップコーン」を作った。乾燥コーン50g・サラダ油大さじ1・塩小さじ1で、18cm鍋に1杯分できる。息子は、味が薄いと文句を言って、いつも後から塩をふりかける。そんなことしても、鍋の底に溜まるだけなのだが。

一握りの乾燥コーンが、これほど嵩高くなるなんて、思えば不思議な現象だ。塩分はともかく、サラダ油を控えめにすれば、他のスナック菓子より低カロリーだし経済的である。大量に作ると、つい食べ過ぎてしまうのが難点だが・・・。今回も息子と二人でアッという間に食べてしまい、写真を撮り損ねた。不覚!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ポップコーン(画像は以前のもの)

テーマ=ポップコーン - ジャンル=グルメ

【2006/01/13 21:14】   | コメント(0) | Top↑



こだわりのパン屋さん・その2 | 食べ歩き
お豆腐食パン&パン屋さんの手作りクッキー

図書館から、息子が予約していた本が用意できたと連絡があった。息子の帰宅を待っていたら夕方になるし他に用事もあるので、私一人で借りに行くことにした。そうだ!この前立ち寄ったパン屋さん、なかなか良かったから今日も行ってみよう~っと☆

図書館までの道のりは、電車で数分、徒歩にして一時間足らず。返却する本が多い時は、電車に乗って行くけれど、今回は先日借りたばかりなので荷物は殆ど無い。このごろ運動不足だし、お天気も穏やかなので、久々にウォーキングでもするかなぁ。

マイペースで歩き続け、約50分で図書館に到着。空いていたので、2時間ほど読書にいそしんだが、借りるほど読みたい本が見つからず、息子の本を1冊借りただけで終わった。図書館の本って、どうしてハードカバーが多いのかな~?文庫本サイズなら、もっと気楽に借りるのだが。

その後、先日のパン屋さんへGO!!昨年、自宅教室で単発を受講して下さったIさんが、そこの販売員さんなのだ。この前はお休みだったが今日はレジの中にいて、ちょうどお客さんが途切れたこともあり、少しお喋りしてオススメ商品も教えてもらった。

クリームパン&カマンベール入りシャンピニオン他

今回購入したのは、クリームパン・カマンベール入りシャンピニオン・もちもちパン(セサミ&餡)・豆腐食パン(半斤)・パン屋さんの手作りクッキー。午後1時半を過ぎていたので、食パンとクッキー以外のパンを、イートインコーナーで食べた。無料でコーヒーを飲めるのが嬉しい♪

空腹だったので、まずシャンピニオンにガブリ!!うーん・・・カマンベールがちょっぴり塩辛いような・・・ただ私は薄味好みなので、これが普通なのかも?クリームパンは、フィリングがたっぷり詰まっているが、決してクドい甘さではなく、値段(\105)を考えるとお値打ちの品!もちもちシリーズは2度目だが、前回食べた「もちもち黄な粉パン」が売り切れで残念だった。

クッキーは、オーソドックスなハイデサント。自宅でも作れそうな素朴な焼き菓子だが、妙に美味しく感じるのは、材料にこだわっているせいか?!Iさんはお菓子作りをなさるので、似たようなレシピを探してトライしたそうだが、同じようには出来なかったそうな。お豆腐食パンは、明日食べる予定。真っ白でふわふわのクラムに、期待が膨らむわ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

テーマ=パン - ジャンル=グルメ

【2006/01/12 17:03】   | コメント(0) | Top↑



紅茶ブレッド | パン
紅茶ブレッド

3学期も始まったことだし、そろそろ気合を入れてパンを焼かねば~と思うのだが、気持ちに身体がついてこない。それでも、お昼にどうしてもパンを食べたくて、久々に「紅茶ブレッド」を焼いた。某パン屋さんの紅茶ブレッドを真似て考えた、私の十八番である。

今回もレシピ通りに作ったが、しばらく使わない間に耐糖性イーストが弱っていたらしく、なかなか膨らんでこない。結局、捏ね上げ28度で80分間発酵させた(ちなみにノーパンチ)。成型は俵形の4個詰め。それほど窮屈でないせいか、ほぼ均等に発酵する。タイマーのセットを忘れたので正確ではないが、ホイロは1時間前後であった。

発酵を待つ間は、ちょこちょこブログをいじってお勉強。日記を引越しして1ヶ月余りになるが、更新するのが精一杯で、表面的にしか分かっていない。専門知識がなくても使えるというのが、ブログの最大の魅力ではあるけれど、知識は多いに越したことはない。意外と難しく感じるのは、HPビルダーに慣れているせいかな?

さて、オーブンから取り出した紅茶ブレッドは、窯伸び・焼き色ともに、まずまずの焼き上がり♪ほのかな甘い香りが食欲をそそる。焼き立ては柔らかくてスライサーを使えないので、手でバリバリ千切って食べた。ちょっと行儀が悪いけど、手作りならではの贅沢だもんね~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:紅茶ブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/11 21:37】   | コメント(0) | Top↑



今日から3学期 | 子育て
例年より長かった冬休みが終わり、ようやく今日から新学期!!これでやっと一息つける。寒いからと家でゲームばかりして、すっかり宵っ張りの朝寝坊が身についた息子に、一日中怒ってばかりだったもんね。久々にノンビリできたので、学校に感謝♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/10 19:54】   | コメント(0) | Top↑



ミニ・ケシの実ブレッド | パン
ミニ・ケシの実ブレッド

何か焼きたいけれど面倒なものはイヤだなぁ~っという時、登場するパンが幾つかある。今日焼いた「ケシの実ブレッド」も、そういうレシピの一つ。煎ったケシの実を食パンに混ぜるだけだが、独特の香ばしい風味にいつも食欲をそそられる。

生地作りには、HBを使用。捏ねあがるまでに20分掛かるので、その間にフライパンでケシの実を乾煎りした。アンパン用の白いケシの実なので、黒っぽくなったら火から降ろす。ケシの実が冷めたらHBの中に投入し、満遍なく混ざればOKである。

今回はミニ食パン型を使ったので、U字形2個詰めを2本。3個詰めだと、生地同士が押し合ってトップが凸凹になりがちだが、2個詰めは、底面積にゆとりがあるので、仕上げ発酵で均等に上がりやすい。ただし、3個詰めに比べて腰折れしやすいらしいけど。

焼きあがった生地は、丸すぎず角張りすぎず、まぁまぁの出来。このパンの食べ方としては、断然サンドイッチがお勧めである!今日は、5ミリ幅にスライスしてハムとレタスを挟んで食べたが、今年に入って甘いパンが続いていたせいか、新鮮で良かったな。(*^-^*)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ・ケシの実ブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/09 22:28】   | コメント(4) | Top↑



映画鑑賞「ハリーポッターと炎のゴブレット」 | 本・映画・ドラマ
冬休みも残り僅かということで、今日は映画を見に行った。「ハリーポッターと炎のゴブレット」である。かなり混んでいると聞いて、最初の回に見ようと8時半に家を出た。本当は字幕で見たいのだが、午前中は全て吹替版だし息子も一緒なので、その点は妥協しよう。

9時過ぎに映画館に到着。さすがに長蛇の列は出来ておらず、自由席だけど前から10列目ぐらいの良い場所に座れた。この映画は約3時間と長いので、開始前にトイレを済ませておいたのだが、ダンナが買ってきた大きなジュースを見て、ちょっと危険な予感が・・・。

ハリーポッター・シリーズについては、原作を全巻持っていてストーリーを知っているので、それほどワクワク感は無いが、昨年も一昨年も映画を見たので、我が家のお正月の恒例行事と化した気がする。1年ぶりに見るレギュラー陣は、それぞれグ~ンと成長して、だいぶ印象が変わってきた。(特にネビル!小太りで鈍いイメージだったのが、背が伸びてすっかり標準体型に)

ハリーポッターの第一作は、原作に合わせて、ダニエル君が11歳の時に撮影したと聞いている。今、うちの息子は10歳である。調子に乗ってジュースを飲みすぎ上映中にトイレに走るようでは、あと1年経っても、ハリーやダニエル君のようなシッカリした少年には到底なれそうもない・・・。(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/08 22:23】   | コメント(0) | Top↑



こだわりのパン屋さん | 食べ歩き
パン屋さんFで買ったパン

今日は、息子を連れて図書館へ。お正月明けのせいか、あるいは3連休の影響か、普段の土曜日よりずっと空いていた。息子が児童書コーナーで本を読んでいる間、私はたいてい買い物に行く。今回のお目当ては、自宅教室の生徒さんに教えてもらったパン屋さんである。

図書館周辺は、駅近ということもあってパン屋さんが多い。私が知るだけでも5軒あり、そこへ大型スーパー内のベーカリーが加わる。そんな超激戦地の中で、私は紅茶ブレッドの美味しいパン屋さん・Pをずっと贔屓にしてきたが、昨年いつのまにか閉店してしまった。本店が別の場所にあるけれど、徒歩で行くには少々遠い。図書館通いの楽しみが一気に減ってしまった。

ところが、閉店したPのすぐ近くに別のパン屋さん・Fがあるという。調べてみると百メートルぐらいしか離れておらず、まさに目と鼻の先!生徒さんによると、この辺りではFの方が老舗で、保存料・着色料のみならずイーストフードも無添加の良心的なお店らしい。これは、是非行ってみなければ!!

店のたたずまいは、ごく普通のパン屋さん。店内は明るく、老舗といっても古びた様子は全く無い。客層にお年寄りが多いせいか、商品はソフト系のラインナップ。ザッと見渡して最初に目に付いたのが「ロイヤルミルクティー・ブレッド」、どこまでも紅茶パンに弱いのよね。それから、焼き立ての札が付いた「パネトーネ」、小麦粉に米粉や玄米を組み合わせた「ライス・カンパーニュ」、お餅入りの「きなこパン」と「ごまチーズパン」を購入した。

帰宅後、さっそく試食。まずミルクティーブレッドをパクリ・・・うーーーん・・・残念ながらPの紅茶ブレッドほど感動出来なかった。微妙に塩辛いのである。次はライス・カンパーニュ、これは文句無しの美味しさ!!カンパーニュというだけあってクラムには粗い気泡が見られるが、怖いほどソフトでモチモチしている。1/2斤ぐらいあるのに、一気に全部食べてしまった。

パネトーネは、トップを2cmほど輪切りにして食べた。これもシットリして、まるでケーキみた~い♪だが、一つだけ気になることが・・・これも微かに塩味を感じるのである。パネトーネの場合、塩辛いのがトップの部分だけなので、もしや仕上げに有塩バターを塗ったのかなぁ・・・?きなこパン&ごまチーズパンは、見事にツボ!!各1個しか買わなかったことを悔やんだ。

以上をまとめると、菓子パン系の塩味が引っかかるものの、モチモチ度はモロに私好みということになる。駅から近いし、お値段も手ごろ。ほんの僅かだがイートイン・スペースもある。これで、また図書館通いが楽しくなりそう~☆(*^m^*)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/07 20:59】   | コメント(0) | Top↑



和菓子の年賀状 | 暮らし
Gさんからの年賀状(2006年度)

このお正月、ネッ友Gさんからステキな年賀状を頂戴した。Gさんは、パン・ケーキに加えて昨年から和菓子を習っておられ、写真のワンコちゃんも手作りの和菓子なのである!優しくほのぼのしたワンコちゃんの笑顔から、Gさんのお人柄が伝わってくる。何だか癒されるわぁ~~(*^ー^*)
可愛いワンコちゃんの年賀状、本当にありがとうございました。m(__)m

ちなみに、私が送った年賀状はコチラ。お正月らしい情緒が無くてスミマセン・・・(汗)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/06 21:12】   | コメント(0) | Top↑



ココアロール・ブレッド | 天然酵母パン
ココアロール・ブレッド(サンリッチ・ナトゥール)

今年の焼き初めは、年末に買ったばかりのパンドミー型を使った「ココアロール・ブレッド」。この名前は私が適当につけたもので、本当は「ブッシュ・ド・ノエル」の芯になる部分である。残念ながらクリスマスには間に合わなかったが、パンだけ食べても美味しいはず。

使用する酵母は、サンリッチ・ナトゥール。あいにく4g足りなかったので、耐糖性イーストを1g加えた。外見は本科パンⅢに登場するココアブレッドと良く似ているが、配合は一段とリッチ。捏ね上げ27度、プレーンとココアの2種類でかなり緩めの生地である。

各工程の時間は、ほぼレシピ通りでOK。受講した時より生地がベタついて、非常に扱いにくかった。成型はココアブレッドと基本的に同じだが、生地が麺棒にくっついてしまうので伸ばすのに一苦労。最後は手のひらで形を整えて、何とかクリア。2枚重ねてクルクル巻いたら、パンドミー型へ。

パンドミー型

この型は、カナッペ型と呼ぶ方が一般的らしい。他の型に比べて少々お値段が張るので、ずっと躊躇していた。だが、お買い得のネットショップ(ネッ友Mさんに教えて頂きましたm(__)m)も何時まで今の値段が続くか分からないと気づき、ようやく購入する決心がついた。型の内側がフッ素加工なので、空焼き不要なのが嬉しい。錆びないように気をつけないとね。

自宅で使うのは初めてなので、仕上げ発酵の見極めが心配だったが、両端に生地が達したところで蓋を閉め、10分置いて焼成した。2本のうち1本はちょっぴり生地がはみ出てヒヤヒヤしたが、もう1本はピッタリ!!綺麗な円筒形のパンが焼きあがって、ヤッター☆\(^o^)/

成型で生地を上手く伸ばせなかったせいで、断面の渦巻き模様はイマイチだが、目立った空洞もなく初めてにしてはなかなかイイ感じ!昨日パン友Nさんから頂いた蜂蜜バターを添えて食べたら、相性バッチリでとっても美味しかった。新春早々大成功で、縁起が良いわぁ~♪

蜂蜜バター

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ココアロール・ブレッド(サンリッチ・ナトゥール)

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/05 21:53】   | コメント(0) | Top↑



カウント・プレゼント(30万Hit達成記念) | パン
カウントプレゼント(30万Hit達成記念)

3が日が終わってダンナは今日から出勤したが、小学校は来週まで冬休み。完全に平常モードに戻るには、もう少し掛かりそうである。クリスマスからお正月にかけてタップリ栄養をとったので、すっかりウエストがふくよかに・・・あぅ~(^^;)しばらく節制に努めなければっ!!

さて、先日本館で30万Hitを達成したので、キリ番ゲッターさんに記念品を差し上げた。今回は、お正月を控えていたため、事前に用意できるものを選んだ。「ドレスデン・シュトーレン」「マジパンほろほろクッキー」「ジンジャーティー(市販品)」の3品である。

ドレスデン・シュトーレンは、ドイツで生まれたクリスマスのイースト菓子。色々なレシピがあるが、今回贈ったものは日持ちするタイプで、焼成後少なくとも1週間以上寝かせて熟成させる。ちょうど2週間後にキリ番が出たので、最も美味しい時期に贈ることが出来て良かった♪

マジパンほろほろクッキーは、いわゆるスノーボールの配合を元にマジパンを加えたもの。ドレスデンに使ったマジパンの余りを、アーモンドプードルに置き換えて使ってみた。マジパン自体が甘いので、その分砂糖を減らしている。一口サイズというには若干大き目だが、そこは勘弁していただこう。

ジンジャー・ティーは(今さら説明も要らないだろうが)生姜フレーバーの紅茶である。ドレスデン・シュトーレンにもジンジャー系のスパイスを使っているので、相性が良いのでは~と考えた。漢方的な効能については詳しくないが、身体が温まるので冷え性に良いそうな。

発送したのが元旦で、翌日キリ番ゲッターさんから無事に到着した旨のメールを頂いた。(年賀状の集配で大忙しだろうに頑張ってるやん>ゆうぱっく)カウプレを発送する時は、いつも何となく不安なものだが、気に入って頂けたようでホッとしたわ。さぁ、今年も頑張ろ~っと☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/01/04 21:24】   | コメント(2) | Top↑



新年のご挨拶’06 | 暮らし
お菓子カレンダー2006(頂き物)

新年おめでとうございます!m(__)m
今年もマイペースで続けて参りますので、よろしくお付き合いくださいませ。

1年ぶりのお雑煮とお節料理で朝食を済ませた後、午前10時半ごろ郵便受けを見に行った。年賀状を取りにいったのだが、まだ配達されておらず、代わりに1通の大きな封筒が・・・。「おおっ、もしや?」と差出人を確認すると、思った通りネッ友Kさんのお名前を発見!!

昨年、Kさんから自分でカレンダーを作成できるサイトを教えて頂いたので、お互いにカレンダーを作って交換しましょう~ということになったのだ。Kさんの芸術的なお菓子に比べ、私のパンはショボイ写真ばかりだが、中には見られるモノも幾つかあるだろう・・・。

ところが、これが想像以上に難航!!だって、これはと思う画像がなかなか無いんだもの。あーでもない、こーでもないと自問を繰り返し、更に印刷の段階でミスを連発し(紙を余分に買っておいて良かったぁ~)ようやく発送したのは大晦日の朝であった。

Kさんから頂戴したお菓子カレンダーは、予想通り、いや予想以上に華麗でウットリ~♪プロ級のKさんと自分とを比べる方が間違っているが、もしKさんの作品を先に見ていたら、自分は送れなかったかも・・・(^^;)今年は、撮影技術も含めて、もっともっと腕を磨いていきたいな。

□ □ □ □ □ □

明日と明後日は、実家まわりのため、日記・掲示板・メールの返信をお休みさせて頂きます。
皆様も、楽しいお正月を過ごして下さいね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。


【2006/01/01 20:39】   | コメント(0) | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。