Top | RSS | Admin


2006年01月30日

| Top |



ミニ・デコレーションサンド | パン
ミニ・デコレーションサンド

パン友Nさんからランチのお招きを受けたので、手土産にパンを焼いた。昨日買ったデコ型(12cm)を使いたかったので、「ミニ・デコレーションサンド」に決定。パンⅢに登場するレシピで、蜂蜜入りのリッチなライ麦パンである。本来は、もっと大きなデコ型を使うのだが、小さく焼くのも可愛いらしい。

配合は従来通りだが、スキムミルクを切らしていたので、仕込み水の一部を牛乳に置き換えた。朝食の仕度とと並行して作るため、生地作りはHBにオマカセ。捏ね上げ29度で、45分間湯煎発酵させた。ライ麦粉が多いので、そんなには膨れない。

デコ型(12cm)

成型は、丸め直して型に入れるだけ。だが、グルテンが弱い生地なので、意外と丸めにくい。仕上げ発酵は、標準サイズ(21cm)の2/3の時間で完了。予想より早かったので、うっかり見逃すところだった。竹串で穴を開けて卵を塗り、オーブンの中へ。リッチな配合のせいか、気持ちよく窯伸びしていく。トップは、型の高さの倍近く盛り上がっていたような気がする。

オーブンから取り出したパンを見て、まず浮かんできた言葉は「ディグダ」。アニメに登場するポケモンの名前であるが、一体いつの間に覚えたのやら・・・(苦笑)竹串であけた穴が、なんとなく顔のパーツに見えてくる。コーティング・チョコで顔を書いたら、子供にウケたりしてね。

最近パートが忙しくて、もっぱらHBのパンばかりというNさんは、久々の手作りパンを大変喜んで下さった。ランチをいただきながらお互いの近況等を話していると、アッという間に帰宅時間だ。Nさんが、働く主婦の生活に合ったパン作りのリズムを、一日も早く見つけてくれるといいなあ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ・デコレーションサンド
スポンサーサイト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/01/30 21:27】   | コメント(0) | Top↑



| Top |