Top | RSS | Admin


2006年02月04日

| Top |



デニッシュ・ペストリー | パン
デニッシュペストリー

昨夜からダンナと息子がスキーに出かけたので、今日一日は完全に自由!!昼過ぎまで惰眠をむさぼるのも魅力的だが、朝8時半にはすっかり目が覚めてしまった。せっかくだから、こんな日でなければ焼けない「デニッシュ・ペストリー」を練習しよう。

レシピは、自宅教室でパンⅢ受講中の生徒さんに合わせて、カスタード・フルーツ・チョコ・マロン・アーモンド・ハムロールの6種類である。クロワッサンは、昨年のパン検定の実技課題だったので何度も焼いたけど、デニッシュを作るのは1年ぶり。そういえば去年も、家族のスキー旅行中に練習したんだっけ。

まず、生地作りを行う前にフィリングやトッピングに使うクリームを作っておくことにした。折り込み作業の合間に作ることも可能だが、久しぶりなので焦って失敗したら困る。カスタードクリームを2/3単位、アーモンドクリームを1/5単位分作った。マロンクリームは、昨日の体験教室で余ったものを使えば良い。

続いて、FPで生地作り。粉は室温・仕込み水は冷蔵で、捏ね上げ温度は24度。思ったより低かったので、通常より10分ほど長く発酵させた後バット入れ。ギャ~!冷凍食品が多すぎて生地が入らん!!半ば無理やり押し込みホッとして流しに目をやると、洗い物がテンコ盛り・・・ハァ(-_-;)

折り込み作業は検定が終わって以来すっかりご無沙汰だったが、手が麺棒の感覚を覚えていたようで、室温が低いこともあり、意外とスムーズに生地を伸ばすことが出来た。テキストを見直しているうちに、少しずつ記憶が戻ってくる・・・ひぇ~、細かい注意事項の殆どを見事に忘れていたよ!!

折り込みの次は、成型。6種類もあるとヤヤコシイ。フルーツ・デニッシュが一番苦手だ。切り方が悪いのだろうが、不恰好で嫌になる。仕上げ発酵に入ると、再び山のような洗い物を片付けた。デニッシュの一体何が大変なのかと聞かれたら、即座に洗い物と答えるだろう。ケーキ教室だったら、もっと大変なんだろうね。

仕上げ発酵後も大忙し!!卵を塗ったり、トッピングをのせたり、クリームを絞ったり・・・6種類も一度に覚えられないので、何度もテキストを振り返った。時間が掛かったおかげで、予熱は充分以上!!焼成に入った途端、層がグワーッと浮き上がるのが見えた。

焼成後も、まだ作業が残っている。フルーツをのせ、粉糖やアイシングをかけ、マロンクリームを絞るのだ。昨日残った分量では足りないように思えたので、余ったカスタードクリームをマロンクリームと混ぜてみた。色は薄くなったけど、味は悪くない。練習だからイイもんね。

生地作りを始めてから約3時間半、これで全て完成だ~~☆\(^▽^)/☆充実感に浸る一瞬である。だが、三たび流しに目をやると、やっぱり洗い物がテンコ盛り・・・あうぅ~(x_x;)全ての洗い物を片付けたら、もう夕方。昼食を食べ損ねたので、夕食代わりに日持ちしない系デニッシュを5個食べたら、さすがに気分が悪くなった。ちなみに、明日も3食デニッシュだ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:デニッシュ・ペストリー6種
スポンサーサイト



テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/02/04 20:51】   | コメント(0) | Top↑



| Top |