Top | RSS | Admin


2006年03月

| Top | Next



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



サバラン→紅茶風味のフレンチトースト | パン
サバラン→紅茶風味のフレンチトースト

今日のパン、決してスクランブルエッグではないが、当たらずとも遠からず・・・実は「サバラン」の成れの果て。何故こんなことになったのか?!あまりにも情けない話だが、同じ失敗を繰り返さないために、あえて書くことにした。

今回のサバランは、レシピの2/3単位で作成した。生地作りにはFPを使用。緩い生地なのでロングブレードが登場した。仕込み水が冷たすぎて捏ね上げ温度が24度しかなかったので、1時間かけてノンビリ発酵。その間、焼成後に浸す紅茶シロップを作った。

型に生地を絞り入れ、仕上げ発酵そして焼成へ。型離れが悪いのではないかと案じていたが、念入りに空焼きしておいたせいか、スルリと外れてホッとした。ここまでは全く問題無し~☆だが、この直後に大きな落とし穴が・・・。

焼き網にサバラン生地をのせ、冷めないうちにシロップをたっぷり含ませる・・・サバラン作りのクライマックスとも言うべき場面だが、シロップ全量を吸い込むまで、網の下に溜まったシロップを何度もすくって掛けてやらねばならない。手間のかかる工程を前にして、ふと考えた。上からかけるなんてメンドクサ~!シロップの入っている鍋に、直接浸したら良いのでは?

手抜きにかけては躊躇しない性分なので、思いついたら即実行!焼き立てのサバランを、熱々のシロップの中にポンポン放り込んだ。すると、シロップがもの凄い勢いで鍋から消えていき、その代わりに、形が崩れるほどグショグショになったサバランが幾つも幾つも・・・。うわぁあぁぁぁぁ~!!!!!

そんなこんなで、おかゆ状サバランの残骸を無駄にしないため、強引に作ったのが「紅茶風味のフレンチトースト」である。残りのサバランも細かく切って一緒に混ぜ、さらに卵と牛乳を加えて焼き直した。見た目は悪いが、メープルシロップや練乳をかけると一応食べられる味だ。何も知らない息子の協力を得て、早々と証拠隠滅。ハァ・・・ドッと疲れた。(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:紅茶風味のフレンチトースト
スポンサーサイト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/31 20:35】   | コメント(0) | Top↑



コルネ | パン
コルネ

昨日は、自家製酵母の種起こしだけで、ベイキングは休むつもりだったけど、夕方が近づくにつれて何か焼きたくてムズムズ・・・。それで、久しぶりに「コルネ」を焼いてみた。パンを焼いておけば、翌日(つまり今日)はフィリングを作るだけで済むから楽チンだ。

一日置くと多少パサつくが、もともとリッチな生地だし、クリームをたっぷり詰めて食べるので、実際にはあまり気にならない。本来はチョコレートコルネだが、あいにく製菓用チョコを切らしていたので、カスタードクリームを詰めてクリームコルネに仕上げた。

なかなか美味しく出来て息子にも好評だったが、コルネの最大の特徴である成型は失敗続出!天板上での配置が悪くて生地同士くっついてしまったのは仕方ないとしても、紐状に伸ばした生地の太さがバラバラで見苦しい。いくら久々とはいえ酷いもんだ。こりゃ~、特訓が必要かもね。(-_-;)

酒粕酵母&バナナ酵母(元種2)

さて、酒粕酵母とバナナ酵母は、種を更新して二日目に突入。バナナ酵母は、表面に小さな泡がポツンポツンと見えてきたけど、酒粕酵母は全くの音沙汰なし。酒粕は、発酵力が強く、冬でも室温で大丈夫と本で読んだのだが。もともとバナナ酵母が本命で、酒粕酵母は滑り止めのつもりで安易に手をつけたけど、考えが甘すぎたようだ。明日も反応がなかったら作り直しかな・・・?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:コルネ

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/30 21:36】   | コメント(0) | Top↑



酒粕酵母&バナナ酵母の種起こし | 天然酵母パン
酒粕酵母&バナナ酵母(元種1)

イチジク酵母のパン「ポンペイ」の成功に気を良くして、今朝はすっかり自家製酵母モード。この勢いで、次はバナナ酵母にトライしよう!!それに、先月酒屋さんから貰った酒粕があるので、これで酵母を起こしてみよう。2種類あると思えば、失敗しても気が楽だ。

2種類ともパン教室のレシピなので、詳細については差し控えるが、基本的に穀物種タイプの作り方となっている。酒粕はともかくバナナはれっきとした果実だが、安定した発酵力を得るには、この方が良いらしい。面倒だけど頑張ろう~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/29 17:03】   | コメント(0) | Top↑



ポンペイ(イチジク酵母) | 天然酵母パン
ポンペイ(いちじく酵母)

昨日焼いたイチジク酵母のパン「ポンペイ」、今朝さっそく食べてみた。セミドライ・イチジクの甘味と種のザックリした食感が、ややモッチリした生地と良く合って美味しい~♪酸味は全然無く、もう一度作りたいと思える味だ!大型パンだけどハード系ではないので、子供やお年寄りにも食べやすいと思う。昼も夜も食べたが、もう一回ぐらい夜中に食べたくなりそう。太るぅ~~(^^;)

このパンの名は、ベスビオ火山の噴火で壊滅したイタリアの古代都市に由来する。18世紀に遺跡を発掘した際、廃墟の中からパン窯やイチジク酵母のパンが発見されたそうだ。そういえば、このパンの形、火山のように見えなくもない・・・。昔は切り分けやすいように筋目を入れて焼いたという話。四葉のクローバーみたいと思っていたが、もしかしてベスビオ火山が隠しモチーフだったのか?

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/28 21:11】   | コメント(0) | Top↑



フルーツバスケット | パン
フルーツバスケット

イチジク酵母の元種が出来上がり、今日はいよいよ本捏ね!ちょうど1週間前に種起こしを始めて、ここまで順調に来たなぁ。レシピは、天然酵母セミナーで習った「ポンペイ」を使用。セミドライ・イチジクを混ぜこんだ大型パンである。捏ね上げ温度は28度、重量は1単位で約800gあった。

発酵時間が長いので、その間に「フルーツバスケット」を焼くことに。こちらはドライイーストのパンで、4月の単発メニューの1つである。バスケットに見立てた生地の内側にカスタードプリンクリームを入れ、その上に季節の果物を盛りあわせる。復習がてら、先日買ったミニタルト型の使い心地も試しておきたい。

ミニタルト型

成型は、それほど難しくないが、分割数が多いので時間が掛かる。今日は2/3単位分で作ったが、それでも結構大忙しだった。まだ3月だから良いが、暑い季節に一人で作るのは大変だろうな。レシピの時間通りに仕上げ発酵が完了し、無事に焼きあがった。型から取り出すのに手間取ったが、下ろし立てにしては綺麗に外せた方だと思う。息子にも大いにウケて良かった♪

フルーツバスケットが焼き上がると同時に、ポンペイの一次発酵終了。成型は、4つ葉のクローバーみたいな形。でも、授業で習った時とは何か違う・・・。筋目を付ける時、力を入れすぎて生地を切ってしまったせいかな?!焼き上がったパンを見ると、思いっきり広がっていた・・・(汗)こちらは明日食べる予定なので、画像も明日UPするつもり。久々の自家製酵母パンなので、楽しみだわ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フルーツバスケット、ポンペイ(イチジク酵母)

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/27 21:59】   | コメント(0) | Top↑



イチジク酵母の元種作り | 天然酵母パン
イチジク酵母・元種1

クロワッサン

昨日イチジク酵母の液種が出来上がったので、さっそく元種を作成。今朝は思ったほど変化が無かったけれど、実家に出かける前に材料を足して元種を更新しておいた。実家への手土産は、昨日焼いたクロワッサン。年をとると歯も胃腸も弱るので、食べやすいソフト系が好まれるのだ。

(種継ぎ直後)→(約7時間後)
イチジク酵母・元種2

夕方帰宅したら、朝継いだ元種がかなり膨張していた。順調に発酵が進んでいる模様。この分なら、明日の午後か明後日には本捏ねに入れるかな?今回は1単位分しか種を起こしていないので、まずはセミナーで習ったパンを焼きたい。「ポンペイ」と「クグロフ」どっちにしようか?

(24時間後)
イチジク酵母・元種2(24時間後)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/26 21:54】   | コメント(0) | Top↑



クロワッサン | パン
クロワッサン

昨日に引き続いて「クロワッサン」を焼いた。今回は1単位分だけなので、のんびりマイペース。デニッシュの場合、伸ばしと伸ばしの合間にフィリングを用意するので大忙しだが、クロワッサンは冷蔵中ヒマなので、2単位分並行して作る方が効率的で良いかもね。

成形の段階では、しっかり月の形にしたつもりだったが、焼成後オーブンから取り出すと思ったほどカーブしていなかった。昨年は9分割のレシピで練習したが、今回は11分割だから底辺が短い分、曲がりにくいのかな?

クロワッサン・ツイスト

焼き立てのクロワッサンは、表面がホロホロで迂闊に触れないほど。息子が1個食べ、私はオマケ(端生地を集めて焼いたもの)を食べた。昨日のツイストと食べ比べてみたところ、息子はスタンダードの方が好きだと言う。私も同じだが、ツイストは丸1日経っているから仕方ないかもね・・・。残った10個のクロワッサンは、明日実家に持参する予定。喜んでくれるといいな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クロワッサン

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/25 20:58】   | コメント(0) | Top↑



デニッシュペストリー | パン
デニッシュ・ペストリー

3月下旬にしては寒い朝だったが、こんな冷え込みも今日が最後かもしれない。そろそろコタツを片付けようかな~?そう考えた次の瞬間、冷蔵庫の折り込み専用マーガリンの在庫が、やたら気になり始めた。賞味期限が来るのは夏だ。今のうちに早く使ってしまわなければ!

折り込み専用マーガリンは、まだ3回分も残っている。実家の両親がクロワッサンを喜ぶので、持っていこうと思っていたのだが、このところ忙しくて一度も焼けなかった。春休みに顔を出すつもりなので、1回は手土産用に使うとしても、あと2回分はどうしよう?

いや、迷っているヒマは無い・・・今日はまだ冷え冷えとしているが、一日ごとに気温が上がって生地が扱いにくくなる。よーし!こうなったら、一気に2回使ってやる!!時間差をつけて2単位分折り込む作業は、一度も経験が無いけれど、いずれ自宅教室で必要になるかもしれない。今のうちに試しておくのも良いだろう。

2種類の組み合わせには悩んだが、仕上げ発酵が重なってもスペース的に大丈夫ということで、「クロワッサン・ツイスト」と「デニッシュペストリー」を選んだ。ツイストは、昨年からパンⅣに登場した成形で、研修で習って以来1度も復習していなかった。デニッシュは、これまた残り物のブロックチョコを使ってチョコデニッシュを8個、他にカスタードデニッシュ3個とフルーツデニッシュ4個作った。

フルーツデニッシュといえば、今月上旬のパンⅢー(5)のレッスンで、成形の際に生地がくっついて悲惨な目にあった。あの時は原因不明だったが、今日もう一度やって漸く気づいた。表裏を逆にすれば良いのだ。以前は無意識に正しく折っていたのだろう。気をつけなくては・・・。

作業は、デニッシュの成形に時間が掛かるため、ツイスト→デニッシュの順に進めていたが、仕上げ発酵の段階でツイストがなかなか膨らまず、ついにデニッシュに追いつかれ、追い越された。同時にオーブンに入れられないので焼成が重ならずホッとしたが、レシピの倍も時間が掛かるのは幾らなんでも長すぎる。一体、何が悪かったのかなぁ?

デニッシュは、今回3種類だけなので、気分的には非常に楽だった。カスタードクリームをチョコデニッシュに使いすぎて、フルーツデニッシュの仕上げに使う分が足りなかったけど・・・。終業式から帰宅後、出来上がりを待ちかねていた息子が、オヤツに3種類ともペロリ。この冬最後のデニッシュだから、じっくりと味わってよね~☆ ツイストは、明日のお楽しみに取っておこう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:デニッシュ・ペストリー3種、クロワッサン・ツイスト

クロワッサン・ツイスト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/24 21:53】   | コメント(0) | Top↑



イングリッシュマフィン | パン
イングリッシュマフィン

パンの在庫が無くなったので、昨夜遅くに「イングリッシュマフィン」を焼いた。フォークで側面に切り取り線を入れて半分に割り、軽くトーストして食べるのがお約束。熱々のパンに乗せたバターが、トロンと溶けて食欲をそそる♪ジャムやペーストを添えて食べるのも美味!!

さて、今週からイチジク酵母の種おこしを始めたが、4日目にして漸くシュワシュワしてきた。まだ発泡が少ないけれど、この調子なら週明けには酵母エキスが出来るかな?!今、我が家には市販の天然酵母種を完全に切らしているので、天然酵母のパンを焼くには自分で種起こしするしかないのよね。頑張ってくれよ~☆

今日は少し疲れているので、このへんで・・・m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イングリッシュマフィン

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/23 20:15】   | コメント(0) | Top↑



カフェ・レストランでランチ | 食べ歩き
今日で3学期の給食も終わり、明後日は終業式である。春休みを前に英気を養うため(?)同じクラスのママ友Iさんとランチに出かけた。場所は、車で十数分のところにあるカフェ・レストラン。いつもすぐ満席になるので、今日は開店直後に一番乗り♪

「幼稚園が春休みに入ったから、今日はお客さん少ないかもね~」などと二人で言い合っていたが、30分もしないうちに店内の席が全部埋まった。やっぱり早く来て大正解!!周りを見渡すと、どこも2~4名の女性グループばかり。店舗が某ファストフード店の上(2階)にあるせいか、お子様連れのグループは見当たらず、静かで落ち着いた雰囲気であった。

私は日替わりランチ、Iさんはパスタランチを注文。サラダ・スープ・パンまたはライス・メイン・ドリンク・デザートというラインナップで、しめて1200円なり。本日のメインは白身魚のナントカ(?)、デザートは紅茶シフォンケーキのアイスクリーム添えで、ドリンクはデザートにあわせてミルクティーを選んだ。満足じゃ~♪写真を撮り忘れたのが残念だけど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/22 21:49】   | コメント(0) | Top↑



メロンパン | パン
メロンパン

今日は「メロンパン」を焼いた。パン教室のレシピである。かつては、飛び抜けて苦手な”4大トラウマパン”の一角を担っていたが、幸か不幸か検定の実技課題だったので、ひと夏かけて練習し何とか克服した。人一倍不器用な私にとって、この時の経験は大きな心の支えとなっている。

本来14個分のレシピだが、自宅用の場合は、そんなに焼いても食べきれないので7個分にしている。今回は、家族が野球のワールドカップを見ている最中だったので、煩くないようにHBで捏ねた。捏ね上げ温度は29度。湯煎発酵の間にトッピング生地を準備した。

分割してベンチタイムの頃に日本チームの優勝が決まり、王ジャパン\(*^o^*)/バンザーイ!と喜びながら成型へ。夏期研修で作って以来なので、配合や細かい注意事項などはスッカリ忘れている。でも、手のひらで覚えた記憶はシッカリ残っているようで、実際にやってみると、それなりに動くから不思議だ。

焼き上がったメロンパンのうち幾つかは、チラッと側面が覗いていた。これが電気オーブンだと、温度の上昇が緩やかなせいか、トッピングが適度に流れて側面を隠してくれる。練習に明け暮れていた頃は、電気オーブンだけだったので、検定当日まで焼き上がりの違いに気づかずショックだったなぁ。次は、もう少し丁寧にトッピングを伸ばさなきゃね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:メロンパン

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/21 22:28】   | コメント(2) | Top↑



紅茶ブレッド | パン
紅茶ブレッド

以前、自宅教室の生徒さんから、得意なパンは何かと聞かれたことがある。苦手なパンなら幾らでも挙げられるが、得意と言えるパンなんて・・・???一瞬言葉に詰まったが、しいて言えばコレかな~っと思い出したのが、今日焼いた「紅茶ブレッド」である。

自分が食べたい時はもちろんだが、何となく疲れている時、何を焼けばよいのか分からない時、しばらく間が空いたのでウォーミングアップしたい時など、様々な場面に登場する。買い置きできる材料で作れて、成型もシンプルだから、私にとっては気楽に焼ける唯一のパンかも・・・。

だが、今回は一次発酵で90分・二次発酵で50分と、いつもの倍ぐらい時間が掛かった。冷凍保存してきた耐糖性イーストも、そろそろ2年経つから限界かな?もっとも、発酵力が落ちたといっても、パネトーネマザーも同じぐらい時間が掛かるから、たいして気にならない。

そんなわけで、久々にのんびりパンを焼いた。ぬるめのお風呂にゆったり浸かっていると、だんだんと心身がリラックス・・・何だかそんな気分になる。パン作りには気合を入れて臨むべきと考えている私だが、時にはこんな充電目的のパンがあったって良いよね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:紅茶ブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/20 21:17】   | コメント(0) | Top↑



セサミクッキー | お菓子
セサミクッキー

久々に朝寝坊を満喫した。何かパンを焼こうかな~と思ったが、洗い物や洗濯物を干しているうちに、だんだん面倒になってきた。こんな日に無理して焼くと、注意力散漫により失敗する確率が高いので、キッパリ止めてノンビリダラダラすることに。

でも、夕方になる頃、妙に甘いものが欲しくなって「セサミクッキー」を焼いた。他のお菓子でも良かったが、材料が揃っている中で最も手間要らずのレシピが、たまたまコレだったわけ。サラダ油を切らしていたので、頂き物のエコナを使ってみたが、特に問題なかった。どうせなら、無色無臭でクセの無い太白胡麻油で作ってみたかったな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:セサミクッキー
【2006/03/19 20:34】   | コメント(0) | Top↑



息子を連れて小児科へ | 子育て
息子が2~3日前から喉が痛いというので、朝1番で小児科へ。今年に入って何度も風邪をひいたが、病院で他の病気にうつるのが怖くて、市販の風邪薬で凌いできた。既に流行のピークを過ぎたようで待合室はガラガラ、おかげですぐに診てもらえた。予想通り、扁桃線が腫れているそうだ。

幼い頃は見かけによらず病気がちで、2度も入院歴があるし、月に十回以上通院したこともある。だが、この冬は、インフルエンザが流行って常時5~6人欠席している中で、一度も学校を休まなかった。扁桃腺が腫れても、昔のように突然高熱を出すことが無くなった。小児科の先生も、本当に丈夫になったね~と言って下さった。

自宅教室を開く上で、一番のリスクは病気である。自分はもちろんだが、それ以上に怖いのが子供の病気。ちょっと風邪っぽいとすぐ市販薬を飲ませ(←良いのかどうかは分からないが)帰ってきたら手洗い&うがい~っと毎日しつこく言い続けてきたせいかな。「病気したら承知せーへんでー」という鬼母に、息子は文句タレながらも協力してくれた。感謝!感謝!

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/18 21:48】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(1) 【Ver.4】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-63.html

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/17 22:01】   | コメント(0) | Top↑



ブレッチェン&ウィンナーロール | パン
ブレッチェン&ウィンナーロール

明日のレッスンに備えて「ブレッチェン」と「ウインナーロール」を焼いた。手捏ねも練習したかったが、また腰痛が悪化しそう。ここで無理して本番に差し支えても困るので、今回はFPで妥協しよう。その代わり、丸め・成型・焼成は念入りにチェックするつもり。

どちらも同じ配合なので、1単位分の生地を捏ねて半分ずつ成型した。先月も何度か焼いているので問題ないと思っていたが、予想以上に忘れていてショック!!やっぱり予習して良かった・・・。むろんテキストを見れば思い出せるが、次のパンを焼いた途端、トコロテンのように脳ミソから押し出され消えていくのだろう。我ながら儚い記憶力である。

ウインナーロールの成型では、使用したウインナーがどれも短かったため、仕上げ発酵中に幾本か生地の中に埋もれてしまった(苦笑)。だが、全体としては、ここ数回の中で1番綺麗に巻けたと思う。ところが、いつの間にか発酵器の温度が35度に下がっていて、いつもの倍近く時間がかかってしまった。なんで~???(x_x;)

ブレッチェンは、前回のレッスンで裏向けのまま天板にのせたモノがあったので、二度とそんなことが無いように細心の注意を払った。室温が20度そこそこしか無かったので、かなり時間が掛かりそうだと思ったが、幸か不幸かウインナーロールの仕上げ発酵が伸びたので、オーブンが空く頃にはちょうど良い状態になっていた。

焼き上げた2種類のパンは、ジックリ発酵させたせいか、いつも以上に美味しく感じた。私が空腹だったせいもあるが、偶然のアクシデントが思わぬ効果をもたらしたようだ。パン作りには何が幸いするか分からない。もっとも本番では、アクシデントなんて勘弁して欲しいけど~~~(汗)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブレッチェン、ウインナーロール

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/16 23:06】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅢー(6) 【Ver.1】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-62.html

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/15 22:00】   | コメント(0) | Top↑



自家製酵母の本を買いました | 本・映画・ドラマ
昨日、パン教室で「素顔の天然酵母たち」(灘吉利晃著:海文堂出版)という本を買った。昨年末に出版された理事長先生の著作である。教室に見本があるのでチョコチョコ覗いていたのだが、立派な本ゆえにお値段も高く、なかなか購入に踏み切れなかった。

だが、勢いとは恐ろしい。先日PHメーターを注文する際、一緒に注文してしまったのだ!PHメーター自体、非常に高価なのに・・・その日は金銭感覚が麻痺していたのかも?まぁ、たまには”自分へのご褒美”ってことにしようかな。(本の内容については、いずれまた)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

【2006/03/14 22:08】   | コメント(0) | Top↑



天然酵母セミナー(2) バナナ酵母 | パン教室
バナナブレッド&Banana (バナナ酵母)

今日は、天然酵母セミナーを受講した。本日のお題は、バナナ酵母を使った「バナナブレッド」「Banana」の2品である。前者は、自家製酵母をベーキングパウダーの代わりに使う(贅沢!)クイックブレッド風のパンで、後者はバナナの房そっくりのユーモラスな成型が特徴である。

授業は、バナナブレッドの生地作りから始まった。まず卵をしっかり攪拌し、他の材料を順に加えていく。途中まではスポンジケーキに似ているが、酵母と粉を加えた後はドロドロした感じ。通常のパン生地より緩いので、発酵は比較的早いようだ。ガス抜きの後、すぐ型に流してホイロを取る。

Bananaの方は、一次発酵後の分割から。バナナの房を模した成型と、角型シンペル(小)を使ったコッペ成形を、各1個ずつ実習した。今回は、酵母の調子がイマイチらしく、分割から焼成まで殆ど膨らんだように見えない。自宅で焼くなら迷わず発酵を延長するところだが、授業ではそうもいかず、先生も浮かない顔。やっぱり自家製酵母の授業は大変だぁ~!!

焼きあがったパンを食べてみたところ、バナナブレッドの方が香りが高く、またそれを裏切らないだけの甘味もあって、なかなか美味しかった♪Bananaは、非常にもちもち感が強い。私は、バナナの房タイプの方が好きだが、シンペル型で焼いた方も意外と後を引く。バナナ独特の味や香りは、もう殆ど分からない。(しいて言えばバナナ餅?)

そういえば、うちにはバナナ型があったっけ?!最近ずっとご無沙汰しているが、あれを利用して上手く焼けないかな~?できれば、バナナのイメージそのままの、甘く香り高くふっくらしたパンを焼きたい。ついでに皮もむけたら・・・さすがに無理か?(苦笑)


□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:Banana2種、バナナブレッド(バナナ酵母)

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/13 22:11】   | コメント(0) | Top↑



RSSリーダー | 暮らし
お彼岸には少し早いが、お墓参りに行った。家を出る時は雨がやんでいたので、この分なら大丈夫だろうと思ったが、到着する頃には再びシトシト・・・。それでも、お参りの人が結構いたので、ちょっとビックリ!来週は飛び石連休だから、きっと多いだろうな。

さて、コロッと話が変わるが・・・ようやく私もRSSリーダーを使ってみることにした。「えーっ、今頃?遅っ」って言われそうだが、興味はあったものの、どれを選べば良いか分からず、何となく敬遠していた。必要不可欠ってモノじゃないしね。

だが、当ブログの大家さんも最近RSSリーダーを公開したというので、ふと試してみる気になり、ネッ友さんのブログを幾つか登録してみた。まだβ版だから不安定らしいが、今のところ機嫌よく動いて、更新された記事をリストアップしてくれる。ほおぉ・・・こりゃ便利かも♪やっぱり、食わず嫌いはイカンねえ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/12 23:36】   | コメント(0) | Top↑



ココアブレッド | パン
ココアブレッド

今日は「ココアブレッド」を練習した。先月も焼いたけど、一ヶ月も経つとすっかり忘れてしまう。生地作りは、先週焼いたチョコチップロールと少し似ているので、あまり戸惑わなかったが、まごまごしているうちに生地温が27度に下がってしまい、スタートから前途多難・・・。

このパンは、1単位で2種類の生地(プレーン&ココア)を作るので、発酵を目視で確認しにくい。レシピや生地温を目安に50分で分割したが、1時間ぐらい置いた方が良かったかも。リッチな生地なので、麺棒をあてる時も緊張する。少し傷めただけで急に引っ付きやすくなるのだ。今回も、2枚目のココア生地を麺棒に引っ掛けてしまい、伸ばすのに苦労した。

ロールした生地を揃えて型に入れたが、上から見ると微妙にアンバランス。おまけに、食パン型の両端に1cmずつ隙間が・・・ありゃ?サイズ間違えた??(^^;)まぁ、これぐらいなら何とか挽回できるだろう。仕上げ発酵も時間が延びて、レシピの目安の倍近く掛かった。やっぱり一次発酵が足りなかったのか?

焼きあがったココアブレッドは、予想通り左右のバランスが悪く、両端の隙間は一応埋まったものの、その分ボリュームが出なかった。発酵の見極め・麺棒のあて方・生地の巻き方、それぞれの段階ではほんの僅かなミスに思えても、結果は大きく違ってしまう。まだまだ修行が足りんなぁ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ココアブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/11 22:37】   | コメント(0) | Top↑



セミハードブレッド | パン
セミハードブレッド

自宅教室の翌日は、気が緩んでゴロゴロしてしまいがち。久々に爆睡してみたいけど、お昼用のパンが無いので、次のレッスンの予習を兼ねて「セミハードブレッド」を焼いた。食事向けのリーンなパンだが、フランスパンほど難しくはない。洗い物も少ないので、気楽に取り組める。

一応練習なので、FPで生地作り。捏ね上げ温度はやや高めだったが、室温が低いので、少し叩いたら適温に下がった。冷蔵中のイーストが残り少なく、慌てて冷凍庫から取り出したものを使ったせいか、いつもより発酵に時間が掛かった。

長めにベンチタイムを取った後、成型を行った。一般的なコッペ成形だが、単純な形だけに失敗すると一目瞭然!中力粉のソフトな生地なので、シッカリかつ丁寧にガス抜きを行った。最後に上新粉をふって仕上げ発酵へ。発酵器の中で変形しませんように・・・。

なかなか良い具合に膨らんだので、5本のクープを入れて焼成した。上新粉のおかげで、クープが気持ちよく入る。フランスパンも、これぐらいスパッと切れたら良いのになぁ。今回は、上新粉の量にも気をつけたので、オーブンの中で粉が舞い飛ぶことはなかった。
  
焼きあがったパンの断面を見ると、小さな気泡がポツポツ・・・。フランスパンなら、もっと大きな気泡があるだろうし、食パンならもっとキメが細かい。セミハードの名前の通り、内相は両者の中間といったところか。昼食後、残ったパンをスライスして、すぐに冷凍庫へ。さぁ、今晩はシチューにしようっと♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:セミハードブレッド

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/10 15:39】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(2)【Ver.3】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-61.html

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/09 22:38】   | コメント(0) | Top↑



ごめんね、パンジー | ベランダ園芸
パンジー

(↑昨年11月に撮影)

3月にしてはポカポカと暖かい一日であった。ベランダに目をやると、昨春挿し木したラベンダーが蕾をつけているのが見える。少し萎れて元気が無いのは、水切れかな?冬の間は凍結が心配で殆ど水を遣らなかったが、そろそろ必要な時期かもね。

ジョウロにたっぷり水を入れ、洗濯物の間を縫うようにして、ベランダの植物たちに水遣りをした。週に一度ぐらい雨が降っていたので、それほどカラカラではなかったが、つい先日まで元気だったパンジーが、瀕死状態になっているのを発見!い、いつのまに・・・ガ~( ̄□ ̄;)~ン

そういえば、今月に入ってからパンジーをジックリ見ていなかった。冬の間、ベランダの植物たちが揃って沈黙する中で、唯一可愛い花で私を和ませてくれた存在だったのに、暖かくなって他の植物が芽吹いてきた途端、忘れてしまうなんて!!わ~ん、ごめんよぉ~(悔)

園芸サイトでパンジーについて調べたところ、1年草だが小まめに世話すれば5月頃まで花を咲かせるらしい。3月末までは定期的に液肥をやる方が良いと書いてあったので、今さら遅いかもしれないが一応まいておいた。明日は、また冷え込むらしい・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/08 20:34】   | コメント(0) | Top↑



アンパン・かのこうぐいす・チーズパン | パン
アンパン・かのこうぐいす・チーズパン

今日は「アンパン」「かのこうぐいす」「チーズパン」を練習した。本当は手捏ねしたいところだが、まだ腰痛が治っていないので今回はFPを使う。チーズパンの生地を1単位分捏ねて、3種類の成型を練習することにした。

計量の途中で、電話が掛かってきた。大した用件ではなかったので、またすぐに計量を続けた。ところが、準備が整ってFPにスイッチを入れ、仕込み水を注いだのに、いっこうに生地がまとまる気配が無い。ハッ・・・まさかっ!!

FPを止めて生地の様子を確認すると、予想通りベタベタ~~(>_<)原因は分かっている。計量を再開した後、頭の中で何かがズレてしまったらしく、手ごねと同量の仕込み水を用意してしまったのだ!よくありがちな失敗だけど、なぜ今日に限って・・・トホホ(x_x;)

大急ぎで粉を足して半ば強引に捏ね上げた生地だが、幸い順調に膨らんで約50分で発酵完了。12分割の予定が14分割になったので、フィリングも再分配(?)して、アンパンが5個・かのこうぐいす2個・チーズパン7個になった。

14個の生地を天板3枚に並べて、仕上げ発酵へ。そのうち1枚は、ビニール発酵を行った。透明の大きなビニール袋が良いのだが、最近は半透明タイプばかりで生地の様子見えにくい。室温が約20度しか無かったので2倍近く掛かったが、発酵器を使ったチーズパンと比べても全く見劣りしなかった。

そんなわけで、出だしは最悪だったが、何とかマトモなパンが焼けてホッとした。14個も失敗作が出来たら、さすがに辛いもんね・・・。これがレッスン本番でなくて本当に良かった。また同じような失敗をやらかさないように、くれぐれも心せねば~~~~(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アンパン、かのこうぐいす、チーズパン

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/07 22:43】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅡー(1) 【Ver.1】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-60.html

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/06 21:09】   | コメント(0) | Top↑



腰痛持ちは辛いよ | 暮らし
昨日、無理して図書館に行ったせいか、また持病の腰痛があぁぁぁぁ~~~~(TToTT)午前中は、掃除や洗濯をすることも出来たのだが、午後からドンドン痛みが増してきて、今やPCに向かうのも数分が限界。明日は、久々にコルセットが要るかも・・・。(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/03/05 16:10】   | コメント(0) | Top↑



チョコチップロール | パン
チョコチップロール

今日のパンは「チョコチップロール」。1週間前に初めて焼いた時は、体調が悪かったせいか、あまり良い出来とは言えなかった。だから今回は、細心の注意を払って、自分で納得できるものを是非とも焼き上げたい!!

最初の関門は、生地作り。白生地にココアを加えてマーブル状にするのだが、捏ね過ぎると前回のようにココア生地となってしまう。今回は、一応マーブルと言える状態でストップした。捏ね上げ温度は29度、気を良くして湯煎発酵へ。

リッチな生地なので、時間を延長してゆっくりと膨らむのを待った。あっ、ナッツの空焼きを忘れてた!!大急ぎでオーブンの予熱開始。こんな時、ガスオーブンは本当にありがたい。空焼きを済ませたナッツを砕いて、何とか成型に間に合った。ふぅ~(^o^;)

成型した生地を型に入れ、仕上げ発酵へ。前回同様、レッスン用の紙型とアルミカップを併用した。紙型は、ポロッと生地が外れないので良いけれど、自宅用にはアルミカップで充分かな。オーブンに入れると、グ~ンと気持ちよく窯伸びして一安心。焼成後アイシングで線描きして、出来上がり~♪

ちょうどお昼になったので、息子と一緒に試食した。前回はどうも反応が鈍かったが、今回はすこぶる良好!(←単に空腹だったせいかもしれないが・・・)私自身も、前回よりフンワリ焼けたように思う。美味しいパンを焼くには、気力と体力いずれも欠かせない要素なのだ~とあらためて感じる今日この頃。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:チョコチップロール

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/04 21:27】   | コメント(0) | Top↑



ハンバーガー(バーンズパン) | パン
バーンズパン

来週の自宅教室に備えて「バーンズパン」を練習した。丸くてやや平べったい、ハンバーガー用のパンである。丸いだけのパンなんて簡単だろうと思われがちだが、どうしてどうして!単純な形ほどゴマカシが効かないわけで、ちょっとした不注意が失敗につながる。

レッスンではFPを使ったハンバーグ作りも紹介するので、一次発酵の間を利用して予行演習を行った。この手の作業は、FPの最も得意とする所で(←むしろ本業)アッという間にタネが出来上がる。成型してオーブンで焼き上げたが、クッキングシートがベトベトに汚れるので、後のことを考えると使い捨てタイプの方が良さそう。

バーンズパンの生地は、捏ね上げ温度30度で50分間発酵。ハンバーグ作りで分割が少し遅れたが、特に問題なかった。成型は、上に書いた通り非常にシンプルだが、丸くしようと思えば思うほど楕円に近づいていく。な、なんで・・・?(^^;)

焼き上げたパンのうち、殆どは”丸といって差し支えない”範囲に収まったが、中には変形したものも・・・。切ってみると空洞がある。ガス抜きが甘かった場合の典型的なパターンだ。気をつけないと!辛子バターを塗ってハンバーグとレタスを挟んで、出来上がり。さぁ、いたたきま~す♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ハンバーガー(バーンズパン)

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/03 22:54】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅢー(5) 【Ver.2】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-59.html

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/03/02 21:06】   | コメント(0) | Top↑



| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。