Top | RSS | Admin


2006年04月09日

| Top |



ミツバを守れ! | ベランダ園芸
冬の間、殆ど枯れたように見えたミツバが、見事に復活して我が家の食卓にのぼるようになった。1回に使う量は少ないが、摘みたての新鮮な香りによって、いつもの平凡な料理に変化をつけてくれる。発芽するまで少し日数が掛かるが、摘んでも摘んでも次々に生えてくるので、ベランダ菜園にはお勧めの一品である。

だが、無農薬栽培である以上、全く手間いらずというわけではない。今日も、水遣りしようとベランダに出たら、いつのまにか葉ダニ&アブラムシが集結している!これが花であれば、私もあまり神経を尖らせないのだが、野菜の場合は大打撃!!特にミツバは、柔らかくて美味しいのか、あっという間にキズモノにされてしまう。

大事なミツバを守るため、ここは思い切った手段をとらねばなるまい。葉に食いつく小さな虫は水に弱いので、植木鉢ごと水に浸すと良いらしい。だが、我が家のミツバは小型のプランターに植えているためバケツには入らないし、それ以上の大型容器も無いので、プランターから溢れるぐらいドボドボと水をかけて、虫を洗い流すことにした。

突然の大洪水に、虫だけでなくミツバ自身も驚いて(?)土にまみれフニャフニャと横たわっていたが、夕方見たら再びシャンと起き上がっていた。葉ダニやアブラムシは、全滅とはいかなかったが朝に比べて随分減ったので、それなりに効果があったみたい。とはいえ、今年も虫除けには苦労しそうだなあ。木酢酸を用意しておかなければ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト
【2006/04/09 23:33】   | コメント(0) | Top↑



| Top |