Top | RSS | Admin


2006年04月25日

| Top |



湯ごねパン | 天然酵母パン
湯ごねパン

昨日準備しておいた湯種を使って「湯ごねパン」を焼いた。パン教室の天然酵母セミナーで習ったレシピでサンリッチ酵母を使うのだけど、しばらく前から切らしているので、サンリッチ・ナトゥールで代用した。

サンリッチ・ナトゥールの使用量は、湯種を含めた全粉量の4%に決定。仕込み水にサンリッチ酵母の水分を足して、さらにナトゥールの吸水分を足して・・・と面倒な計算をしていたら、頭が痛くなってきた~~~(x_x;)

今回のレシピは、湯種の割合が高く総生地量も多いので、HBで捏ねるのは到底無理。そこでFPのお出ましとなったが、洗濯機並みのパワーを誇るモーターも、さすがに今日は苦しそう!!壊れないか~と緊張しながら見守った。次回は、もう少し生地量を減らしてみよう。

生地作りが終われば、ノンビリ発酵を待つだけ。酵母が違うので、どれぐらい掛かるのか分からない。長時間発酵の生地は、フィンガーテストもアテに出来ない。結局、見た目で適当に判断して、2時間半で切り上げた。

成型は、丸め直した生地をパウンド型に入れた「山食もどき」を3本分。本当は、シンペル角型(小)3本分だけど、持ってないから仕方がない。昨年秋にセールがあった時、買っておけば良かったなぁ~~!(注文するつもりで忘れていた)

仕上げ発酵は1時間弱。生地のトップが型から少し頭を出したところで、焼成した。少々目が詰まっているが、まぁまぁの出来・・・う~ん?何となくシックリ来ないのは、今回の配合が食事向けのパンにしてはリッチで、ほんのり甘いせいだろう。勝手に砂糖を減らしたらダメかなぁ~?!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:湯ごねパン(サンリッチ・ナトゥール)
スポンサーサイト

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/04/25 23:00】   | コメント(0) | Top↑



| Top |