Top | RSS | Admin


2006年05月

| Top | Next



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



本科パンⅠー(4)【Ver.4】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-73.html
スポンサーサイト
【2006/05/31 20:53】   | コメント(0) | Top↑



ピッツァ & ベランダ園芸・2006年5月末 | パン
ピッツァ

夜、自宅レッスンの練習を兼ねて、夕食に「ピッツァ」を焼いた。1枚だけなので(ダンナは別のメニュー)HBで生地を捏ね、ついでに一次発酵まで済ませてしまった。自分でやったのは、成型と焼成のみ。これで練習と言えるかどうか疑問だが、今回はいつになくスムーズに生地を伸ばせたので”良し”としよう。

2006年5月末の植物たち(上)

ベランダ菜園は、随分にぎやかである。オクラを植木鉢に定植し、朝顔の種も蒔いた。(←発芽はまだ)ミニトマトの脇芽を土に挿しておいたら根付くと聞いて、実際にやってみたところ、本当に枯れない!最も成長の著しい部位だから、すぐに根っこが伸びるのだろうか?只今、3本の脇芽を育成中。

2006年5月末の植物たち(下)

青紫蘇は、もう全て発芽しただろうと思っていたが、まだまだ残っていた!間引きには小さすぎるが、他の植物の邪魔にならないうちに全部抜いて黒ポットに挿した。上手く根付けばそのまま育つし、脱落すれば枯れるのみ。無事に育つメドがついたら、良い人を探して里親になってもらお~っと☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ピッツァ
【2006/05/30 23:00】   | コメント(0) | Top↑



プルマン | パン
プルマン

今日は「プルマン」。パンⅠで習うレシピの中では一番難しいのではないかと思うが、このところイギリスパンが失敗続きなので、せめてこちらは成功させたい!イギリスパンと同様に、成型が重要であることは間違いないが、もう一つ、仕上発酵の見極めが非常に重要なカギとなる。

この見極めは、ガスオーブンと電気オーブンとで違うし、生地の量やオーブンのサイズ、その時の生地の状態にも影響される。したがって、授業で習うことはあくまでも一つの目安でしかなく、自宅のオーブンで何度も焼いて焼成するタイミングを掴んでいかねばならない。

実は、ガスオーブン購入してから数ヶ月もの間、私は1度もプルマンを焼いていなかった。別に避けていたわけではなく、他に焼きたいパンが色々あったに過ぎない。だが、電気オーブン時代は、おおむね上手く焼けていたので、特に心配したことはなかった。

ところが、いざ焼いてみるとボーズの連発!!ノーテンキな私も、さすがに事態の深刻さに気づき、大慌てで練習したことを覚えている。その時の記憶は今もどこかに残っていて、焼成後フタを外す時は、いまだに不安が頭をよぎる。またボーズだったらどうしよう・・・と。

最近は、失敗といってもレンガが殆どだが、触ると痛いほど角張っていてもボーズに比べたらはるかにマシ!!ボーズを焼いた時の情けなさは、経験者しか分からないだろう・・・。少なくともレンガは、一応”角食”だもんね~(苦笑)もちろん私としては、ホワイトラインの輝くマイルドな角食を目指していくつもりだけど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン
【2006/05/29 21:40】   | コメント(2) | Top↑



胚芽パン | パン
胚芽パン

これといって予定の無い日曜日は久しぶり。朝寝坊を堪能して、ようやく起きたらもう10時!(^^;)朝昼兼用の食事で昨日焼いたパンを食べ切ってしまったので、午後から「胚芽パン」を焼いた。栄養価の高い小麦胚芽とクルミを入れた、食事向けのリーンなパンである。

生地作りにはFPを使用。胚芽パンと同時に、全粒粉を使う「コンプレ」の成型も練習したいので、捏ね終わった生地を半分に分け、片方にのみクルミを入れた。胚芽パンとコンプレは、いくらか配合が違うものの分割数や焼成温度が同じで、成型の練習には好都合なのだ。

胚芽パンのコッペ形もコンプレの馬蹄形も、決して複雑な成型ではない。だが、シンプルな形ほど歪みが目立つもので、理想通り仕上るのは難しい。ラグビーボールのごとき完璧な楕円球、そして馬蹄の持つ優雅な曲線!パンは膨らむから、ほんの僅かなミスが全体のバランスを崩してしまう。今回も、失敗とは言えないものの理想の形には程遠く、自分の不器用さにちょっとガックリ・・・。

生地作りとか発酵とか拘るべき点は他にも色々あるだろうが、完璧な美しさはそれらを土台として初めて生まれるものだ。理想の形を追求することによって成型以外の工程でも綿密になり、良い結果を生み出すと信じたい。実際には、生物を扱うパン作りに完璧なんて有り得ないと思うけどね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:胚芽パン
【2006/05/28 22:09】   | コメント(0) | Top↑



イングリッシュマフィン | パン
イングリッシュマフィン

今日のパンは「イングリッシュマフィン」、これも春休み以来である。今回は1単位分焼くので、FPを使用する。ついでに、マフィンに添える「ハムのスプレッド」も作ろう。今日の昼食に丁度良い。息子とダンナが出かけるやいなや、さっそく作業に取り掛かった。

室温25度・湿度65%、粉を冷やさずに使ったので、あっさり適温オーバー。急いで30度まで冷やし、一次発酵させた。その間にスプレッドを作る。メタルブレードをセットしたワークボールに材料を入れ、ペースト状になるまで砕いた。簡単で美味しいのだが、最近ご無沙汰だったわ。日持ちしないので、大量に作り置きできないのが残念だ。

成型は、イングリッシュマフィン型に入れるだけ。単純な作業だが、手でガスを抜きながら均等の厚みにするのは意外と難しい。妙に元気の良い生地で、15分も経たないうちにトップが上がってきた。慌てて予熱を開始したが、焼成に入る頃にはもう型ギリギリの状態に!!

焼成は、天板を上にのせて焼く。上の天板が蓋の役目を果たすわけだが、間にイングリッシュマフィン型を挟んだ天板2枚を重ねで持つのは結構キツイ~~!途中で天板を入れ替える際、重くて片手では持てないし、両手で持っても上側の天板がズレて落としそうになったり・・・。天板に触れたらタダじゃ済まないので、緊張のみなぎる一瞬であった。

焼きあがったイングリッシュマフィンのうち、先に成型した天板は上の縁がカドカドしていたが、後で成型した方は丁度良かった。実は、後者の天板に使った型は、ごく僅かだがサイズが大きい。成型の順番を逆にすべきなのにウッカリだったなぁ・・・。次回は気をつけなければ!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イングリッシュマフィン
【2006/05/27 18:00】   | コメント(0) | Top↑



メロンパン | パン
メロンパン

来週の自宅教室に備えて「メロンパン」を焼いた。春休み以来だが、この2ヶ月の間に気温も湿度も上がっているので、前回よりずっと難しく感じる。暑くなるとクッキー生地が緩んで扱いにくくなるため、できるだけ気候の良い時期に作りたいものだ。

このレシピは14個分だが、さすがに多すぎて食べきれないので、今回は7個分作った。生地作りにはHBを使用。FPでも捏ねられるが、粉の適量が300~600gなので、150gでは少なすぎてオーバーニーディングが心配・・・。もう1台小さいFPを買おうかな~と心が揺れる今日この頃。

一次発酵の間に、クッキー生地作り。一般的なメロンパンのレシピに比べて柔らかいので、早めに作って冷やしておかねばならない。久々なので手際が悪く、少々混ぜ過ぎてしまった感じ・・・イヤ~な予感(-_-;)1個分ずつ分けてトレイに並べ、冷蔵庫に入れた。

こういう時の予感は的中するもので、1個目の成型は酷かった。(特に縁がガタガタ!)2個目3個目と続けるうちに少しずつカンが戻ってきたが、なにしろ7個しか作らなかったので、完全に思い出したとは言い難い。自宅用なら問題ないが、”お手本”としては・・・???

そんなわけで、外見についてはイマイチ冴えないけれど、味や食感はバッチリ好み~♪私が昼食代わりに2個食べ、帰宅した息子が3個食べた。残りも明日には確実に掃けそうだ。メロンパンのレシピは他にも色々持っているが、我が家の定番は今後もコレだろうな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:メロンパン
【2006/05/26 21:10】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅢー(6)【Ver.2】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-72.html

【2006/05/25 22:44】   | コメント(0) | Top↑



「だる日」についての考察 | 暮らし
ようやく充電完了!!今日は、パンこそ焼いてないけど、明日の自宅レッスンに備えてセッセと掃除したし、買い出しにも行ったもんね。←だるだるモードの時は両方パスなのだ(^^;)昨夜飲んだ栄養ドリンクが効いたのかな?このところパンの消費に追われて、栄養が偏っていたのは確か・・・。まぁ、いずれにしても、気力さえ戻ればコッチのもんだ☆

以前、右のメニュー欄にあるブログ検索で「だるだるモード」と入力したら、数件ヒットしたと書いた。何となく今日もやってみたところ「だる日」の到来に規則性があることが判明!1月から5月まで毎月二十日前後が多い。3月が見当たらないが「ダラダラ」でヒットした(苦笑)日記の内容から見て、明らかに「だる日」だと思われる。

もともと低血圧でスローペースの私が人前で話したりテキパキ行動するには、心身ともに最大限にテンションを高める必要があるわけで、自分の意思とは無関係にやってくる「だる日」は、その反動でありバランスを取るために必要不可欠なのだろう。だが、なぜ毎月二十日前後なのか?身体のバイオリズムによるものか??それとも・・・給料日前で金欠だから???

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/05/24 21:31】   | コメント(0) | Top↑



ココアブレッド | パン
ココアブレッド

今日も引き続き、だるだる・・・私のだるだるモードには、無気力系と脱力系の2種類が存在するのだが、今回は前者のようである。体調は決して悪くないけれど、最近睡眠不足だし、元来ナマケモノ体質の私には時々ボケ~ッとする時間が必要不可欠なのだ。

とはいえ、間近に迫った次のレッスンのことを、すっかり忘れたわけではない。一時的に頭の片隅に追いやられても、指に刺さった棘のようにチクチク刺激を送って”やるべきことをやれ”と主張してくる。結局、気持ちよくゴロゴロ出来なくなり、全身のヤル気を振り絞って「ココアブレッド」を練習した。

生地作りは、本番同様にFPを使用。条件は、室温26℃・湿度80%(雨)。冷水で仕込んだが粉を冷やしていなかったので、当然ながら適温をオーバー。捏ね上げた後で生地を冷やして対応した。保冷剤を使う荒技は、公式にはお勧め出来ないが、あるパン職人さんのブログに同じ方法が載っていたので(←あくまでも自宅での話)あながち間違いでは無いようだ。

仕上げ発酵も、前回焼いた3月頃に比べると随分早い。うっかりして、焼成のタイミングを見逃すところ・・・(冷汗)焼きあがったパンを切ると、一応それっぽい模様が見えてホッとした。むろん完璧とは言えないけれど、だるだるモードの日には多くを望むまい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ココアブレッド
【2006/05/23 22:07】   | コメント(2) | Top↑



セミハードブレッド&イチゴの初収穫 | パン
セミハードブレッド

夜更かしと外出の疲れ、さらにハリーポッターの最新作を読み終えた虚脱感が加わって、今日は朝からだるだるモード。だが、パンの在庫を漸く食べ終えたし、自宅教室の予習もしなくては・・・。そこで、午後から「セミハードブレッド」の練習に取り掛かった。

とはいえ、まだまだ気分は”セミだるだるモード”。FPを出すのが面倒で、HBで捏ね上げた。一次発酵後、分割してベンチタイムをとっていると、息子が帰宅。おなかの調子が悪いというので、スイミングを休ませて近くの小児科に行くことにした。ん、まてよ・・・パン生地はどうする?

焼成後では診察時間を過ぎてしまうので、仕上げ発酵中に出かけることにした。生地をのせた天板に網天板を被せて濡れ布巾で包み、ビニール袋に入れて口を縛る。室温で発酵させたいので湯のみは無し。なんとか1時間ぐらい持てばよいのだが・・・。

ところが、大急ぎで息子を小児科に連れていったのに「臨時休診」の張り紙が!え~~~っ!!他の病院に行くことも考えたが、息子が少し治って来た~と言うので、帰宅して様子を見ることに。結局、家をあけたのは15分程度であったが、室温でもかなり発酵していた。うはぁ・・・過発酵にならずに済んで良かった~!!発酵器に移し時間を延長して、無事に焼き上げた。

洗濯物をとりこんでいたら、2個のイチゴがすっかり色づいていることに気がついた。やった~☆ 明日また雨が降るらしいので、カビが生えたり腐ったり虫に食われたりする前に収穫することに。ダンナに見せた上で、息子と1個ずつ食べてみた。小さいけど、ちゃんとイチゴの味だよぉ~~お♪ 初めての自家製イチゴが、とっても愛らしく思えた。 

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:セミハードブレッド

イチゴの初収穫

【2006/05/22 21:25】   | コメント(0) | Top↑



「ハリーポッターと謎のプリンス」を読みました | 本・映画・ドラマ
先日発売されたハリーポッターシリーズ第六巻「ハリーポッターと謎のプリンス」を上下とも読了。まだ読んでいない人も多いだろうから、詳しい内容に触れる気は無いが、一応ネタバレ注意報を出しておく。


今回の内容も、相変わらず謎だらけ・・・。七巻目で完結の予定だと聞いているが、あちこちに張り巡らせた伏線全てを綺麗に片付けられるのか?私より先に読み終えた息子は、今回が1番つまらなかったというが、まぁ分からんでもない。第6巻といいながら最終巻の前編といった終わり方なので、読後の満足感に欠けるのがイマイチの理由かな?

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/05/21 23:43】   | コメント(0) | Top↑



たまには一人で外出 | 暮らし
久しぶりに一人で三宮に出かけた。OL時代は毎日通勤していたが、定期券を持たなくなって、すっかり足が遠のいてしまった。たまに出かけても、震災による崩壊と復興で馴染みのない建物ばかり。震災前の様子を知っているだけに違和感が大きく、その分余計に疲れる。明日も忙しいので、早めに寝ようっと・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/05/20 22:27】   | コメント(0) | Top↑



天然酵母セミナー(5) 酒種 | パン教室
酒種アンパン2種&黒のシンフォニー

一ヶ月ぶりに天然酵母セミナーを受講。本日のお題は「黒のシンフォニー」「酒種アンパン」の2品である。前者は、ドライフルーツやナッツ類をたっぷり入れて蒸し焼きにしたライ麦パンで、サンリッチ酵母を使用。後者は、その名の通り、銀座木村屋で名高いアンパン界の真打ちである。

まず最初は、黒~(長いので以下省略)から。フィリングだけでなく油脂の量も半端じゃないため、パンというよりフルーツケーキのよう。生地がベタついて普通に丸めたり伸ばしたり出来ないので、オーブンシートの上で作業を行った。パウンド型に入れて仕上げ発酵へ。

酒種アンパンの生地は、フィリングこそ入っていないが非常にソフトでベタつきやすく、丸めるだけで四苦八苦!(>o<)餡子の量は、天然酵母Ⅰのアンパンとさして変わらないが、ただでさえ扱いが大変なのに分割数も多いので、やけに餡子が大きく見えた(苦笑)

酒種アンパンは、仕上げ発酵を済ませた後、半分を蒸し器へ、残りをオーブンで焼き上げた。蒸しアンパンの方には”お約束”どおり桜の花をあしらい、焼きアンパンには胡桃をトッピング。全く同じ生地で、2種類の酒種アンパンが出来上がった。

黒~の方は、仕上げ発酵後も殆ど見た目は変わらない。アルミ箔で蓋をして蒸し焼きにした。教室には湯煎用の深めの天板があって、とても便利そう。うちには無いので、以前ロッゲンブロートを焼いた時はバットにお湯をはったのだが、途中で天板を入れ替える時こぼれそうで怖かった。良いなぁ、欲しいなぁ・・・。焼成後、2種類のトッピング(プルーン&アンズ)を塗って完成だ。 

酒種アンパンは、教室で試食。もともと酒饅頭をヒントに生まれたというだけあって、どちらも皮が薄い。個人的には蒸しアンパンの方が好みかなぁ。黒~は、冷めて生地が落ち着いてからの方が美味しいということで帰宅後に食べた。フルーツケーキよりアッサリした味であるが、蒸し焼きなのでシットリ感は充分♪甘さ控えめなので、つい食べ過ぎてしまいそうな予感・・・(^_^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:酒種アンパン2種、黒のシンフォニー(サンリッチ酵母)
【2006/05/19 22:52】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(4)【Ver.3】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-71.html
【2006/05/18 22:51】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(3)【Ver.4】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-70.html
【2006/05/17 22:27】   | コメント(0) | Top↑



2006年 5月中旬 | ベランダ園芸
自宅教室が延期になったので、ベランダ園芸にいそしんだ。

1段目:ラベンダー、イチゴ、金のなる木、ミント
2段目:ゼラニウム、アジサイ、ミツバ、ローズマリー
3段目:青紫蘇、パセリ、子宝弁慶草
4段目:バジル、オクラ、ローズゼラニウム
5段目:ミニトマト

2006/05/16のベランダ


イチゴは、昨年買った2株のうち1株が枯れたが、その後4株が育って独立した。冬を越した親株・太郎株・次郎株は、花を咲かせ大豆ぐらいの小さな実をつけている。まだ白っぽいが楽しみだ♪虫たちに先を越されないよう、毎朝チェックしなければ!!ミントは、茂りすぎてハダニやアブラムシの巣窟と化しているので、少し切って隙間をあけ風通しを良くした。

ゼラニウムは、もうすぐ咲きそう。アジサイも小さな蕾が見えてきた!どちらも1年前に挿し木して育ててきたもの。ゼラニウムは1年目から花をつけたが、アジサイは今年が初めてだ。ローズマリーもこれら2つの同期生(?)だが、まだ咲いたことがない。来年こそ花を見られるといいなあ。

青紫蘇は、苗が混みあってきたので間引きを行い、3本だけ残した。どの苗も元気なので選ぶのはつらいが、これ以上残すと共倒れになる。間引いた苗は、洗って水気を拭き冷凍した。刻んで薬味にする予定。残した苗が、どうか上手く育ちますように・・・。

バジルは、先端を摘んで成長点を止めた。枝分かれさせて、収穫量を増やすのだ。オクラは、2枚目の本葉が出てきた。定植までもう少しかな?ローズゼラニウムは、パン友Nさんに頂いたもの。(青紫蘇の苗と交換した)昨年は枯らしてしまったので、今年は頑張るぞ~!!

ミニトマトには、支柱を立てた。まっすぐに育てたいので、こまめに芽かきをしている。昨年は、油断しているうちに二股に分かれてしまい、重心が定まらず不安定だった。朝顔用の輪っかになった支柱の方が良いのかな?ああ、そうそう!まだ朝顔の種を蒔いていない・・・。先日コープのカタログで注文した「花と野菜の土」、早く届かないかな~?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ピッツァ(すぐ食べたので画像なし)
【2006/05/16 14:47】   | コメント(0) | Top↑



プルマン | パン
プルマン

今日のパン「プルマン」。山食・ワンローフと食パン系が続き、一日三度パンを食べても消費が追いつかない状況だが、時々練習しないと不安になる。ひところボーズを連発したトラウマから、どうもレンガに傾きがち・・・。今日は上手くいくかなあ?

今回は粉を冷やしていないので、HBで生地を捏ねた。室温23度・粉温25度で、仕込み水温は18度。ちなみに蓋は閉めていない。水温の計算式は「パンこつの科学」に掲載されている。捏ね上げ温度は28.5℃で、ほぼ予定通り~♪

成形は、U字3個詰め。ガス抜きして丸めた生地を、棒状に成形しU字に折り曲げ、型に並べて焼き上げる。この手の成形は端から細かく丁寧に巻いていくことが肝心だが、私はつい大雑把になることが多い。かなりアバウトでも、それなりにパンが焼けるが、プルマンは特に外見にも影響が及ぶので気をつけたい。

焼きあがった生地を取りだすと、見事にレンガ・・・ハァ~(-_-;)2~3分早くオーブンに入れれば良かったな。パンの在庫がタップリあるので、今日は切らなかった。明朝、内相の状態を確認するのが、怖いような待ち遠しいような・・・。

プルマン(カット)


□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン
【2006/05/15 22:22】   | コメント(0) | Top↑



胡桃ブレッド&胡桃コッペパン | パン
胡桃ブレッド

今日は小学校の参観日。ダンナは用があったので、私一人で見に行った。息子の教室を覗くと・・・あ~ぁ~、今年もやっぱり目立ってるぅ~~(-_-#)関西弁でいうところの「イチビリ」ってヤツですわ。イイカゲンにしろ~っという気持ちを込めて息子を睨み付けたが、こっちを見ていないので全く効果なし。くたびれただけ・・・。

さて、帰宅後はパン作り。今日は「胡桃ブレッド」と「胡桃コッペパン」を焼いた。最初は胚芽パンを練習するつもりだったが、小麦胚芽の買い置きが1パックしか無く練習には使えない。その代わり、レーズンブレッドの配合に胡桃を入れて、ワンローフ成型とコッペ成型を一度にやることにした。

だが、FPで生地を捏ねている最中に異常事態発生!生地がベタベタを通り越してドロドロと化している。あーーーやってしまった!機械捏ねなのに、手ごね用の仕込み水を入れてしまった!!慌てて粉を足したけど、ガックリ来たことは否めない・・・。

後は、これといって大きな失敗は無く、ワンローフ成形も久々に上手くいった。だが、1度ケチがつくとトコトン付くもので、今度はデジカメがヘソを曲げた!電源を入れた途端「データが壊れています」という表示が出る。先日、大阪に行った日の朝も調子が悪かったが、復活したと思っていたのに・・・。仕方が無いので携帯で撮影。画質が悪いが無いよりマシ!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:胡桃ブレッド&胡桃コッペパン
【2006/05/14 23:41】   | コメント(0) | Top↑



イギリスパン | パン
イギリスパン

朝寝坊が大好きな私だが、土曜日はゆっくり寝ていられない。ダンナはスポーツクラブ、息子は水泳教室に行くからだ。今朝は、起きた瞬間から腹筋・背筋がだる~~い。筋肉痛の一歩手前かな?昨日重い荷物を担いだせいだろう。体力の衰えを感じるわ。(-_-;)

家族が出かけて時間が出来たので、来週のレッスンに備えて「イギリスパン」を練習。元々得意ではなかったが、最近あまり焼かないせいか以前より腕が鈍った気がする。今回も、見た目はボチボチなのだが、切ったらトップの近くに空洞が!頭では原因が分かっているんだけど、最後の詰めが甘いのよね・・・(T_T)

午後、息子をつれて矯正歯科へ。息子がお世話になっている病院では、治療が前半と後半に分かれている。息子は3年生の頃に前半の矯正を終えて、只今経過観察中。歯の矯正は、いったん治っても骨格の成長とともに元に戻るため、年齢に応じた治療が必要なのだとか・・・。気の長い話である。

その後、図書館に行ったら、近所のパン友Kさん親子とバッタリ会った。以前この近くにあった”紅茶ブレッド”のお店の後に新しく出来たパン屋さんの話題になり、さっそく突撃!!とても小さい店でベーグル専門と聞いていたが、他のパンも一通り置いている。朝パンを焼いたところなので、今回は3種類(ゴマ・チョコ・シリアル)だけ購入した。

で、食べた感想はというと、ゴマは良かったが後は微妙・・・。生地自体は、いかにもベーグルらしいモチモチした食感で好みだったが、チョコとシリアルは、トッピングが派手なわりに味が淡白なので、期待を裏切られた感じなのだ。10種類ほど並んでいたベーグルの中でゴマだけが残り1個だったのも、偶然では無さそうだ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イギリスパン
【2006/05/13 23:30】   | コメント(0) | Top↑



コンプレ | パン
コンプレ

数年ぶりに強力粉の在庫切れが発生!!早く買いに行かねば~と思いながらグズグズしていた。とうとう今日は、家中の強力粉をかき集める羽目になり、さらに全粒粉を足して、何とか「コンプレ」を焼くことができた。ふぅ・・・(-_-;)

午後、直営校に粉を買いに行った。車の運転が苦手な上に駐車場代が高いので、いつも電車を利用している。大きなショッピングカートは必需品。今回は粉を12kg買い、更に油脂類や小倉餡も買ったので、13kgは完全に超えていたと思う。

そんな私にとって、最大の難関は駅の階段である。息子が赤ん坊の頃、よく階段でベビーカーごと抱えあげていたが、粉袋入りのショッピングカートを抱えあげるのは至難の技である。おまけに今日は、普段動いているエスカレーターまで点検中で、本当に泣きたくなった・・・(T_T)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:コンプレ
【2006/05/12 23:55】   | コメント(2) | Top↑



小さなオフ会 | 食べ歩き
今日は、ネッ友Sさんのお招きで、大阪の桜川駅近くに先月オープンしたダイニングカフェ「茶蔵」を訪問した。(画像が大きすぎてブログの表示が崩れるので、クリックで拡大してご覧下さい) かねてよりお菓子作りを勉強中のSさんは、このお店にケーキを納品なさっているのである。

ダイニングカカフェ茶蔵その1

こちらが「茶蔵」の店内である。開店早々に到着したので他にお客さんがおらず、誰にも気兼ねなく撮影できた。オーナーさんが東映のカメラマンだったそうで、和のテイストで統一されている。細部へのこだわりも相当なもので、きっと近々雑誌で紹介されて、人気スポットになるんだろうな~♪

ダイニングカフェ茶蔵その2

二人のお子さんを育てながら現役のMCとしても活躍中のSさんは、私の想像通り、明朗快活で若々しい魅力的な方であった。直接お会いするのは今回が初めてだけど、ネット上では数年越しのお付き合いなので、全然違和感が無かったわ~☆

ダイニングカフェ茶蔵その3

その後、Sさんと一緒にパンとケーキを納品しているMさんが合流なさって、3人+お子ちゃま2名でランチタイム。ランチは2種類で、私とSさんはパスタランチ、Mさんは肉団子がメインのランチをオーダー。ほおぉ・・・美味しい~☆ お子ちゃま達が食欲旺盛なわけである。

ダイニングカフェ茶蔵その4

食事の合間も話題は途切れることなく、あっという間にお開きとなった。Sさんには、お昼をごちそうになった上に手作りケーキをはじめ大量のお土産をいただき、Mさんにはケーキのほか試作中のパンを味見させていただいた。私も一応お土産を持っていったが、昨夜バタバタしながら焼いたミニ紅茶ブレッドと甘食だけ・・・しかも、Sさんのケーキとテイスト被ってるし~~~(^^;)

Sさんのアールグレイ・チーズケーキ、とっても美味しかった♪
本業と副業と主婦業と母親業、4足の草鞋は大変だけど、これからも頑張ってくださいね!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ紅茶ブレッド、甘食
【2006/05/11 20:35】   | コメント(4) | Top↑



一日体験教室(18) ベネチアーノ2種 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-69.html
【2006/05/10 23:45】   | コメント(0) | Top↑



単発教室(8) パンドショコラ&ポービリア | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-68.html
【2006/05/09 22:26】   | コメント(0) | Top↑



2006年 5月の新顔 | ベランダ園芸
上から順に、バジル・ミニトマト・オクラ・青紫蘇。今月のニューフェイスである。

2006年5月の苗

連休中に買った苗のうち、バジルとミニトマトをプランターに定植した。オクラは、もう少し育ててからにしようと思う。パンジーの後釜にするつもりだったが、よく調べたらもっと大きいプランターの方が良いらしい。早く買いに行かなくては・・・。

それから、あっちこっちで大量に発芽していた青紫蘇を集めて、プランターに植えた。一度引っこ抜いても、根っこを土に押し込んでおいたら高い確率で復活する。かなり余ったので、とりあえずビニールポットに仮住まい。友人にメールしたら、引き取ってくれることになった。

ただ、ちょっと気になるのは、他の植物と交雑していないか~ということ。昨年は、すぐ隣に同じシソ科のバジルやミントを置いていて、同時期に花を咲かせていた。”外見も舌触りも青紫蘇だけど香りはミント”なんてことも、実際にあるらしい。どのハーブも好きだけど、混ざると悲惨じゃ~~(^^;)
【2006/05/08 16:22】   | コメント(7) | Top↑



ポービリア | パン
ポービリア

GW最終日は、ものすごい大雨!!明日からの通常モードに備えて休養せよ~っという天の声のようだ。(息子が風邪をひいたので、どっちみち出かける予定は無かったが)連休で緩んだ生活のリズムを引き締めるのは大変だけど、この雨でワンクッション置けたのは良かったかもね。

さて、今日は単発メニューの「ポービリア」を焼いた。前回は、半年ぶりだったので少しオタオタしたが、今回はタピオカ粉の前処理も生地作りもバッチリ♪黒ゴマが足りず白ゴマを足したことや、発酵器の準備が遅れて仕上発酵がテキトーになったことを除けば、概ね良好と言えそう。今回は食べ過ぎに気をつけないと・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ポービリア

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/05/07 21:11】   | コメント(0) | Top↑



ベネチアーノ2種  | パン
ベネチアーノ2種

朝、スイミングがあるのに、息子がなかなか起きてこない。何度も呼んで漸く食卓に着いたが、グッタリして機嫌が悪く食欲も無いようだ。熱は無かったが、ゲホゲホと変な咳をしている・・・イヤ~な予感。大急ぎで小児科へ連れて行ったら、案の定、扁桃腺が腫れていた!早目に受診できて良かったわ。

午後、来週の体験レッスンに備えて「ベネチアーノ」を焼いた。手ごねの練習も兼ねている。最も出番の多いレシピなので、ぶっつけ本番でも大丈夫だと思うけど、今月に入ってから気温の高い日が多いので、生地の状態を確認しておきたい。

室温24度・湿度60%で、手捏ねにはピッタリの条件である。奥の部屋で息子が寝ているので、うるさくないかと気になったが、風邪薬を飲んで爆睡状態の息子には何も聞こえなかったようだ。仕込み水温を高めに設定したが、捏ね上げ温度は26度。少し低いので、湯煎の温度で調整した。

その後は、いつも通り1単位で2種類の成型を行って焼成。まずまずの出来でホッとした。小さい方は、紙製マフィンカップを使ったので、熱風の当たる位置によって少しイビツになったけど。本番も、この調子で上手くいきますように~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ベネチアーノ2種

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/05/06 22:47】   | コメント(2) | Top↑



野菜の苗を購入 | ベランダ園芸
今日は、自宅でノンビリ~のはずだったが、野菜の苗を買いに近くのホームセンターへ。ここは、園芸関係が非常に充実しているのだが、ちょうど植え付けの時期とあって、1Fフロアは花と野菜の苗で溢れんばかり。ゴールデンウィークは、ガーデニングの本格始動の時期でもあるようだ。

今回購入したのは、プチトマト2株・スイートバジル2株・オクラ2株の合計6株。プチトマトとスイートバジルは、昨年経験済みだが、オクラは初めてである。難しいかもしれないが、昨年オクラ好きの息子が植えたがっていたので、まぁ頑張ってみよう。

他にも、ナスやピーマン・キューリ・ゴーヤ等、魅力的な苗がズラリと並んでいたが、ベランダで栽培できる植物は限られている。大きく成長するものよりも、せいぜい50cmぐらいの高さで、強風や水切れに強く、花や葉の多いものが理想的。最も成功率が高いのは、和風ハーブ系(ミツバ・青紫蘇など)だと思う。

今回買った苗は、シーズンを終えたチューリップとパンジーの場所に植える予定だが、例年通り朝顔の種も蒔きたいし、こぼれ種が発芽して育ちつつある青紫蘇も、早く落ち着き場所も確保してやらねば・・・。そんなこんなで、我が家のベランダは年々狭くなっていく。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/05/05 21:39】   | コメント(0) | Top↑



渋滞で疲れたぁ | 暮らし
昨日に引き続き、今度はダンナの実家へ。朝早く家を出たにもかかわらず、渋滞に巻き込まれて、いつもの倍ぐらい時間が掛かった。運転したのはダンナだけど、窓からの日差しが強く暑かったので、同じぐらい疲れた気分。今日は早く寝よ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/05/04 20:54】   | コメント(0) | Top↑



パン・ド・ショコラ | パン
パン・ド・ショコラ

実家への手土産に「パン・ド・ショコラ」を焼いた。1度に3本作れるので、自宅用に1本残しておこうかと思ったが、弟も顔を出すと聞いて、その1本を弟に進呈することに。時々旅行のお土産を貰っているので、たまにはお返ししないとね。

息子は、久しぶりに会った”叔父ちゃん”とすっかり意気投合!一人っ子で同じ年頃の従兄弟もいない息子には、弟がアニキのように思えるのだろうか?!私としては、両親が元気なうちに、早くイモウトを連れてきて欲しいんだけどな~~~~(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パン・ド・ショコラ

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/05/03 23:06】   | コメント(0) | Top↑



ビアースティック (ビール酵母) | 天然酵母パン
ビアースティック

一昨日ビール酵母でパンを焼いて見事に玉砕したばかりだが、残った酵母と酵母入りビールで、もう一度トライしてみた。先日の「ビアーブレッド」の配合を元に、材料を全体的に減らし(←酵母が足りないから)仕込み水全てを酵母入りビールに置き換えている。

生地作りには、今回もFPを使用。材料を減らしたので普段と同じぐらいの生地量になり、楽に捏ねることが出来た。だが、発酵種を使う生地は、オーバーミキシングになりやすいので、前後あわせて15秒いつもより短くした。生地の状態を確認したところ、グルテンが緩む一歩手前という感じでギリギリセーフ☆

捏ね上げ温度は30度弱で、午前8時に湯煎発酵開始。正午(4時間経過)には生地温が25度強まで下がり、お湯を変えようかと思ったが、急に温度を上げると酵母に良くないような気がして、結局そのまま発酵を継続した。

午後4時(8時間経過)まだ殆ど膨らんでいなかったが、発酵を切り上げて分割した。最初は充分に膨らむまで何時間でも待つつもりだったが、これでは酸味が増すばかりだし、長い発酵中に思いついたアイデアを試してみたくなったのだ。

アイデアといっても、別に大したものではない。このまま焼けば、また硬くて重いパンが出来るだけである。だが、硬さは”ポキポキ”の延長線上にあり、重さにはある種の”モチモチ”感がつきまとう。発想を変えれば、「グリッシーニ」や「ポービリア」のように焼きあがるかもしれない・・・。

そんなわけで、スティック状に伸ばした生地を、さらに1時間発酵させ、オーブンに入れて焼き上げた。名付けて「ビアースティック」である。対極にある”ポキポキ”と”モチモチ”のいずれを採るか迷ったが、とりあえずモチモチ系を念頭において、湯&ソフトキーを使用。焼成時間に1分ずつ差をつけて、浅焼・標準・深焼の3種類を作った。

実際に食べてみると、クラストはカリッとしているが、クラムは相変わらずズッシリ!だが、棒状なので食べやすく、前回ほど顎が疲れない(苦笑)。焼成時間については、大差無いように思われた。(しいて言えば深焼が好みかな)いずれにせよ、前回ほど食べるのに苦労しなくて済みそうだ。かなりマニアックな味だけど・・・(^_^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ビアーブレッド(ビール酵母)

テーマ=手作りパン - ジャンル=グルメ

【2006/05/02 20:43】   | コメント(0) | Top↑



| Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。