Top | RSS | Admin


2006年07月

| Top |



フルーツアイス & 夏休みのお知らせ | お菓子
フルーツアイス


今日の「フルーツアイス」は、トロピカルミックス缶(パイン・パパイア・グアバ)とバナナの組み合わせ。バナナも南国の果物だから、まさに100%トロピカル☆バージョン。パパイアの繊維質が残っていたようで少し口当たりが悪かったけど、それ以外は文句なし~♪

□ □ □ □ □ □

明日からしばらく留守にしますので、日記・掲示板・メールの返信をお休みさせて頂きます。
たまにはネットを離れて過ごすのも良いかと思うので、復帰は8/1の予定です。
皆さんも楽しい夏休みをお過ごしくださいね。(^o^)ノ

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:フルーツアイス

スポンサーサイト



【2006/07/22 16:45】   | コメント(0) | Top↑



フランスパンの練習・その5 | パン
フランスパン(カット)


昨日の生地を少し残して、発酵種に使ってみた。結果はもちろんOK♪・・・っていうか、これ発酵種法の本来の在り方だよね?一次発酵・二次発酵の時間は、これまでと同じ。発酵終了後の生地に触わると、微妙にダレている気がした。

今日の成果は、キャンバスからオーブンシートに生地を移動させる時、失敗しなかったこと。色々試して、ついに自分に合った方法を見つけたもんね~☆ 人並みはずれてドンくさい私だが、苦労して身につけたコトはなかなか忘れない。クープは、今回も相変わらずひっかかってしまったけど・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン
【2006/07/21 22:51】   | コメント(0) | Top↑



フランスパンの練習・その4 | パン
フランスパン(カット)

ようやく在庫のパンを食べ終えたので、お昼に間に合うように8時半から生地を捏ねた。環境条件は、室温27℃・湿度70%(雨)。捏ね上げ温度26.5℃(冷却後)で一次発酵へ。その他は、いつも通りなので省略。

いつもと違うのは、捏ねた生地の量。少し余分に捏ねたので、取り分けて次回の発酵種に使う予定だが、この種えらく元気が良い!!いや、これが本来あるべき姿なのでは?!じゃあ、これまで作った発酵種は一体何だったのか・・・前回も前々回も、これほどの勢いが無かったことは確か。

今日の大きな失敗は2つ。成型の時、右手親指の付け根で押さえて生地を綴じ、その後転がして形を整えながら裏側を見たら、なんと綴じ目が2本も出来ていた!どうやら、上側の生地が手前に来過ぎているのに気づかず、そのまま押さえてしまったらしい。(文章だと説明が難しいね~)

もう1つの失敗は、やっぱりキャンバスからオーブンシートへの移動である。今回は、事前に練習したせいか、ちょうど良い位置に置くことは出来たのだが、とじ目が真下でなく真横に!ウソ~~(号泣)むろん再配置したかったが、オーブンシートが生地にピッタリ貼り付いているので、無理に剥がすとガスが抜けそう・・・。結局、そのままの状態でクープを入れて焼成した。

焼減率は21.8%、もうチョイかな。2本のパンのうち、真横に置いたものは三日月のようにカーブしていた。とじ目からガスが逃げたのか、クープも半開き(→さっさとカットして証拠隠滅)。もう1本の真っ直ぐに置いた生地は、それよりもマシだったが、クープの長さが違うせいで開き方がアンバランス・・・ウーン・・・でもメゲナイ(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン
【2006/07/20 18:07】   | コメント(0) | Top↑



フルーツアイス | お菓子
フルーツアイス

美容院に行きたいので、パン作りはお休み。その代わり「フルーツアイス」を作った。本日の材料は、桃缶・バナナ・リンゴの3品。FPで一気にガーッと作ったら、後は冷凍庫に入れるだけ。美容院から帰る頃には、良い具合に固まっているだろう。

さて、自宅教室の生徒さんが注文の品を受け取りに来られたので、ついでに青紫蘇の苗を引き取って頂いた。忘れた頃に発芽したノンビリ屋たちも、そろそろ定植すべき段階に来ていた。我が家のベランダには植木鉢を増やす余裕がないし、生徒さんも喜んで下さるので、まさに一石二鳥である。

美容院から戻った後、今年2度目のバジルの収穫を行い、約半分に切り戻した。ズボラな私は、もっぱら冷凍保存派。茎から切り離してよく洗い、キッチンペーパーと新聞紙に挟んで水気を取って、ジップロックに詰めて冷凍庫へ。出来るだけ空気を抜いて口を閉めるのがポイントね。手早くやらないと変色するので要注意。さぁて、終わったらオヤツだオヤツだ~♪

バジルの香りが染みついた手でフルーツアイスを食べたら、何だか妙な感じだった。視覚・味覚と嗅覚のもたらすものが、頭の中で上手く像を結んでくれない。これがミントなら問題なかっただろうにね。ちなみに夕食はカレーライス、さすがのバジルも敵わなかったようである(笑)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:フルーツアイス
【2006/07/19 21:18】   | コメント(0) | Top↑



フランスパンの練習・その3 | パン
フランスパン

昨日の発酵種を使って「フランスパン」を焼いた。室温27℃・湿度75%で冷水仕込み。捏ね上げ温度は27度(冷却後)。一次発酵は今回も90分(ノーパンチ)かかったが、生地温は27℃のまま。ホイロは室温で約50分、その他はこれまでと同じである。

結果は、ご覧の通りイビツ・・・(-_-;)発酵種については、発酵時間がこれまでと殆ど変わらないので問題なさそう。ただし、レシピに書かれた時間とかなり差があるので、根本的なところで疑問が残る(一応フィンガーテストで確認しているけど)。ガス抜きと成型については「多分こうだろう」と思ってやっているが、残念ながら自分の記憶を信頼できない~~(悲)

ホイロ終了の見極めも、一次発酵と同様に目視と触感で判断しているが、フランスパンの場合は早めが良いと言うから(もちろん早すぎたらダメだが)なかなか微妙で難しい。今日は、これまでより室温が低いにもかかわらずホイロ時間が同じなので、いつもより早めの状態で焼成したことになる。そのせいかどうか、アンバランスなクープには何処となく”無理やり開いた”感が漂っている。

現時点での疑問点・問題点を整理してみた。
1.発酵終了の見極め      
2.ガス抜きを含む成型全般      
3.ホイロ終了の見極め 
4.生地の移動     
5・クープ

要するに殆ど全部ってことで・・・前途多難。ちなみに、今日も生地の移動が上手く出来なかった。どうしても、意図した場所より中央よりに置いてしまう。なんで~?なんでぇ~~??これって成型やクープ以前の問題だよね。幾ら不器用だと言っても、限度があるだろ限度が・・・(涙)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン

フランスパン(カット)

【2006/07/18 21:49】   | コメント(0) | Top↑



ミニトマト最盛期 | ベランダ園芸
ミニトマト

特に予定のない休日なので、久々にゆっくりと朝寝坊♪ 雨なので水遣りもしなくて済んだ。今日の収穫は、ミニトマト10個。最初に買った2株が今ちょうど最盛期なのだ。真っ赤になった段階で収穫しているが、昨年より幾分皮が硬いみたい。放っておくと皮が破れてくるので、収穫時期の見極めが難しい・・・。

ここ数日せっせとフランスパンを食べ続けているけれど、まだ在庫が残っているので、今日は発酵種だけ作っておいた。前回FPで捏ねたら生地温が上がりすぎたので、今回はHBで捏ねてみた。使いモノになるかどうかは、明日以降のお楽しみ~☆ 

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

【2006/07/17 23:30】   | コメント(0) | Top↑



2006年7月中旬 オクラと朝顔が開花 | ベランダ園芸
1段目:オクラの花が咲きました。たった半日で枯れてしまいます。
2段目:オクラの花は小さいけれど、葉は手のひらより大きいです。
3段目:今年も朝顔が咲き始めました。青とピンクの2色です。
4段目:1鉢に5粒も種を巻いたので、只今こんな感じです。

2006年7月中旬 オクラと朝顔が開花


□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/07/16 18:23】   | コメント(0) | Top↑



フランスパンの練習・その2 | パン
フランスパン

昨日のお土産パンがタップリあるのだが、冷蔵庫の発酵種が気になるので「フランスパン」を焼いた。断っておくが、バゲットやバタールではない。本場フランスには主食用のパンについて厳格な規定があり、パン教室で習う”家庭向けのフランスパン”は国際的には規格外品だとか。ただし、フランスパンという名称自体は、フランスには存在しないので別に問題ないようだ。

本日の環境は、室温29度・湿度70%。発酵種は、冷蔵後約72時間経過。捏ね上げ温度は28℃(冷却後)で適温より高いが、これ以下にするのは無理だった。通常なら湯煎発酵させるが、今回は25℃ぐらいの水にボールを入れて発酵させた。約90分(ノーパンチ)で発酵終了。

成型は、昨日の研修でやったばかりだが、まだ細かい点が幾つかあやふや。今度、勉強会で聞いてこなくては・・・。約50分の自然発酵の後、オーブンシートの上に移動させたが、今回またまたアクシデント発生!1本目の生地をド真ん中に置いてしまい、動かそうとして生地を持ち上げたらボテ~ンとテーブルの上に取り落としてしまった!!あうぅぅぅーーーーまたやっても~た~(ToT)

とりあえず、オーブンシートの上に2本の生地を並べ、気を取り直してクープを入れた。勢いが足りず途中で引っかかってしまったので、本当はイケナイことだが1度目のクープをなぞって入れ直し。その後のクープも、角度が悪かったり引きつれたりして、どれも満足できるものではなかった。

焼きあがったフランスパンは、微妙な出来栄え。成型の時に出来たと見られる不自然な空洞を発見した。前回と同じ発酵種を使ったが、生地の勢いは今回の方が強かったと思う。経過した時間の差だろうか?気泡は、少しは入っているけど、まだまだ物足りない感じ。試食は、そろそろ飽きてきたけどね(苦笑)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン

フランスパン(カット)

【2006/07/15 22:01】   | コメント(4) | Top↑



夏期研修’06・後半 | パン教室
夏期研修’06・後半

今日は、夏期研修の後編。本日のお題は「フォカッチャ」「メロンパン」「デニッシュペストリー」「セミハードブレッド」「セサミツォップ」「パンドカフェ」「プレッチェル」「チーズロール」「デコレーションサンド(デモ)」そして研修特別メニュー「セレアル」で、Ⅱコースの残りとⅢコースの内容を、変更箇所を中心に復習した。

(↓お昼に食べたチーズロールとフォカッチャ)
夏期研修’06・後半(昼食)

特別メニューのセレアルは、シードミックス入りのフランスパン。割としっかりした生地なので、キャンバスからオーブンシートの上に移す時も楽だった。蒸気注入して焼き上げる。今回のクープは、私にしてはまぁまぁ・・・かな?!(←元々そんなに開かないらしい)内相は、撮影するのを忘れたけれど、気泡があまり見られなかった。まだまだ先は長い・・・(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フォカッチャ、メロンパン、デニッシュペストリー、セミハードブレッド、
      セサミツォップ、パンドカフェ、プレッチェル、チーズロール、
      デコレーションサンド(デモ)、セレアル(研修特別メニュー)
【2006/07/14 22:00】   | コメント(4) | Top↑



フランスパンの練習・その1 | パン
フランスパン

今年一番の暑さのせいか、朝から脱力系だるだるモード。頭も身体も思うように動かない。あまりにもシンドイ→ちょっとソファに横になる→頭の中が真っ白に→十数分後にハッと気づいて起きる・・・一日中その繰り返しであった。

ところが、そんな日に限ってやるべき事がドッサリあって、ゆっくり寝てもいられない。(今日まで後回しにしていた自分が悪いのだが) そのうちの一つが「フランスパン」の練習である。何もこんな日に焼かなくても~と思うのだが、昨日作った発酵種のことが気になって落ち着かない。それに、家事の合間に作業をすれば、あまり眠くならないかも・・・。 

本日の環境条件は、室温30度・湿度70%。発酵種は、1時間放置して24℃に。粉と水を冷やしておいたが、捏ね上げ温度は目標値をはるかにオーバー。大急ぎで冷やしたけれど、室温より低くするのは至難の技。発酵種をもう少し低くしておけば良かった。かなり無理をして生地温を下げたが、発酵中に28℃ぐらいまで戻っていた。

一次発酵は、約80分掛かった。本当はもっと短時間で済むはずだが、発酵種の出来が今ひとつなので、まぁこんなものだろう。二次発酵は、布取りで約50分。エアコンなしで頑張っていたので、室温・湿度は申し分ない状態のはず。発酵終了の見極めは、外見と触感で判断したが、あれで良かったのかどうか・・・。

その後、オーブンシートに生地を移すのだが、実はコレが大の苦手!!せっかくホイロまで良い状態で来ても、ここで失敗したら取り返しがつかない。ある有名な方のHPで、移動用の板にパンストを被せて使う方法が紹介されていたので試してみたら、本当にくっつかなかった。こりゃ便利~♪あいにく、生地が中央あたりで少し曲がってしまったが、いつもに比べたらかなりマシ。

生地を移した後は、いよいよクープ。理論的なことは分かっているつもりだが、私の場合、脳ミソと指先が繋がっているとは必ずしも言えないので、上手くいくとは限らない。予想通り(?)理想的なレモン形にならなかったし、エッジも立っていなかった。今後の課題が山積みだけど、夏の間に少しでも上手く焼けるように頑張ろう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン

フランスパン(カット)

【2006/07/13 23:52】   | コメント(0) | Top↑



フルーツアイス | お菓子
フルーツアイス

予定していたレッスンが延期になったので、今日から約2ヶ月の夏休み。ちょっと休み過ぎかもしれないが、夏休み中は息子がいて何かと落ち着かないし、暑くて準備が大変だし、それに検定の練習もしておきたい。いよいよ今年はフランスパンなので、果てしなく不安・・・(-_-;)

さて、せっかく時間が出来たので、今日も「フルーツアイス」を作った。今回は、パイン缶・バナナ・リンゴの組み合わせ。生の果物だけで作った前回は、甘味の点で少々物足りなかったが、今回はパイン缶がメインだから大丈夫。むしろ、私には甘すぎたので、次はバナナをメインにして見ようかな?!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:フルーツアイス
【2006/07/12 21:30】   | コメント(2) | Top↑



本科パンⅠー(1)【Ver.6】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-85.html
【2006/07/11 17:23】   | コメント(0) | Top↑



ブレッチェン&ウィンナーロール | パン
ブレッチェン&ウィンナーロール

予定が中止になりポッカリ時間が出来たので「ブレッチェン」と「ウインナーロール」を焼いた。久々の手ごねである。ただし、まだ前のパンが残っているから1/2単位だけ。夏期研修の時は、先にピザの生地を捏ねたせいか意外と捏ねやすいと感じていたが、あらためて自宅で捏ねてみると、やっぱり捏ねにくい・・・慣れたらそう思わないのかもしれないけど。ただし、間違いなく改善されたことが1つある。音が響かない!これは嬉しい!!

室温26度・湿度70%で、捏ね上げ温度は31度。1/2単位の捏ね方に慣れていないので、念のため仕込み水の温度を高めにしたが、少々やりすぎたようだ。手捏ねなので無理に下げることもあるまいと思い、そのまま発酵させた。その後の工程も順調そのもの♪

だが、オーブンの中で異変発生!!ウインナーロールを焼き上げた後、引き続きブレッチェンを焼いたのであるが、いつもは中央に桃のような窪みを残して焼きあがるのに、あるものは中央が膨らんで盛り上がり、別のあるものは底面に亀裂が入り・・・今日に限って一体どうして?!

底に亀裂が入ったものを切って見ると、中に大きな空洞が出来ていた。どうやらガス抜きが甘かったらしい。中央の窪みが消えてしまったものには空洞は無かったが、思い当たるフシがある。二次発酵の進行が意外と早く、ウインナーロールが焼きあがるまでの2~3分間、天板に並べた状態で待たせてしまった。その間も発酵が進むので、表側の窪みが消えてしまったのではないか?

レッスン当日はエアコンを使用するので、たぶん大丈夫だと思うが、暑い時期のパン作りは予期せぬことが多くて大変だ。無論、大変なのは人間だけで、イーストにとっては至極快適なのだろうけどね。そんなイビツなブレッチェンだが、味は問題なかった。今後は、焼成する直前まで決して引っくり返すまい!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブレッチェン、ウインナーロール
【2006/07/10 21:44】   | コメント(0) | Top↑



ナッツロール&フルーツアイス | パン
フルーツアイス

特に予定がなかったので、今日もレッスンの予習をすることに。まず「フルーツアイス」を作って、その後パンを焼く。今週登場するレシピの中で、ブレッチェン&ウインナーロールは、先日の夏期研修でおさらいしたばかりだから、パンⅡの「ナッツロール」を練習した方が良さそうだ。

フルーツアイスは、FPを使って作る簡単アイスである。好みの果物を凍らせて砕き、他の材料と一緒に回して出来上がり~♪今回は、生のバナナとリンゴを50%ずつ入れて作ってみた。結果は、甘味の点で少々物足りない感じ。次回はフルーツ缶を加えてみよう。

ナッツロールは、3種類のナッツをたっぷり入れたパンである。成型は、コッペ形とスティック形の2種類。同じ生地だけど、成型の違いで食感も微妙に違う。コッペ形でナッツたっぷりというと、パンⅠの胚芽パンと似ているが、同じコッペ形でも成型手順が違うし、ライ麦粉配合でクープも入れるから、こっちの方が若干難しい。

夏期研修のパンが残っている(←冷凍中)ので、今日は1/2単位しか作らなかったが、第二のコッペ成形も何とか上手く出来てヤレヤレ・・・。普段あまりやらない成型だから、生徒さんの前で失敗しないように気をつけないとね。これでまたパンが増えたので、しばらくの間ご飯を食べられそうにないわ~~(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン :ナッツロール
本日のお菓子:フルーツアイスクリーム

ナッツロール
【2006/07/09 16:20】   | コメント(0) | Top↑



サバラン | パン
サバラン

ダンナと息子が朝から出かけたので、来週のレッスンの予習をしようと思ったが、昨日のお土産パンが山ほどあるせいか、どうもやる気が湧かない。それほど暑くもなく外から心地よい風が入ってくるので、気がついたらソファでうたた寝していた。あぁ、もぅ起きられな~い・・・zzz

そんなわけで、昼間は何も出来なかったが、夕方になって家族が帰宅すると漸く眠気が覚めた。となると、やっぱりレッスンのことが気になって、「サバラン」を練習した。サバランは、パンというよりイースト菓子と呼ぶのが正解だ。それほど難しくはないが、焼成後の作業が多いので、下準備がポイントになりそう。

写真のイチゴは、もちろん本物の生イチゴ。7月にイチゴ???と思われるだろうが、これは我が家のプランターで採れたもの。季節遅れの花を咲かせた株が1つあり、それがメデタク実ったのである。2つしか取れなかったが、やっぱり生クリームにはイチゴが似合うわ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:サバラン
【2006/07/08 23:26】   | コメント(0) | Top↑



夏期研修’06・前半 | パン教室
夏期研修’06・前半

今年も夏期研修がスタート!二日間コースを申し込んだので、パンⅠ全部とパンⅡの途中までの内容を今日一日で受講した。参加者がベテランの先生方ばかりなので、付いていけるかな~っと内心緊張しつつも下手で元々と開き直る私。例年通り、帰る頃にはパンのお土産が山のごとし~~\(@o@;)/ この状態で予習パンを焼くのは、かなりキツイ。でも・・・あぁ・・・。

研修だけで日記のネタとしては充分なのに、今日はそれだけでは済まなかった。帰りに病院に寄ろうとしたら電車を乗り間違えかけたり、めったに乗らないバスに乗ったら遠回りの路線でかえって時間が掛かったり、家の鍵を失くしたという息子を連れて学校まで探しに行ったり(←無事発見)・・・もぅね、3日分ぐらい疲れたよ~~~(T_T)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブレッチェン、ウインナーロール、あんぱん、かのこうぐいす、チーズパン、
      甘食、イギリスパン、ピザ、コンプレ、胚芽パン、プルマン(デモ)、
      ロールパン、バターロール、チョコチップロール、ナッツロール、
      プラリネオランジェ(研修特別メニュー)

【2006/07/07 22:39】   | コメント(8) | Top↑



爆睡の日 | 暮らし
朝から体調不良。背中から腰にかけて痛みもある。来週の予習をするつもりだったが、どうも気力が湧かない。こんな日に無理してもロクなことがないので、もぅスパッと休んで充電日にしてしまおう!このところ睡眠不足で、たまには爆睡したいと思っていたのよね・・・。

そんなわけで、家族を送り出した後ちょっと横になったら、それこそ電池が切れたように眠り込んでしまい、息子が帰宅するまで気づかなかった。その息子も、すぐに遊びに行ってしまったので、遅い昼食を取った後また寝なおして、結局起きたのは5時過ぎ!!本当にグータラな一日だったが、おかげで腰痛が治ったよ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/07/06 20:50】   | コメント(2) | Top↑



本科パンⅠー(3)【Ver.5】 | 自宅教室
↓こちらをご覧下さい。
http://dreambasket.blog34.fc2.com/blog-entry-84.html
【2006/07/05 23:25】   | コメント(2) | Top↑



頑張れ☆イチゴの苗 | ベランダ園芸
上段:イチゴの苗が増えて管理が大変なので、ランナーを切りました。
中段:そのうち4株は、根がしっかり張っていなかったらしく、萎れて危険な状態に・・・。
    気になって何度もベランダに出て様子を見ています。今夜がヤマかも~~(T_T)
下段:今ごろ発芽した青紫蘇の苗。ノンビリ屋です。

2006年7月 頑張れ☆イチゴの苗


ベランダに出るたびに土を触り、そのつど薬用石鹸で手を洗うので、夏だというのに手荒れになりそうな今日この頃です・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/07/04 21:06】   | コメント(0) | Top↑



レーズンブレッド&甘食 | パン
レーズンブレッド&甘食

今日は「レーズンブレッド」と「甘食」を予習。前回焼いてから二ヶ月も経たないのに、もう細かいことを忘れている。いや、それは問題ではない。問題は、この前焼いたばかりだから大丈夫~っと、自分の記憶力を過大評価することだ!テキストを読み返さないものだから、つい初歩的な失敗をしがちである。

ワンローフ成型のミスについては、つい先日書いたところだが、今日は別の理由で失敗した。レーズンが足りないので、食材整理を兼ねて残り物のオレンジピールを入れた。捏ね上げ温度は30℃で、丁度ピッタリ~☆ 少しベタつき気味なのが気になるが・・・。さぁ、発酵の合間に甘食を作ろう。

甘食は1/2単位にしたので、とっても楽チン♪ 今日は楽勝~っと思っていたが、焼き上げた後で仕上げ作業を一部忘れていたことに気づく。ヤレヤレ・・・やっぱり練習しておいて良かったわ。レーズンブレッドの生地は、オレンジピールを加えたせいか酷くベタベタに。わーん(ToT)やっぱり仕込み水を減らせば良かった!!

成型できるギリギリの線といった感じで何とか麺棒をかけたけど、裏側(成型後は表)がキャンバスにくっついて、剥がすのが大変だった。ところが、焼き上がりを見ると、成型で傷めたところが何気なく隠れているので、一見しただけでは分からない。この変則的なレーズンブレッド、自分でいうのもナンだが、一日経ってもシットリしていて本当に美味しいよ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:レーズンブレッド、甘食

【2006/07/03 23:25】   | コメント(0) | Top↑



2006年 7月の新顔 | ベランダ園芸
1段目:息子の趣味で買った食虫植物たち (左=ウツボカズラ/右=ハエトリソウ)
2段目:水遣り用の便利グッズを買ってみました。何日もつのかな?
    橙色の錠剤は蟻退治用。(お隣のベランダから遠征している模様)
3段目:ミニトマトが色づいてきました。美味しそう~♪
4段目:あいかわらず成長の遅い、正体不明の謎の草。

2006年7月の新顔


□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/07/02 17:48】   | コメント(0) | Top↑



イギリスパン | パン
イギリスパン

今日は「イギリスパン」。昨日ミニサイズを焼いたばかりだが、標準サイズも一応やっておきたい。成型の練習がメインなので生地作りにはHBを使ったが、捏ね上げ温度が適温だったにもかかわらず、50分経っても発酵に勢いが感じられない。先日のレッスンで手ごねした時の方が、はるかに元気な生地だった。

もしかして、仕込み水に使った冷水がドライイーストに直接触れてしまった・・・とか?!膨潤させてから使う方が良いことは重々承知だが、HBで捏ねよ~っと思うのは手間暇かけずにパンを焼きたい時なので、起きるべくして起こった事態。せめて時間ぐらいは充分に掛けるとしよう。

分割とベンチタイムを経て、いよいよ問題の成型である。以前はプルマンの方が苦手だったが、最近では逆転している。今回の場合も、焼き上がったパンの外見はまぁまぁだけど、内相に穴があって出来栄えは今ひとつ。昨日の方が良かったわ。(←ワンローフ形は間違えたけどね)

7月に入り、そろそろ検定の課題が気になってきた。今年はフランスパン。前日から仕込みがあるので、計画的に練習しなければならない。私は、その日の気分で焼くパンを決めるタイプなので、ペースを掴むまで大変だろうな・・・。とりあえず、夏期研修を受けてからの話だけど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イギリスパン
【2006/07/01 23:18】   | コメント(0) | Top↑



| Top |