Top | RSS | Admin


2006年11月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



ドレスデン・シュトーレンの試食 | パン
ドレスデン・シュトーレン(カット)

今日で十日目を迎えた「ドレスデン・シュトーレン」、クリスマスまで4週間を切ったことだし、そろそろ食べてみようかな?そんなわけで、さっそく試食。食べる時は、真ん中から切るのがお約束。乾燥を防ぐため、断面同士をピッタリ合わせて保存するのである。

2個焼いたシュトーレンのうち、今回切ったのは最初に成型した方である。伸ばし方を間違えて平べったくなったので、断面も妙に細長い。本来のドレスデン・シュトーレンは、シットリした食感でありながら、口に入れるとホロホロと崩れていくものと、以前どこかで読んだ。それなら、うちのコ達は今年も大正解よね~♪

明日と明後日は、日記・掲示板・メールの返信をお休みします。m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト
【2006/11/28 23:17】   | コメント(0) | Top↑



コルネ | パン
コルネ

先週に引き続き「コルネ」を焼いた。コルネの成型は難しい。なぜなら、コルネは日本で生まれた菓子パンの一つで、パン屋さんだけでなくスーパーやコンビニでも簡単に買える。つまり、日本人の殆どが知っているから、失敗すると誤魔化しようがない。袋入りパンの呪縛、ゆめゆめ侮るべからず!

前回は1単位分の生地を全て成型したため、時間が掛かりすぎて良い結果に繋がらなかった。そこで今回は、2/3単位に減らし、長さも伸ばしすぎないように気をつけた。長く伸ばすと、巻く回数が増えることによりコルネ特有の形を強調できて良さそうに思えるが、その分リスクも高くなるからね。

あれこれ悩みながらも無事に成型を終え、「よーし、これなら!」と期待したのもつかの間、仕上げ発酵を終えてオーブンに入れた生地は、私の意図しない形に膨らんでいく~~~(-_-;)原因は、ガス抜きが甘かったとか、伸ばし方が悪かったとか、巻き方がキツすぎたとか・・・。

思い当たることは幾つもあるが、色々考え過ぎて逆効果になった気がする。あまり深く考えず手のひらに任せた方が良いのかもしれない。(いささか開き直り気味)そうそう、今回はチョコクリームもレシピ通り1単位分作ってみた。やっぱり、コルネにはチョコクリームの方がしっくり来るね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:コルネ
【2006/11/27 22:21】   | コメント(0) | Top↑



アマンド・プチ | パン
アマンド・プチ

今日は、1年ぶりに「アマンド・プチ」を焼いてみた。クリスマス講座で、ドレスデン・シュトーレンの相方を務めるレシピである。ドレスデンがマニア受けするのに対し、こちらは万人受けするタイプ。よほどのヘソ曲がりでない限り、喜ばれること間違いなし!むろん、失敗していなければの話だが。

このパンは分割数が多いので、今回は1/2単位で作ることに。量が少ないと捏ね上げ温度が上がりやすいので、あらかじめ冷やした粉を使用し、なんとか適温の範囲内に納めた。とてもリッチな配合だが、意外と扱いやすい生地である。ゆっくりじっくり発酵させよう。

発酵の間にトッピングのアーモンドクリームを作り、さらに栗のフィリングを用意。今回使う天津甘栗は、1年近く洋酒に漬けておいたもの。天津甘栗の保存は、皮ごと冷凍するのが一般的だが、私は皮を剥いて漬け置きしている。嵩が減るし常温保存できるので、我が家のように冷凍庫に余裕がない場合はオススメだ。

分割とベンチタイムを経て、フィリングを包んだ生地を型に入れ、天板に並べて仕上げ発酵へ。紙製マフィン型が残り少ないので、半分はアルミカップに入れた。生地量が同じでも、形が違うと微妙に食感が変わるから不思議。焼成前にトッピングを絞り、オーブンに入れて焼き上げた。グ~ンと釜伸びしてイイ感じである♪

焼成後、完全に冷めるのを待って飾りつけ。”チェリー版”と”マロン版”の2通りあるのだが、今回はマロン版の線描きチョコをアイシングで代用した。天津甘栗とチョコの色が似ているので、まだ白の方が良いかな~と。チェリー版は、最後に粉糖をかけたら、綺麗な赤がボンヤリくすんでしまった。順番が逆だ!あれ?去年も同じ間違いをしたような気が・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ

アマンド・プチ(飾りなし)

【2006/11/26 22:12】   | コメント(0) | Top↑



紅茶専門店にて | 食べ歩き
ティーコゼ

三宮に出かけたら、土曜日なので凄い人ごみ!!疲れるよ~~(x_x;)出かけるたびに町並みが微妙に変わっていて「いつの間にこんな店が?!」てなことも少なくない。すっかり浦島太郎な私。用事や幾つかの買い物を済ませた後、ふと思いついて、久々に紅茶専門店Mに入った。関西では有名なお店(の支店)だが、庶民的なお値段が嬉しい♪

ちょうどランチタイムとティータイムの隙間に当たったのか、それほど混んでおらず、奥の4人がけのテーブルに一人でゆったり座れた。そこは喫煙席だが、その時は誰も吸っていなかったので禁煙席と変わりなし。オーダーは、スコーン&紅茶のセット。紅茶専門を謳うお店では必ずそうしている。やっぱり定番でしょ?

スコーンセットの紅茶は、店により指定された「プライド・オブ・スリランカ」。もちろんポットサービスで、ストレートなら2杯半、ミルクを足せば3杯飲める。スコーンは2個で、生クリームと2種類のジャム(苺&リンゴ)が添えられていた。空腹だったこともあり、ごくごく自然に完飲完食!!

ティーポットに被せたあったティーコゼがユニークで可愛かったので、思わず携帯でパチリ~☆(鼻の部分が注ぎ口になっているのよ)シナモン・ティー等のスパイスティーにも心惹かれるので、次は単品同士でオーダーしても良いかなぁ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/25 22:40】   | コメント(0) | Top↑



ブリオッシュとコルネ | パン
ブリオッシュ

丸々二日もパンを焼いていなかったので、来週のレッスンに備えて「ブリオッシュ」「コルネ」を各1単位ずつ練習した。室温23度(湿度不明)で冷水使用、粉はいずれも常温のまま。捏ね上げ温度は、コルネはOKだったが、ブリオッシュはオーバーし大急ぎで冷却した。う~む、やっぱりブリオッシュは手強い・・・コルネも、柔らかいので相当手強いが。

成型は、コルネ→ブリオッシュの順に行ったが、どちらも数が多いので大変だった!特にコルネは、仕上げ発酵の時間が短いため、成型時におけるタイムラグの影響が出やすい。今回の出来も酷いものだった(涙)これはもう一度練習が必要だなぁ・・・。一人で作る時は、1/2~2/3単位ぐらいが丁度良いような気がする。今日は、使い残しのマロンクリームを詰めてみた。

これに対してブリオッシュは、分割数は多いけれど基本的に丸めのみだし、コルネよりリッチな配合なので、影響が出にくいようだ。今回は、ムスリーヌは1個だけにして(先日ベネチアーノの生地で作ったから)ア・テートとシュクレを半分ずつ練習した。はじめに成型した幾つかは、うなだれていたけれど、軒並みトップがズリ落ちていた昔に比べたら、だいぶ改善されたかな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブリオッシュ、コルネ(マロンクリーム入り)

コルネ

【2006/11/24 00:07】   | コメント(0) | Top↑



息子、ミニバスの練習試合に出る | 子育て
息子がミニバスの練習試合に出るというので、応援しに行った。会場は他校の体育館で、朝の9時から夕方まで試合がギッシリ!!(その中で息子が出してもらえたのは、合わせて10分ほどなんだけどね・・・)保護者は、体育館2階のテラスから見るのだが、コンクリートの冷たい床で、しかもスリッパを忘れたので、足腰が冷えて本当に辛かった。

試合終了後、車で迎えに来てくれたダンナに、お気に入りの讃岐うどん店に連れて行ってもらった。身体の芯が冷え切って、車内を暖房しても少しも温まらないので、とにかく暖かいものが欲しかった。その店は、市内の讃岐うどんファンの間では有名で、週末はよく行列が出来ている。近頃多いセルフ形式の店に比べて料金は高めだが、それでもまた来たいと思える数少ない店なのだ。

いつもは一玉しか食べない私だが、今日は寒さのあまり(?)2玉オーダー。幾ら何でも多すぎかな~と心配したが、つるつる調子よくお腹の中にすいこまれ、殆ど全部一人で食べてしまった・・・あ~ぁ(^^;)いずれにしても、今日は疲れたので早めに寝よう。お休みなさい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/23 20:25】   | コメント(0) | Top↑



運転は怖いよぅ・・・ | 暮らし
用事があって朝から親戚の家に向かったら、ゴト日でもないのに高速道路に車がギッシリ!平日に訪問することはあまり無いから、これが普通なのかもしれない。ノロノロ運転だと、どうしても眠くなる。こりゃヤバイ!!気を紛らわせようとラジオをつけたところ、たまたま面白かったので何とか復活。危なかったぁ・・・。

先方で昼食をご馳走になってから帰途についた。車は多いものの渋滞というほどではなく、快適にスイスイ走れる。だが、快適すぎても時に災いとなる。よく通る道なので大して緊張感もなく、おまけに満腹だったので、午前中以上の眠気に襲われたのだ。しかも今度は飛ばしてるから、目を閉じたら最後、確実に死ぬ!!次のPAがはるか遠くに感じられた。

もちろん、私だって無策だったわけじゃない。ラジオをつけたり音楽を聞いたりしたが、ほとんど効果なし。なにしろ運転中だから、それ以上難しいことは出来ない。あぁ、眠気防止のガムでもあれば~~!!他に打つ手が無いので自分で自分の舌を噛みながら、瞼を閉じたくなる誘惑と闘った。

幸い、強烈な睡魔は一時的なもの(5~10分?)だったようで、次のPAに着く頃には回復し、何とか無事に帰宅できた。自宅の駐車場でエンジンを切った時、車の神様に感謝したことは言うまでもない。でも、一つ間違えたら大事故じゃないか!!!運転中は眠くて判断力を失っていたが、こういう時は無理しても路肩に止まるべきなのかな?やっぱり運転は怖いよぅ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/22 18:04】   | コメント(0) | Top↑



一日体験教室(20) ベネチアーノ2種 | 自宅教室
自宅教室ブログ、本日分をUPしました。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。
【2006/11/21 22:52】   | コメント(0) | Top↑



成型の分類 | パン
成型の基本

急に頭に浮かんできたので、書き留めておいた。
色んな成型が登場するけれど、だいたい15パターンに分かれるようだ。
(ちなみにホイロ後の成型は対象外)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/20 23:07】   | コメント(0) | Top↑



ドレスデン・シュトーレン | パン
ドレスデン・シュトーレン

今年も「ドレスデン・シュトーレン」を焼いた。まだクリスマスはずっと先だが、このパンは焼成後しばらく寝かせておくので、これでも決して早すぎることはない。本場ドイツでは、待降節(クリスマスまでの4週間)の各週末に薄く切って食べるそうで、クリスマスには欠かせないお菓子である。

私自身は、ドイツと縁もゆかりも無いのだけど、ドライフルーツもナッツ類も大好物だし、季節感を味わえる数少ないレシピなので、この時期になると無性に焼きたくなるのよね。ちなみに、先週はパネトーネを焼いたが、こちらも大好き♪12月前半はシュトーレン、後半はパネトーネ、当日はケーキというのが、我が家の黄金パターンかな~☆(食べすぎ?)

今回は、室温22℃・湿度60%(雨天)。捏ね上げ温度が23℃と低かったので、湯煎で調整して25℃まで上げた。バターを1時間ぐらい室温に置いておいたが思ったほど緩んでおらず、ドライフルーツも寸前まで冷蔵庫に入れておいたので、粉類は常温のままで良かったのかも。

生地温が低かったので一次発酵を長めにとったが、後はだいたいレシピ通り。1単位で2本作るのだが、うっかり成型を間違えて、片方だけ妙に幅広くなってしまった。極めて単純な成型なのに一体どこでどう間違うのかと言われそうだが、1年ぶりなのでご勘弁を・・・。

焼き上がったシュトーレンにたっぷりバターを塗り、粉糖をふりかけて出来上がり!前述の通り、味見は1週間ほど熟成させてから。上手く出来ていたら、クリスマス講座の生徒さんに、試食用として召し上がって頂く予定である。え、お申し込みがなかったら?!もちろん私が食べるわよ~♪♪♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドレスデン・シュトーレン
【2006/11/19 17:01】   | コメント(3) | Top↑



ベネチアーノ | パン
ベネチアーノ

来週の体験レッスンに備えて「ベネチアーノ」を焼いた。授業以外で手捏ねしたのは、9月上旬以来である。9~10月は穏やかな安定した気候が続いていたが、先週に入って木枯らし1号が吹き、一気に季節は晩秋へ。手捏ね中の生地の状態も変わってくるから、確認しておかなければ。

室温22℃・湿度60%、仕込み水温は秋バージョンで捏ね上げ温度は25℃。湿度が高いのは、たまたま天気が悪く洗濯物を室内に干していたからだ。2ヶ月前に比べ、捏ね上げ温度が5℃も下がっている。これ以下だとイーストの活動が鈍り、発酵が長引く。今日みたいに自宅用のパンなら構わないが、レッスンの場合は厄介だ。湯煎の温度を少し高めにして、生地温を調整した。

練習用に焼く時、従来はベネチアーノAにアルミ丸浅型を使っていたが、今日は本番で使う紙型と同じ12cmデコ型を使用。ただしブリキ製で型の高さが違うので、仕上げ発酵の目安が変わる。紙型に比べて焼成時間も短めだ。幸い、このパンは既に何度も焼いており、だいたいの時間も分かっているので殆ど混乱は無かった。

ベネチアーノAは、スタンダードのあられ糖版とアーモンドスライス版の2個を作成。ベネチアーノBは、1つを除いてブリオッシュ型に入れて焼いた。頭のないムスリーヌ形である。残りの1つは、紙製のマフィン型に入れ、ベネチアーノA・プチ版を作成。おぉ、結構イイ感じ~♪

粗熱が取れたベネチアーノBは、トップを丸く切り取って中にジャムを挟み、粉糖で仕上げた。チープな印象だけど、マロンクリームより気軽に食べられるから、自宅用には丁度良い。レッスン当日は、今日よりさらに室温が下がる可能性が強い。そろそろ暖房が必要かなぁ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ベネチアーノ
【2006/11/18 16:27】   | コメント(0) | Top↑



ショコラノエル&フロマージュブレッド | パン
ショコラノエル&フロマージュブレッド

今日は、支部校にて本部からの業務連絡と勉強会があり、一足早くクリスマス講座を受講した。本日のお題は「フロマージュブレッド」「ショコラノエル」の2品である。事前にクリスマス講座のパンフレットで画像を見て(公式サイトでも閲覧可能)どんなパンかと色々想像していたのだが、予想を上回る豪華さで、年末を飾るにふさわしい内容であった。

フロマージュブレッドは、その名の通り、クリームチーズとオレンジ、ナッツを巻き込んだ大きめの編みパンである。それほど複雑な成型とは言えないが、バランス良く編むのが難しくてイビツになってしまった。試食すると、クリームチーズとオレンジの酸味がマッチした私好みの爽やかな甘さに、思わず口元が緩む緩む~☆ これは家でも絶対に作ろう。

ショコラノエルは、ドライフルーツてんこ盛りの生地にガナッシュを流し込む、超リッチなイースト菓子である。配合も作り方も通常のパターンと大きく違う。ケーキ作りのノウハウがあれば、それほど難しくないのだろうが、焼きっぱなし専門の私は、目を白黒させながら作ったよ~~(@_@;)

焼き上げたショコラノエルは、冷めてから箱に入れてお持ち帰りとなる。私は夕方から用事があったため、早く帰ろうとして完全に冷める前の生地を無造作に持ち上げたところ、真ん中からグニャッ!!ひぃぃぃぃ~(TToTT)~~っ、最後の最後でそんなアホな・・・(泣)

幸い、ショコラノエルの折れた部分は、粉糖で上手く誤魔化すことができたが、後でパンフレットの写真を見たら、中央部に粉糖が掛かっていないじゃないの!(どっちみち仕方ないけど)今回は、ショコラノエルを試食する前に帰宅してしまったので、家で写真を撮った後、折れた部分を少し切って食べてみた。うはははは、チョコレートケーキに似た濃厚な味わいに大満足~~♪♪♪ただ問題は、自分一人で作れるかどうかだなぁ・・・。 

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ショコラノエル、フロマージュブレッド
【2006/11/17 23:31】   | コメント(2) | Top↑



本科パンⅡー(3)【Ver.4】 | 自宅教室
自宅教室ブログ、本日分をUPしました。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。

【2006/11/16 21:46】   | コメント(0) | Top↑



ダンナのPC、突如壊れる | 暮らし
ダンナの自宅用ノートPCが、何の前触れもなく突然壊れた!!どうやらハードディスクがイカれたらしい。だが、私のPC(デスクトップ)より後で買ったモノなのに、まだ2年余りしか経ってないのに、そう簡単に壊れていいのか?!

当の本人は、家では殆どPCに触らないので大して重要なデータも無いらしく、平然としているけれど、これが私のPCだったらショックのあまり寝込みそう・・・。たまにはバックアップを取っておかねば~と反省する今日この頃。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/15 20:44】   | コメント(0) | Top↑



食品衛生責任者講習 | パン教室
食品衛生責任者修了

今日は、「食品衛生責任者」の講習会に出席した。一般的には知られていない資格だが、食品関係の店を開く時に欠かせないものだ。調理師や栄養士、医療関係者など専門知識を持つ人は受講不要だが、それ以外は一日講習を受けることで資格を得ることが出来る。

私が店を始める可能性はゼロ以下だが、あっても困るものじゃないし、一度きちんと衛生関係の勉強をしたいと思っていた。講習会の日時は固定なのでいつでも受けられるとは限らないし、いったん機会を逃すと案外まわってこないものだ。ネッ友さん達の励ましもあって、その場の勢い(?)で申し込んでしまった。

会場は、神戸ハーバーランドにある産業振興センターの大ホールで、座席数と天井の高さは映画館並み!さすがに満席とはいかないが、半分以上は確かに埋まっていたと思う。受講者の年齢層は、20~50代ぐらいかな?小売店経営者だけでなく、研修目的で大手チェーンや食品メーカーから送り込まれた受講生も多いようだ。女性も多く、私の両隣も20代ぐらいの若い女性であった。

講義は、予想どおり幾分眠気を伴うものであったが、指定席が前から3番目という幸運(?)のおかげで、たまにウトウトする程度で済んだ。ホールでは飲食禁止なので、お昼はすぐ近くのスタバでブルーベリースコーンとサラダ、コーヒーを食す。昼食休憩が1時間しかないので、あまり長居できなかった。授業に遅刻すると、その課目は認定されず修了書も交付してもらえないのだ。

そんなわけで、全ての講義が終わった時は、ヤレヤレと肩の荷を降ろした気分。簡単に取れる資格は価値が低いと見られがちだが、衛生関係の知識や法律を学ぶことができたのは大きな収穫だ。テキストも、内容がよくまとまっていて分かりやすい。折に触れて読み返し、今回学んだことを自宅教室で実践していきたい!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/14 23:11】   | コメント(3) | Top↑



食材専門店でお買い物♪ | 暮らし
今日は、食材専門店Pでお買い物~♪最近パン教室で材料を調達することが多かったから、ゆっくり買出しに行くのは久しぶりだ。月曜日ということで駐車場も店内も空いており、妙に落ち着いた雰囲気であった。

本日の収穫は、レーズン・カレンズ・オレンジピール・レモンピール・ドライフルーツミックス・ドレンチェリー・アンゼリカ・ローマジパン・無塩バター・特大ラップ・ピュアカップ・パネカップ・ラッピング用シールといったところ。全体の約3/4が食材である。

この店はネット通販もやっているので、金額によっては注文しても良いのだが、実店舗で買うとポイントがたまるし(塵も積もれば~である)ネット上に載らない品も多いし、何よりも賞味期限を確認できる。ついでに言うと、見切り品コーナーで掘り出し物を探すことも可能だ(笑)

ふと気づくと、私が来店した時よりさらに店内が静かである。時計を見ると、お昼を随分過ぎていた。2時間近くも店内をウロウロしていたわけだ。そう思うと急におなかが空いてきた。冷蔵食材が多いので、道草しないで早く帰ろう。食材店に行くとホント時間を忘れるね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/13 22:44】   | コメント(0) | Top↑



パネトーネ | 天然酵母パン
パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール使用)

ものすご~く久しぶりに「パネトーネ」を焼いてみた。言わずと知れたクリスマス向けの菓子パンである。急に思いついたので、ドライフルーツが全然足りない。とりあえず1個分だけHBで捏ねた。量が少ないため、最初は生地が上手く回らなかったが、菜箸でフォローしながら何とか捏ね上げた。捏ね上げ温度は26度と上々である。

このレシピ、配合が超リッチであるだけでなくサンリッチ・ナトゥールを使うので、非常に美味しくて日持ちも良いのだが、時間がかかるのが玉に瑕。なにしろ、予定の時間内に焼けた例が無いのである。何か原因があるはずで、それを追求するのが今回の目的だった。

ところが、思いもよらぬ事態が起こり、それどころでは無くなった!なんと、パネカップ(紙製)がどこにも無いのである。昨年幾つか使ったけれど、確かまだ残っていたはず!!そう思って、可能性のありそうな場所を片っ端から探してみたが、影も形も見つからない。もしや、使い切ってしまったのか?!自分の記憶に自信が持てなくなってきた・・・。

だが、当面の問題は、ベンチタイム中の生地をどうするかである。分割してマフィンカップで焼いても良いのだが、今回はサイズにも拘りたい。では、型の代わりになるモノを探そう!!そんなわけで、炭酸煎餅が入っていた空き缶の中にオーブンペーパーを敷いて、成型した生地を入れた。気がついたら、何やかんやで1時間近くベンチタイムを取ってしまった。

仕上げ発酵は、空き缶のサイズがパネカップと違うので目安となる高さが分からず、見た目だけで判断したが、結果的にそれほど間違いではなかった。今回は一次発酵終了から焼成終了まで約4時間弱で、これまでに比べると少しマシだが、ベンチタイムの件を考慮しても、まだ長いなあ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール)

【2006/11/12 22:47】   | コメント(0) | Top↑



イングリッシュマフィン | パン
イングリッシュマフィン

午前中に「イングリッシュマフィン」を焼いた。以前は、型を出すのが億劫で(^^;)めったに焼かなかったけど、ためしに数えてみたら今年はもう5回目!意外に多いなぁ~という印象だ。レッスンでは”相方”のメロンパンに手が掛かるので、見過ごされやすいのかも・・・。

午後から息子を矯正歯科に連れて行った。一度矯正したが、成長して顎の骨が発達すると、また本来の場所に戻ろうとするらしい。1年半ぶりに固定式の矯正器具を入れられた息子は、気になるのか、しきりに口の中を触っていた。治療が終了する時は、息子の成長が止まる時。早く完治させたいけれど、複雑な気分だわ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イングリッシュマフィン
【2006/11/11 22:02】   | コメント(0) | Top↑



メロンパン | パン
メロンパン

来週のレッスンに向けて「メロンパン」を焼いた。天然酵母パンもまだ残っているので、今日は1/2単位だけ。先週の木枯らし1号がウソのようなポカポカ陽気で、メロンパン作りに適した日とは到底言えないが、練習には少し条件が厳しいぐらいで丁度良いかもね。

メロンパンは、私にとって非常に思い出深いパンである。記念すべきトラウマパン(?)の第一号で、生徒時代はコレがある限り講師なんて絶対に無理だと思っていた。転機が訪れたのは卒業して2年目の夏、検定の実技課題がまさにこのメロンパン!それまでずっと避けていたけれど、真正面から取り組めば、いつかは苦手意識を克服できるのだと漸く気づいた。

今でも決して得意ではない。むしろ、検定の練習をしていた頃に比べ、見た目よりスピード重視で豪快(粗雑?)に作っているような気がする。トップや側面から生地がチラッと見えても何のその~☆ 細かいことを気にせず、美味しく焼けたら良いんじゃないかと思う。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:メロンパン
【2006/11/10 23:50】   | コメント(0) | Top↑



今日は休養日 | 暮らし
昨日の研修でたくさんパンを焼いたので、今日は一日ノンビリ過ごした。腰の具合は、少し持ち直したけれど、まだ無茶は出来ないなぁ。もう少し痩せたら腰への負担も減るのだろうけど、今更そんな根性は無いからねぇ・・・(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/09 23:56】   | コメント(0) | Top↑



天然酵母コース研修:前編 | パン教室
天然酵母研修・前半

天然酵母コースの研修に参加した。この秋、開講以来初のリニューアルが行われたので、それに合わせて講師研修が開かれたというわけ。天然酵母コースⅠ~Ⅲの全内容を、2回に分けて受講する。今のところ天然酵母を教える予定は無いけれど、かなり変わると聞いて楽しみにしていた。

本日のお題は、「ミニあんぱん」「ナッツパン」「マダスブレッド(デモ)」「チーズパン」「うず巻きロール」「クッペ」「パンドミー(デモ)」「プチパンドミー」「ルイスリンプ」「プチフラワー」「ブリオッシュ」「ダッチブレッド」といったところ。新規追加や変更されたレシピが主である。

まだ前半しか受けていないが、全体的に従来よりバランスが良く無理のない構成となった。好みの分かれるようなビミョーなパンは、概ね改善されている。その一方、パンコースに登場する成型と出来るだけ重ならないように配慮が感じられ、違いを明確にするための工夫も幾つか加わっていた。

まぁ、そんなわけで、夕方までセッセとパンを作り、たっぷりお土産をもらって帰宅した。(画像に写っていないが試食用にカットしたパンも両手に山盛り!)しばらくは、天然酵母パン食べ放題よ~♪そうそう、これから受講なさる講師の皆様、お昼ごはんの用意をお忘れなく!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニあんぱん、ナッツパン、マダスブレッド(デモ)、チーズパン、渦巻きロール、
       クッペ、パンドミー(デモ)、プチパンドミー、ルイスリンプ、プチフラワー、
       ブリオッシュ、ダッチブレッド
【2006/11/08 21:24】   | コメント(2) | Top↑



ギックリ寸前 | 自宅教室
今朝、掃除をしていた時、腰のあたりに「ギッ」と何かが走った。
こ、これは・・・もしや・・・ギックリ腰?!(それにしては軽すぎるが)
2度あることは3度あるっていうから、気をつけないとね。

自宅教室ブログ、本日分をUPしました。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。

【2006/11/07 22:51】   | コメント(0) | Top↑



連休明けはお疲れモード | 暮らし
小学校の行事やミニバスの試合、双方の実家巡り~と多忙な3連休が終わり、ようやく”通常の日々”が戻ってきた。さすがに今日は疲労困憊で、家事をこなすのが精一杯。だるだるの一日を過ごしてしまったわ・・・。

気がつけば今年も残すところ2ヶ月足らず、先月あちこちで目にしたハロウィンのディスプレイが一掃されて、早くもクリスマス商戦開始である。パン教室からも、今年のクリスマス・イベントのパンフレットが届けられた。私もそろそろ、クリスマス用のメニューを考えておかないといけないなぁ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/11/06 22:17】   | コメント(4) | Top↑



プルマン&胡桃入りコッペパン | パン
プルマン&胡桃コッペパン

昨夜:----------------------------------------------------------
   息子、喉の痛みを訴える(熱は無い) → 以前小児科でもらった薬を飲ませる。

今朝:----------------------------------------------------------
   息子、喉の痛みを訴える(熱は無い) → 同上 

   もう薬が無い・木曜午後は休診・明日は休日 → 登校の前に小児科へ連れて行く

   息子、まだ喉が痛い(熱は無い) → 受診の後、登校する息子を小学校まで送る

   帰宅後パン作り → 胡桃入りコッペ・プルマンの順に生地捏ね

昼頃:----------------------------------------------------------
   分割中に学校から電話 → 4時間目終了後、息子を迎えに行くことに 

   ベンチ → 成型 → 自然発酵 → 小学校へ → 約30分後帰宅

   オーブンを予熱 → コッペ焼成・プルマンを発酵器へ → コッペ終了

   オーブン予熱 → プルマン焼成 → プルマン終了

夕方:----------------------------------------------------------
   息子を歯医者に連れて行く → 欠けた歯の検査 → 虫歯が見つかり治療 

現在:----------------------------------------------------------
   息子、とりあえず小康状態 → 私、なんか疲れた・・・。 

   

明日からの3連休は多忙につき、日記・掲示板・メールの返信をお休みします。m(__)m
皆様も、楽しい休日をお過ごしくださいね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン&胡桃入りコッペパン
【2006/11/02 22:33】   | コメント(3) | Top↑



ありがとうございます | 自宅教室
たくさんのお祝いメッセージを頂き、本当にありがとうございます。m(__)m
明日ゆっくりお返事を書かせていただきますね。

自宅教室ブログ、本日分をUPしました。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。

【2006/11/01 22:17】   | コメント(0) | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。