Top | RSS | Admin


2006年12月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



おせち料理 | 暮らし
おせち料理

昨日に引き続き、おせち作りの後半戦。今日は煮物7品(タケノコ・レンコン・里芋・コンニャク・干し椎茸・人参・絹さや)の他、お雑煮に入れる鶏肉や大根の下処理を済ませた。我が家のお雑煮は、白味噌バージョン&すまし汁バージョンの2タイプ。関西では白味噌が一般的らしいが、実家で両方食べていたので結婚後も自然にそうなった。どちらのタイプも好きだから、一つだけ選ぶなんて出来ないわ。

さて、大晦日ということで、この1年を振り返ってみた。自宅教室3年目の今年、嬉しいことに生徒さんが少しずつ増え、授業数もグーンと増えた。時にはプレッシャーを感じることもあったが、現場でしか得られぬ貴重な体験を積むことが出来て、本当に充実した1年であった。今年得た多くの教訓を、来年のレッスンで生かせますように~~☆

いよいよ今年もあと僅か・・・皆様、よいお年をお迎え下さい。(^o^)ノ

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト
【2006/12/31 23:46】   | コメント(2) | Top↑



紅茶ブレッド | パン
紅茶ブレッド

例年通り、おせち作りの前半戦。本日のお題は、田作り・黒豆・数の子・叩きゴボウ・紅白なます・昆布巻き・栗金団・煮ゴボウの8品。もっとも、黒豆と昆布巻きの2品は、半調理品を煮込んだだけなので手作りとは言いにくいけど・・・。

今回、保温性の高いセラミック容器で黒豆を煮込んだら早く味が染み込むだろうと考え、さっそく使ってみたのだが、途中で煮汁が吹きこぼれそうになった。すぐに火をとめたが、蓄熱のせいで沸騰がおさまるどころか激しさを増し、昨日掃除したばかりのコンロがベトベトに~~~ひぃぃ(ToT)

さて、昼食用のパンが無かったので、料理の合間に「紅茶ブレッド」を焼いた。捏ね上げ温度29度。使用中の耐糖性イーストの発酵力が落ちているので、一次発酵90分・二次発酵50分ぐらい掛かった。パンだけに集中できないので、かなりイイカゲンだったけど、今年の焼き納めとしては、まずまずの出来だったかな~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:紅茶ブレッド
【2006/12/30 22:57】   | コメント(0) | Top↑



お菓子カレンダーを頂戴しました | 暮らし
昨日のこと、息子とともに歯医者から帰ってくると、郵便ポストの中に大きな封筒を発見!おおっ☆ それは、本館の相互リンク先「mamacita!」の管理人きららんくんが送って下さった、来年用のお菓子カレンダーであった。ワーイ♪\(^▽^)/今回は、ワイドなA3サイズでフォントの選定や紙質も素晴らしく、市販のカレンダーかと思うほど!!

カレンダー2007 by きららんくん

画像は、お菓子・パン・料理と多岐にわたり、そのレパートリーの広さに感じ入るばかりである。きららんくんは、れっきとしたプロの方だから別格としても、オールマイティの才を持つ人ってやっぱり憧れるわ。さぁて、どこに飾ろうか~~♪(*^o^*)
年末のお忙しい時期にもかかわらず、お心づかい本当にありがとうございました。m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/29 19:43】   | コメント(0) | Top↑



息子、矯正装置が壊れる | 子育て
今朝、息子の歯列矯正装置が突然壊れてしまった。U字形の針金が左右の奥歯に固定されているのだが、左側だけ外れてしまったのだ!!外れた針金の先端が口内に刺さるので、食事はおろか喋ることもままならぬ。本人も私も何とか元通りはめこもうと頑張ってみたが、素人に直せるわけがない。

これは急いで矯正歯科を受診せねば!まてよ、今日は28日木曜日・・・まさか休診なんてことはないよね?ところが、その”まさか”だったのである!確認のため電話をかけたら、年末年始の休診を告げるメッセージが流れた。なんと今日からだよ~~(T_T)仕方がない、とりあえず一般歯科で針金を外してもらおう。

9時前に家を出て、徒歩5分ほどで掛かりつけの歯科に到着したが、ドアの前に1枚の張り紙が!ここも休みだよ~~(ToT)やむをえず、そこから徒歩5分ほど離れた別の歯科へ。ところが、そこも開いてない!!さらに徒歩5分ほど先の別の歯科に行ったが、またもや休診!!もうヤケクソで、さらに5分ほど離れた歯科に向かった。

そこは、自宅マンションの真ん前だ。結局、我が家の周りをグルリと一周したわけである。これだけ歯医者が多くて、よく共倒れにならないなぁ。半ば呆れながら病院の前に立つと灯りが見えた。開いてるぅ~~\(^▽^)/地獄に仏とは、まさにこのことであろう!!

大喜びでドアを開けたら、受付には誰もおらず患者さんもゼロ。あれ、ここって評判悪いんかな・・・?でも、今日は針金を外すだけだから、多少のことには目をつぶろう~~(>_<) と、そこへ中から優しげな先生が出てこられ、すぐに息子は診察してもらえることになった。

ホッとして待合室の椅子に座りこむと、すぐ前の掲示板が目に入った。「休診のお知らせ 12/28(木)から・・・」えっ、ここも今日から休診だったの?!どうりで患者さんがいないはずである。先生は、たぶん後片付けか何かで来られたのだろう。息子は、めでたく針金を外してもらい、少し前までの悲壮な表情が一転して陽気に。まるでツキモノが落ちたみたい~(^^;)ヤレヤレ。

それにしても、休診にもかかわらず突然押しかけてきた患者を嫌な顔一つせず受け入れてくれた先生に対し、一瞬でもヤブ医者疑惑を抱いてしまうとは!!先生、ゴメンナサイ。本当に助かりました~~~m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フルーツ入りクリームチーズ・ブレッド

フルーツ入りクリームチーズブレッド

【2006/12/28 21:05】   | コメント(0) | Top↑



本館も大掃除 | ホームページ
一夜にしてツリーが消え、世間はすっかり年末モード。ノンキに構えていた私も、さすがにこの時期になると大掃除に取り組まざるを得ない。そもそも私の場合、自宅が仕事場でもあるのだから、他所の二倍も三倍も掃除すべきなのだが、目いっぱい頑張ってもせいぜい人並み程度。「掃除が趣味♪」と言える人が羨ましい・・・(-_-;)

思うようにパン作りが出来ないので、息抜き(逃避?)にHPをチョイチョイ手直し。こういう作業は、ちっともメンドクサイと感じないから不思議だな~(苦笑)それで、前から考えていたのだが、レシピのページを全て外した。随分前にUPしたものばかりで、あらためて見ると不満な点が多すぎるから。

年内はサーバー上に残しておくので、もし保存したい方がいらしたら下記のリンクを御利用下さい。
◎パンのレシピ
◎お菓子レシピ
 
□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/27 21:55】   | コメント(0) | Top↑



新しいパン屋さん | 食べ歩き
クロワッサン・コッペパン・チョコクリームパン

今月オープンしたばかりのパン屋さんに行ってみた。オーナー職人さん一人で焼いているらしく、いつ行っても品薄で商品棚はガラガラである。私としてはハード系メイン(できれば天然酵母)の欧風ベーカリーを期待していたのだが、菓子パン系メインの日本風ベーカリーのようだ。

初回は、クロワッサン・チョコクリームパン・コッペパンを1個ずつ購入。実は食パンかバゲットを買いたかったのだが、食パンは数が少ないらしく売り切れ、バゲットは作っていないとのこと。ふ~ん・・・ちょっとガッカリ。購入したパンは、特に不満は無いけれど大感激するほどでもない。どうせなら、自分のレパートリーに無いものを買いたかったな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/26 20:56】   | コメント(0) | Top↑



Calendar 2007 | ホームページ
去年の年末に、パンの画像入りカレンダーを作ってネッ友さんと交換した。けっこう楽しかったので、今年も作ってみた。カレンダー自動作成サイトを利用するので、とっても簡単だ♪調子にのって、今年もネッ友さん数名に差し上げた。親しい方全員にお渡しできれば良いのだが、なかなかそうもいかない。 

それで、HP上で公開することを考えたのだけど、昨年は年末ギリギリで上手い方法を思いつかなかった。幸い、今年は出来るようになったので、只今本館(リンク参照)にて期間限定で公開中。ブログにUPした画像ばかりだけど、興味をお持ちの方はご覧下さいませ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/25 20:57】   | コメント(0) | Top↑



クリスマスケーキ | お菓子
クリスマスケーキ

連日クリスマスのパンを製作してきたが、ここに来てとうとう疲れがピークに!でも、今日はクリスマス・イブ、フルコースで言えばメイン・ディッシュに相当する日だ。オードブルやサラダがどんなに豊富でも、メインを省くわけにはいくまい。とはいえ、複雑なケーキはとても作れそうにないので、オーソドックスな苺ショートに決定。

けれども、すぐに取り掛かれたわけではない。午前中、息子がミニバスの練習に行くので、今日の集合場所である某体育館まで車で送迎。終わるまで見ていると大変なので、迎えの時刻まで食材専門店Pで買い物にいそしんだ。「クリスマス・イブに材料を買う客は滅多におるまい」と考えていたが、駐車場が満車に近い状態でビックリ!みんな、午後からケーキを焼くのかな?(@_@;)

息子を迎えにいって帰宅する途中、右後方で突然パフンという妙な音が発生。と同時に、走行音がおかしくなった。パフパフパフ・・・最初エンジントラブルかと思ったが、次の瞬間パンクという言葉が頭をよぎる。ま、まさか・・・?自宅が目前だったので、とりあえず駐車場に戻って振り返った。や、やっぱり~~(怖)

車を修理に出して帰宅が遅くなったので、材料の計量に取り掛かった頃には午後1時半を過ぎていた。レシピは、ベターホームの「お菓子の基本」だが、スポンジは一般的な別立てにした。溶かしバターをウッカリ入れ忘れてしまい、型に生地を流してからバターを混ぜるという荒技でクリア。危機一髪だよ~~~(>_<)

デコレーションは、あいかわらず大の苦手!!色々な約束事があるのは知っているが、実際に出来るかどうかは別問題。知識を得るのと技術を身につけるのとは、大違いなのだ。今回も生クリームを弄りすぎて、途中からボソボソになってしまった。やっぱりナッペは難しい。おまけに苺のテンコ盛りで、我ながらセンス無さすぎ・・・(^_^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:クリスマスケーキ
【2006/12/24 23:35】   | コメント(0) | Top↑



アマンド・プチ(後編) | パン
(↓完成予定図)
アマンド・プチ

昨日焼いた「アマンド・プチ」にたっぷりと粉糖をふり、ドレンチェリーとアンゼリカをトッピング。なにしろ数が多いので、約1時間もかかった。トッピングは、アイシングで接着したが、間に粉糖があるので、事実上のっかっているだけ。食べる時に落ちなければ良いのだが。写真は、時間の関係で撮れなかった。

ダンナの外出中に、私は息子を連れて実家に行った。息子へのクリスマス・プレゼントは、予定通りポケモンの最新ソフト!大喜びの息子は、早速ゲーム三昧である。私も久しぶりにゆっくり話が出来て良かったけれど、以前に聞いた話の繰り返しばかりで、しかも病気や愚痴などネガティブな話題が多いので、相手をするうちに疲れてしまった。うちの親も老いたもんだ・・・。

帰宅後、ダンナに差し入れのパンについて聞いたら、全部綺麗に無くなったとのこと。おぉ、良かった~♪大量生産は得意ではないので、来年度もっと人数が増えたら、大きく焼いて人数に合わせて切り分けるスタイルの方が良いかもね?!そんな先のことなんて、まだ分からないけど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ(チェリー版)仕上げのみ
【2006/12/23 21:37】   | コメント(0) | Top↑



アマンド・プチ(前編) | パン
アマンド・プチ(飾りナシ)

そろそろクリスマスのパンにも飽きてきたが、ローマジパンを消費するため「アマンド・プチ」を大量に焼いた。ダンナの知人が子供向けの体操教室を開いているので、明日ダンナに差し入れとして持たせる予定。別に頼まれたわけではないのだが、子供たちに喜んでもらえるし、こちらも食材を整理できるので助かる。ただし、先方も自分も負担を感じない程度に”たま~に”であることが肝心だ。

今回は、48個分の生地を3回に分けてHBで捏ねた。捏ねようと思えばFPで1度で捏ねられるが、1度で焼くのはさすがに無理だし、分割や成型に大変な時間がかかる。途中で集中力が切れて、作業がテキトーになりかねない。私の場合、まぁ1回につき16個までかなぁ。焼き上がったパンは、明朝チェリー版のトッピングを施してから出発する予定。数が多いから大変だろうなぁ。寝坊しないように気をつけなくちゃ!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ(飾りなし)

【2006/12/22 22:38】   | コメント(0) | Top↑



クグロフ&プレゼントシューズ | パン
クグロフ

先週習った「クグロフ」と「プレゼントシューズ」を作ってみた。まずはクグロフから。型が1個しかないので、レシピの半量をミニコスモで仕込んだ。授業では、先生がコスモの捏ね方を見せて下さって、私たち生徒は手捏ねだったから、自分もコスモで捏ねてみようと思って・・・。生地作りはケーキに似ていて、思いのほか時間が掛かる。半量なら手捏ねの方が正解かもね。

その後、プレゼントシューズの生地作りと成型を行った。小さすぎて使い道の無かった人造大理石の捏ね板が、初めて役に立つことに!先週受講した時は、調子よく生地を伸ばしすぎて苦労したが、今日はちゃんとサイズ通り。けれど「2回目は楽に作れるだろう」という甘い考えは、すぐに消えた。バランスとるのが難しいよぉ~~(x_x;)

焼き上がったクグロフは、綺麗に型から外れて大満足の出来上がり♪ だけどプレゼントシューズは、靴底周りの生地が浮いてしまい、焼き色も妙にくすんで艶が無い・・・??? 先週作ったシューズと並べて、ようやく大失敗に気がついた!卵を塗り忘れてる~~~!!(TOT)

これが普通のパンなら、さっさと失敗作を胃に納めて次に気持ちを切り替えられるが、工芸パンには同じ手が使えない。失敗作は、いつまでも其処にあり、目に入るたびに苦い記憶が蘇る。かといって、自分が苦労して作ったものを直ちに捨てる決断力も無く・・・。こういう時、消えないモノって困るわねぇ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クグロフ、プレゼントシューズ

プレゼントシューズ(新旧)

【2006/12/21 21:22】   | コメント(2) | Top↑



消えてしまったオモチャ屋さん | 暮らし
急用があって三宮に出かけた。ついでに、息子へのクリスマス・プレゼントを買うつもりだった。幼稚園児の頃、サンタが衣装を脱いでマンションの管理人さんの姿に戻るのを見て以来、その存在を全く信じていない息子だが、プレゼントが欲しいので一応信じるフリをしている。まったく面倒なヤツだよ(苦笑)

今月に入ってから、何が欲しいのかそれとな~くリサーチしてきた。一番欲しい物は、ポケモンの最新DSソフト「ダイヤモンド&パール」であることは明らかだ。けれど、私もダンナも大のゲーム嫌いなので、頼んでも無駄だと踏んだのか、より確実にゲットできる私の両親に約束を取り付けているらしい・・・(-_-;)で、二番手としては「レゴブロック」か「プラモデル」が良いと言う。それなら頭も手先も使うから、ゲームよりマシだわね。

そんなわけで、三宮のセンター街をブラブラ歩きながらオモチャ屋さんを探した。デパートに行けば簡単だろうが、息子の希望の品があるとは限らないし、第一高くて買う気がしない。ところが、驚いたことに30分歩いてもオモチャ屋さんが全然無い!たった一軒も見つからない!!確かに以前はあったのに・・・風景が変わりすぎて、もう元の場所すら定かではない・・・私が子供の頃からあったのに。

結局、ハーバーランドのトイザラスに到着するまで、全く見つからなかった。もちろん見逃した可能性もあるけれど、あれだけ夥しい店舗が立ち並ぶ市内随一の繁華街で存在感ゼロだなんて!!大型量販店の進出と少子化という二重の打撃にどうしようもなかったのだろうけど、時代の波を感じて愕然とした。(ちなみに、プレゼントはちゃんと買えたからご心配なく)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。


【2006/12/20 22:30】   | コメント(0) | Top↑



パネトーネ(サンリッチ・ナトウール) | 天然酵母パン
パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール使用)

今日は「パネトーネ」を焼いた。イタリアで生まれたクリスマスのパンである。酵母は、サンリッチ・ナトゥールを使用。ベースがパネトーネマザーだから、相性バッチリのはず!ただし、このパンを作るには相当時間が掛かる。今回も午前9時半から発酵させて、焼き上がったのが午後4時半。発酵だけで6時間だ!それでも、私の期待するサイズには今一歩届かない。

サンリッチ・ナトゥールは複合酵母だが、一応”天然酵母”扱いだから時間が掛かるのは仕方ない。だが、レシピに記載された発酵時間とあまりに懸け離れており、しかも直営校で習った時は、今の私のようにホイロで手こずることもなく、決められた時間内にきちんと焼き上げていた。我が家は、サフの勢いが強すぎて、他の酵母が育ちにくいのかなぁ?

今日焼いたものは、クリスマス・プレゼント(←お歳暮も兼ねて)として、全て実家に送る予定。先週焼いたシュトーレンもあるけれど、切り方や食べ方、保存方法が分からないらしいので、お正月に私が持参しよう。パネトーネをパウンドケーキと間違えてしまうトンチンカンな両親だけど、今年も喜んでくれますように~~(^人^)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール)
【2006/12/19 23:49】   | コメント(0) | Top↑



フロマージュ・ブレッド | パン
フロマージュ・ブレッド

先月習ったクリスマス・メニューの片割れ「フロマージュ・ブレッド」に初トライ!クリームチーズ主体の甘いフィリングを巻き込んだ、花形の編みパンである。習った時は、相方の「ショコラノエル」の複雑な工程に目を白黒させていたので、こちらが随分シンプルに思えたが、果たして本当にそうなのだろうか?!

今回は、久々にHBで生地作り。少し時間が掛かるけど(うちの場合は20分)、同時にやりたいことが色々ある時、勝手に捏ねてくれるHBは役に立つ存在だ。FPに比べてモーターが弱いので、ソフトでリッチな生地に向いている。むろん自宅教室ではFPを使うけど、今日はプライベートのパンだから良いの。捏ね上げ温度は28度。今回は、イーストをサフ金(耐糖性)に変えてみた。たまには使ってやらないとね。

イーストを変えたことで順調な発酵を期待したが、実際にはそれほどでもなく、時間的にはサフ赤(いつものイースト)を使った場合とあまり変わらなかった。そろそろサフ金も古くなって発酵力が落ちたのかなぁ・・・。発酵中にフィリングを作った。ミニコスモを使ってオレンジピールをみじん切り。少ない材料を刻むには、ミニの方が圧倒的に有利である。

最大の難所は、やはり成型・・・今回は1単位で3個分だから、かな~~りキビシイ!!幸い、室温が21度と低かったので、時間が掛かっても過発酵にはならなかったが、すっかり生地が冷え切ってしまった。花形に編んだ生地の端を最後につなぐのだが、どうもバランスが悪くて嫌になる。この手の成型は、やっぱり苦手・・・。

仕上げ発酵が終わると、たっぷりグラニュー糖とアーモンドスライスをふって焼成した。1個分が大人の手のひら全体ぐらい。教室で習った時も随分大きなパンだと思ったが、今日は更に大きく感じる。粗熱が取れるや否や、昼食も兼ねて一口パクリ!濃厚なクリームチーズにオレンジの酸味が効いて美味しかったけれど、丸ごと1個を一人で全部食べるのは、さすがに大変だったなぁ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フロマージュ・ブレッド
【2006/12/18 23:40】   | コメント(0) | Top↑



ポン酢の語源 | 暮らし
昨夜のこと、やたらズワイガニが登場するTV番組を見ていているうちに、自然とポン酢の話題になった。”柚子ポン”とか”青紫蘇ポン酢”とか、一口にポン酢といっても様々だ。「じゃあポン酢(の定義)って何やねん?」とダンナが問うてくる。ゲッ!そんなん私だって知らんもんね・・・。

だが、根が負けず嫌いなので「え~と・・・ミカンの仲間にポンカンってあるから、多分その辺が・・・(ゴニョゴニョ)」「知らんのやったら知らんと言え!」と、自分から質問をふったくせに何故か態度のデカいダンナ。キーッ!!そこまで言うなら、ちゃんと調べたるぅ~~~(怒)

で、とりあえず国語辞典をひいてみた。私は、柑橘系を意味する「ポン」という言葉に「酢」をつけたのだと思っていたが、さにあらず!もともとオランダ語に柑橘系の果汁を意味する「pons」という言葉があって、末尾の”s”に”酢”という漢字を当てはめたものだったのだ。へぇ~☆☆☆私の言葉を信用せず直ちにネットで検索したダンナも、当然ながら同じ結果に。ホーホホホ!!(勝ち鬨の声)

日本は、鎖国中の江戸時代もオランダとは交易を続けていたので、オランダ語由来の外来語が少なくないらしい。それらは、日本語の中に取り入れられて久しいため、あまりにも身近すぎて、すぐにそうとは気づかないほど。ついでに他にも色々な例が見つかった。外来語って面白いね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/17 23:37】   | コメント(0) | Top↑



アマンド・プチ | パン
アマンド・プチ

今日のパンは「アマンド・プチ」。1単位分の分割数が多いので、今回は1/2単位にしておこう。さっそくミニコスモ登場~♪細々した不満は幾つかあるが、気軽に使えるのは事実でフットワーク(手だけど?)が軽くなった。特にメタルブレードは、量が少なすぎるとブレードに引っかからない場合があるので、ミニがあると便利だ。

今回は、分割および成型時にスピードを測ってみた。先に書いた通り分割数の多いレシピなので、あまりノンビリすると発酵に影響が出かねない。いずれも約5分で出来たから1単位だと10分か・・・ちょっと長すぎるね。パン屋さんのように両手で同時に丸められたら効率が良いのだが、左手を動かすと右手が止まるといった按配で、結局右手だけで作業する方が手っ取り早いのであった。

オリジナルはフィリングに栗を使うが、今回はローマジパンをダイレクトに包んでみた。ローマジパンは、アーモンドの餡子みたいなもの。毎年シュトーレン用に買うのだが、使用量が少ないからどうしても余ってしまう。そのため、アマンド・プチを作る時、あの手この手でローマジパンを消費しようと企むのであった。(餡子として使うには高いけどね)

で、どうだったか?!そりゃ、もちろん大成功・・・なんだけど、ヘタレ甘党(?)の私には少々甘すぎた。だが、中途半端な甘さは物足りなさに通じる。菓子パンは、食卓パンと違って幾つも食べるものではないから、甘すぎるぐらいで丁度良いのかも。食感は、生地とよく馴染んで違和感がない。まずは無難にまとめた感じかな?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ(チェリー版)
【2006/12/16 23:32】   | コメント(0) | Top↑



ドレスデン・シュトーレン | パン
ドレスデン・シュトーレン

約一ヶ月ぶりに「ドレスデン・シュトーレン」を焼いた。先月焼いたものは、自分で食べたりお客様にお出ししたりで既に殆ど残っていない。もっと早く第二段を焼きたかったが、色々あって取り掛かることが出来なかった。だが、まだ今ならクリスマスに間に合う!(というか・・・早く焼かないと間に合わない)よ~し、今日こそ絶対に焼くぞぉっ!!

このレシピの場合、生地作りが作業の7割を占め、成型が1割、焼成後の仕上げが1割、その他1割という感じ。(注:あくまでも主観)つまり、生地作りさえ上手くいけば、後は何とかなるのである。今回は、フルーツを洋酒に漬け込む時間が短かったので少し心配だが、開封したてのスパイスを使ったので香りは鮮烈~☆1週間の熟成後、どうなっているか楽しみだ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドレスデン・シュトーレン

【2006/12/15 23:37】   | コメント(0) | Top↑



クグロフ&プレゼントシューズ | パン教室
クグロフ

今日は、パン教室でクリスマスのパンを受講。本日のお題は「クグロフ」「プレゼントシューズ」の2品である。5種類あるパンのメニューのうち、ドレスデンシュトーレン・パネトーネ・クグロフの3つは、毎年登場する定番レシピ。中でもクグロフは、私が入会する前からの年代物だけに受講済みの人が多い。開講日が少ないこともあり、例年なかなか希望者が集まらないのだが、今年めでたく受講することが出来た。ラッキ~♪\(*^O^*)/

クグロフは、フランス・アルザス地方の有名なイースト菓子で、国境に位置するアルザスが歴史的にドイツとの関係が深いせいか、クーゲルホフというドイツ名でも知られている。マリー・アントワネットが嫁ぐ時ウィーンから伝わったと言われ、このお菓子を焼くためのクグロフ型は、現在ではフッ素加工製品やシリコンが主流のようだが、伝統的な陶器の型には美しい絵が描かれたものが多く、壁に掛けたり置物として飾ることもあるようだ。

授業は、まずクグロフの生地作りから。先にコスモによるデモンストレーションがあり(→試食用になる)そのあと手捏ねで生地作り。パンというよりお菓子だから、手捏ねといってもそれほど大変ではなかった。生地を型に入れたところで一段落。仕上げ発酵と焼成が長いので、その間にプレゼントシューズの作業を行う。

プレゼントシューズは、食べるためのパンではなく、いわゆる”工芸パン”である。無理すりゃ食べられるらしいが、作業性優先の配合で美味しいとは思えないから、まぁ止めておく方が無難であろう。レシピに型紙が付いているので、その通りにカットして組み立てていくのだが、パンフレットや公式HPの写真を見るたびに凄く難しそうな気がして、同じように作れる自信は殆ど無かった。

実際、組み立て作業は冷や汗の連続!!工芸パンの生地は、一度伸ばしたら縮まない。当然といえば当然だけど、いつもの感覚でついグイグイ伸ばしてしまい、必要以上に薄くなってしまった。そのため、カットした生地を持ち上げるのも一苦労!靴紐を通す作業では、途中で破れるんじゃないかとハラハラ・・・。そんなわけで、全てのパーツを組み立て終わった時は、正直いってホッとした。

そんな私の作品でも、焼成するとそれなりに”らしく”見えるから不思議である。(生地が薄いので他の人より随分と小ぶりだったが(^^;) )同じ型紙で同じように作っているのに、完成した其々のシューズは全く違う表情を見せてくれる。まるで作り手の個性が滲み出るかのように。工芸パンって私向きじゃないと思っていたけど、結構面白いなぁ~♪

最後は、クグロフの試食である。フルーツケーキに似ているが、クラストの焼き色が濃く、クラムは若干軽くフンワリした食感であった。リッチな生地だが特別な材料を使わないので、自宅でも作りやすいと思う。長らくご無沙汰のクグロフ型だが、久々に日の目を見ることになりそうだ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クグロフ、プレゼントシューズ

プレゼントシューズ

【2006/12/14 23:30】   | コメント(6) | Top↑



そろそろ冬休み | 暮らし
今年の自宅教室は、昨日のレッスンを最後に店じまい。まだ来週も空けているけど、年末の駆け込み予約は滅多に無いので、気分は既に冬休み♪ 毎月数日しか働いてないのに冬休みを喜ぶのも可笑しな話だが、定期的に充電期間を設けてリフレッシュしないと、だんだん干からびてしまうのよ~~(^^;)

で、冬休み初日の今日は、予定の外出がなくなったのを良いことに、ひたすらコタツでグータラ・・・。昨日から雨が続き、室内は洗濯物だらけで薄暗くジメジメと鬱陶しい。おまけに、やたら冷える!昨日はガンガン暖房していたから、そのギャップもあるけれど。まぁ良いや、充電の第一歩は何もしないところからって言うもんね。(ホントか?)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

【2006/12/13 22:32】   | コメント(0) | Top↑



本科パンⅠー(1)【Ver.7】 | 自宅教室
自宅教室ブログ、本日分をUPしております。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。
【2006/12/12 00:38】   | コメント(0) | Top↑



ウインナーロール | パン
ウインナーロール

明日は、自宅教室である。レッスンの前日は、家の掃除や準備に専念したいので、余計なことは極力やりたくない。(それはパン作りさえも例外ではない)落ち着いた環境で計量し、テキストを読み返しながら、徐々にテンションを高めていきたいのである。ほら、私って低血圧体質で毎日ボーッとしてるから、すぐにテンション上げられないのよね・・・。

今日も、途中まではいつも通りだったのだけど、計量で躓いた。モルトを入れ間違えた気がして、ふと不安になったのだ。レッスンにおいて最も怖いこと・・・それは何といっても計量ミス!!計量ミスにも色々あって、すぐに分かる場合、たとえば仕込み水の量を間違えたら嫌でも気がつくので(気づかない程度なら問題なし)対処の仕方もあるが、一見して分からない場合は最悪である。

間違えた覚えはないが、絶対正しい確信も無い。不安から注意力散漫になってミスの連鎖を引き起こし、塩と砂糖を一緒に入れたり、スキムミルクも一緒に入れたり、もうグチャグチャ~~~(T_T) いや、そもそもモルトを計量した時点から集中力を欠いていたのだ。ここは絶対に気を抜けないところなのに・・・。

結局レッスンに使えなくなった材料で、急遽「ウインナーロール」を焼くことに。機械で捏ねれば同じだし、ついでにミニコスモの練習もできるわ。だが、二度あることは三度あるの言葉通り、仕込み水の量を間違えた。まさに最後のトドメ・・・(x_x;)途中で気づいて大急ぎで粉を足したが、妙にベタつく生地が捏ねあがった。(ちなみに捏ね上げ温度は27℃)

最終的にウインナーロールを焼き上げることは出来たが、なにせベタつくのでガス抜きも成型も今一つで、あまり良い出来とはいえなかった。一つだけ確実に分かったことは、一回ケチが付くとトコトン付いてくること。とにもかくにも、計量の際は一匙入魂!!一振入魂!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ウインナーロール
【2006/12/11 17:09】   | コメント(0) | Top↑



絶不調につき爆睡モード | 暮らし
目覚めた瞬間から頭痛が酷くて、絶不調!!食欲も無く、牛乳で鎮痛剤を流し込むのが精一杯。家事一切を放棄して久々に爆睡の一日を過ごした。もちろん食事も作れなかったが、家族は適当に何か食べていた模様で、リビングにはスナック菓子の袋が散乱。(-_-#)食べたらちゃんと片付けろ~~(怒)夜になって漸く復活。今日は作りたいパンがあったのに、残念だなぁ・・・。

自宅教室ブログ、先週分をUPしております。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/10 21:22】   | コメント(0) | Top↑



ブレッチェン | パン
ブレッチェン

ダンナも息子も出かけたので、久々にノンビリ過ごせる週末だ。昼食用のパンを切らしていたので、来週のレッスンに備えて「ブレッチェン」を練習した。レシピの半量を手捏ねしたのだが、生地自体が小さく掴みにくいものの、叩く時の音や振動が小さいので助かるわ。室温25℃・湿度70%(室内に洗濯物を干して暖房)というこの上ない環境の中、捏ね上げ温度も28℃と理想的♪

その後の作業も順調に進んだ~と書きたいところだが、成型前の丸め直しを抜かして一瞬ヒヤリ!(汗)長年お馴染みのレシピでも、数ヶ月もご無沙汰すると、部分的に忘れていたり他のレシピと混同することがある。テキストに目を通す段階で分かれば良いが、なにしろ自覚がないから、実際に作業して初めて気づくことが多い。やっぱり予習は欠かせないなぁ。

クリスマスが近いせいか最近リッチなパンにばかり目が向いていたが、焼き立てのブレッチェンを食べて、あらためてリーンなパンの魅力を思い出した。そういえば、フランスパンもしばらく焼いていない。室温も湿度も低くて難しい時期だけど、何だか久々にハード系を食べたくなったよ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブレッチェン

【2006/12/09 21:06】   | コメント(0) | Top↑



ウインナーロール | パン
ウインナーロール

今日もミニコスモを使って「ウインナーロール」を捏ねた。室温21度・湿度55%で、仕込み水は冷蔵したもの、粉は常温のまま使用した。昨日は、スイッチをいれた瞬間に粉がたくさん噴き出したので、今日は丁寧に粉をならしてからスタートしたら、普通のコスモ並みに飛び散りが減った。この一手間が大事なのね。

ミニコスモの規定時間より5秒早く止めてグルテンを確認したところ、既に充分な状態だったので、そのまま油脂入れ。捏ね上げ温度は今回も1度オーバーしていたが、この時期なので叩いたり丸めたりしているうちに下がった。それよりも気になるのは、生地が軸に絡むこと。昨日もその傾向が見られた。リーンな生地なのに、一体なぜ?!

成型は、一見して分かる通り、生地を紐状に伸ばしてウインナーに巻きつける。手ごねではあまり問題にならないが、機械で捏ねるとガス抜きが大変!今日のようにシッカリ捏ねた生地は特にね。手こずっているうちに生地が伸びて予定より長くなった。巻いてみたら1周多い!今日のウインナーが長目で助かった~~(汗)

いつもより巻きの多いウインナーロールを焼きながら、ふとコルネを思い出した。アレ・・・ウインナーロールは、どうして溝が消えないんだろう?コルネとよく似た成型で、しかも芯に金属の型を使わず、仕上げ発酵もむしろ長いのに。他に違うのは、上新粉をまぶすことと焼成温度ぐらい。気になる、気になるぅ・・・。

明日と明後日は、日記・掲示板・メールの返信をお休みします。m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ウインナーロール

【2006/12/06 21:09】   | コメント(2) | Top↑



ロールパン | パン
ロールパン

本館のトップを、クリスマス・バージョンに変更した。素材屋さんでステキな画像を見つけてきたのに、私が使うと何故か垢抜けないのが辛いところ・・・(^^;)配置後のバランスについてもイマイチ納得できないのだが、今の構成を一新する気力も時間も無いので仕方ないなぁ。

さて、自宅教室の予習を兼ねて、本日「ロールパン」にてミニコスモ(CH-1000)デビューを果たした!パン教室で何度か使ったことがあるので戸惑うことは無かったが、それでもやはり予想外のことが幾つかあった。まず、仕込み水の投入口から粉が噴き出したこと。これはコスモ(CH-800)でも起こる現象だが、ワークボールが小さく粉から投入口までの距離が近いためか、意外と多く感じた。

次に、捏ね上げ温度について。今回は、室温の粉+冷蔵水の使用で目標を1度オーバー。(ちなみに室温21度・湿度60%の条件)第3に、あくまでも主観だがグルテンがコスモより強い。これらの問題は、ミニコスモの遠心力がコスモの約85%なのに対し、生地量が半分なので、単位量当たりに掛かる力を比べた場合、ミニコスモの方が大きくなるからか?いずれにしても「捏ねすぎ注意」というわけで、時間に関してはより厳密さが求められる。

焼き上がったロールパンは、巻き方が強かったのか少し割れかけていたものもあったけど、全体としてはまずまずの出来。今月は、お一人で受講される生徒さんが何人かいらっしゃる。早くミニコスモの特徴を掴んで、上手く使いこなせるようにならなければ!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ロールパン
【2006/12/05 22:18】   | コメント(0) | Top↑



クロワッサン | パン
クロワッサン

今週レッスンする「クロワッサン」を練習した。これから2月頃までは、絶好のシーズンである。今日は、室温21度・湿度40%で捏ね上げ温度は24度。目標より少し低かったので、発酵時間を長めに取った。10月末に焼いた時は、今より5度も室温が高くて、まだ半袖を着ていた。あれから一ヶ月半も経たないのに、ずいぶん昔のように感じる。

室温が低いので生地がスルスルよく伸び、特筆すべき大きなトラブルもなく、サクサクのクロワッサンが焼き上がった。真夏に冷房した部屋で作ることも可能だが、やはり冬の方が負担が軽くて良いものが出来る。自宅教室では、極力寒い時期にクロワッサンを取り上げたい。具体的には、木枯らし1号から春一番までの期間かな?!(むろん例外は有るけれど)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クロワッサン
【2006/12/04 21:11】   | コメント(0) | Top↑



ブログ開始から1年 | ホームページ
気がついたら、ブログを始めて1年が経っていた!私にとってはCOOKPAD時代の続きなので、特に感慨はないけれど、右側にある「カテゴリー」欄を見て、この1年でパンやお菓子を約250回(自宅教室を含む)も作ったことに気づき、使った粉の量を考えて一瞬唖然とした・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2006/12/03 22:16】   | コメント(0) | Top↑



息子、ミニバスの公式試合に行く | 子育て
息子がミニバスの試合に出るため、神戸の北の果て(?)まで行くことに。第一試合なので、集合時間が早いのなんの!同じチームのお母さんから「会場まで1時間半ほどかかる」と聞いて、家を出たのが朝の7時!!ダンナが一緒に行けないため、自分でハンドルを握って初めての道を走らねばならない。

場所が場所だけに、雨が降って道路が凍結したらどうしよ~とか、(初雪もまだなのに)雪が積もっていたらどうしよ~とか、高速道路で降りる場所を間違えたり分岐点で違う方に行ってしまったらパニクって逆走するかも~とか、怖いことを色々想像してはユーウツになっていた。なにしろ機転の利かないタイプだからね。

ところが、土曜日の早朝という時間帯のせいか、もともと交通量の少ない高速道路が更にガラガラ!あぁ、メチャクチャ走りやす~い♪ 高速道路が分岐する場所と一般道に降りた所で一瞬不安になったけれど、何とか間違えずに済んだ。目指す体育館の駐車場に到着したら、何と1番乗り!!調子にのってアクセル踏みすぎたかも・・・(汗)

ミニコスモ

試合が終わって帰宅したら、先月注文したミニコスモ(FP)が届いた。そう、遂に買ってしまったのよ。発売当初は普通のコスモだけで充分だと思っていたのだが、自宅教室を続けていくうちに、ミニがあれば便利だろうな~と・・・。既に1台持っているので新しいものを手に入れた喜びは無いけれど、なんだかホッとした気分。1年ほど迷った末の購入なので、たぶん後悔しないと思う。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

【2006/12/02 20:53】   | コメント(4) | Top↑



バターロール | パン
バターロール

なんとなく風邪っぽいが、来週のレッスンにそなえて「バターロール」を練習した。ちょっと発酵させすぎて、いささかダレ気味の上、照卵も省いたので艶もない。なんだか体調がそのまま現れたようなパンだなぁ・・・(^^;)

自宅教室ブログ、2日分まとめてUPしました。
興味をお持ちの方は、ご覧下さいませ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:バターロール
【2006/12/01 18:12】   | コメント(0) | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。