Top | RSS | Admin


2007年10月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



オニオンボール | パン
オニオンボール

今日も手ごねの練習を兼ねて「オニオンボール」を焼いた。室温26度・湿度63%で、仕込み水温は秋モード。昨日のクリームパンとは反対に、こちらの生地はかなり硬め。捏ねている最中は無愛想で取っ付きにくく感じるが、玉ねぎを加えた後はベタベタするので、初心者の人には少し扱いづらいかも・・・。

捏ね上げ温度28度で発酵は順調。玉ねぎには色々な酵素が含まれているらしいが、発酵と同時に酵素も活性化しているのかな?分割時の生地は、とても柔らかく滑らかで、玉ねぎが飛び出すことを除けば比較的丸めやすい生地であった。

焼成後は、焼き色が薄いものの、玉ねぎの風味が香ばしくシットリした食感。底の色もやや薄目なので、もう少し長く焼けば良かった。あるいは、イングリッシュ・マフィンのように二度焼きして食べるとか、ピザ風にしても良いな。玉ねぎの香りって食欲をそそられるわ~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:オニオンボール
スポンサーサイト
【2007/10/30 16:37】   | コメント(2) | Top↑



クリームパン | パン
クリームパン

体験レッスンの練習で「クリームパン」を焼いた。手ごねである。随分ご無沙汰していたので、細かいことは殆ど忘れている。実際に作りながら少しずつ記憶を手繰る。どうして生地がベタベタなのか?どうしてカスタードが柔らかすぎるのか??肝心な点に限ってメモが無くサッパリ思い出せない・・・。古い日記を探し出し、読み返して漸く合点。何でも書いておくもんだ!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クリームパン
【2007/10/29 22:16】   | コメント(2) | Top↑



ミルク・ブレッド | パン
ミルク・ブレッド

今日もまた練習。2ヶ月ぶりに「ミルク・ブレッド」を焼いた。牛乳を仕込み水代わりに使った生地を、ワンローフ成型で焼き上げる。この成型、見かけほど簡単ではない。今回は、伸ばす段階で少々生地を乾燥させてしまったかなぁ?!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミルク・ブレッド
【2007/10/27 22:25】   | コメント(2) | Top↑



ピーナツバター・ブレッド | パン
ピーナツバター・ブレッド

2ヶ月ぶりに「ピーナツバター・ブレッド」を焼いた。パンコースⅣのメニューで、その名の通りピーナツバターをたっぷり入れる。三つ編み成型は、編み目を揃えるのが意外と難しいが、扱いやすい生地なので助かっている。たまにピーナツの粒々が飛び出してくるけどね。

油脂が多いので、発酵はシッカリと。前回ややキツめに編んだところ膨らみが悪かったので、今回は少しゆったり編んでみた。おかげで順調に発酵し、釜伸びも良かったが、間のびして不揃いな編み目が気に入らない。やはり中途半端はダメなのか。もっと練習しないと~~!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ピーナツバター・ブレッド
【2007/10/26 16:27】   | コメント(0) | Top↑



ミルクティー・シフォンケーキ | お菓子
ミルクティー・シフォンケーキ

今日は「ミルクティー・シフォンケーキ」を焼いた。石橋かおりさんのレシピである。この前いつ焼いたかな~っと思って調べたら、な・な・なんと2004年のクリスマスイブ以来!!それほど久しぶりとは思わなかったので、我ながら驚いた。

これまで同じレシピで何度か焼いたことがあるので、特に心配してはいなかったが、逆にして数時間冷ましてから型を外したら、側面をグルリと一周するように深い亀裂が走っていた。えっ、何これ・・・ここまで大失敗するなんて!!しばし呆然。

けれど、振り返ってみると幾つか思い当たるフシがある。メレンゲが少々ボソボソしていたこと、しつこく混ぜたこと、予熱開始が遅れたこと、ショック落としが強すぎたこと、いつもより早めに型を外したことetc..。むむむ~~(-_-;) 確信は無いが、メレンゲが一番怪しい。味は悪くないだけに、一瞬ボンヤリしたのが悔やまれる・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ミルクティー・シフォンケーキ
【2007/10/25 21:39】   | コメント(2) | Top↑



ブレックファースト・ブレッド | パン
ブレックファースト・ブレッド

久々にドライイーストでパンを焼いた。パンコースⅣに登場する「ブレックファースト・ブレッド」である。リッチ系食パンといった感じの配合だ。今回は、15cmデコ型を2個使って、3つ山バージョンと5つ山バージョンを作ってみた。2個並べて天板に入れると型同士が接触して火通りが悪くなるので、天板を裏向きに使って焼き上げた。

先週焼いた天然酵母のカンパーニュも、むろん美味しかったが、どっしりしたセミハード系が続いた後に今回のような軽くふんわりしたパンを食べると、いつもの何倍も新鮮な印象で非常に美味しく感じられた。粗熱が取れたところで、焼き立てのパンを手でちぎって食べる・・・これこそまさに至福の一瞬!!イーストのパンも、やっぱり好きだわ♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ブレックファースト・ブレッド
【2007/10/24 20:54】   | コメント(4) | Top↑



(続)パイン・クリーミー・マフィン | お菓子
パイン・クリーミー・マフィン

昨日焼いた「パイン・クリーミー・マフィン」、一晩置いたら一段とシットリして美味しくなっていた♪ 今回は、シュガーバッター法のイメージで順に混ぜていったが、材料を全部一緒に混ぜても大丈夫だったのでは~と思えてきた。さすがに、わざわざ生クリームを買って作ろうとまでは思わないが、生クリームが大量に余って途方にくれたら(特売で1Lサイズを買った時とか)またトライしてみたい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/23 20:09】   | コメント(3) | Top↑



パイン・クリーミー・マフィン | お菓子
パイン・クリーミー・マフィン

冷蔵庫の奥から生クリームが出てきた!特にアテもなく買ったもので、すっかり忘れていた。賞味期限を過ぎているので、そのまま使う気にはなれない。でも、未開封だから火を通せば大丈夫かも?!焼き菓子に使えないか、ダメ元で試してみよう。

生クリームを攪拌し続けるとバターと水に分離するのは、周知の通りである。これに砂糖と卵、粉類を加えたら、理論上マフィンの生地になるはず。かつて本館で公開していたパイン・ヨーグルト・マフィンの配合を元に水分を調整したら、ちょうど良い按排に。「パイン・クリーミー・マフィン」と名付けた。

一番難しいのは、材料を加えるタイミング。当初は、適度にホイップしたら砂糖を加え、クリーム状になった時点で卵黄をと考えていた。ところが、あっという間にタイミングを逃し、分離が始まった。慌てて卵黄を加え攪拌を続けたところ、次第にトロリとした液体に。粉類とパイナップルを加えると、少し緩めだがマフィンの生地らしく見えた。

焼き上げたマフィンは、予想以上にちゃんと(?)膨らんで、生クリームで作ったようには見えない。食べてみると、表面サックリ&内側シットリ♪(←表面にシロップを塗るのを忘れたため)少し重い食感だけど、息子も気に入ってくれた。生地が落ち着いたら、どうなるか楽しみである。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:パイン・クリーミー・マフィン

【2007/10/22 20:40】   | コメント(0) | Top↑



ホラー系は苦手 | 本・映画・ドラマ
先日からジョニー・デップにハマってしまい、ファンサイト巡りに精を出す今日この頃。このお方、作品によって全くの別人になるらしい。そりゃあ俳優だから当然かもしれないけど、いかにも”本物の役者”って感じでイイ!!パイレーツ・オブ・カリビアン3のDVD、早く出ないかな~~♪♪♪ 

次回作は、来春公開予定の「スウィーニー・トッド」。有名なミュージカルを映画化したもので、日本でも今年上演されていたそうだ。粗筋を読む限りメチャ怖い殺人鬼の話で、ネットで見た予告編も、血しぶき飛びまくり!剃刀をふるうジョニー、目つきがイッちゃってるし!!

ホラー系が苦手な私には、とても見れそうにない。内容からいっても家族で見にいくことは無いだろうが、もしグロいところをカットしたお子様向けバージョン(?)があるなら、ちらっと見てみたいような・・・。(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/21 22:11】   | コメント(0) | Top↑



ビッグフラワー(ホップス種) | 天然酵母パン
ビッグフラワー(ホップス種)

そろそろホップス種を使い切りたいので、ライ麦粉と全粒粉入りの生地1.5単位分を捏ねた。発酵籠では1度に焼けないので、今回は21cmデコ型を使用。6分割して丸く並べて焼き上げる。見た目から適当に「ビッグフラワー」と名付けた。素朴なパンには似合わない名前だが、他に思いつかなくて。

生地捏ねから焼き上げまで、今回も約8時間。一次発酵が昼過ぎまで掛かるので、その間にイチゴ苗の定植を行った。今年は、7月中旬まで実を採っていたので、子株を育てる前に梅雨が明けてしまい、8~9月は水やり以外なりゆき任せだったので、今月に入って漸く確保できた子株も貧弱なものばかり。冬になるまでの成長に賭けるしかない。

定植の前に親株を全て抜き取り、プランターの土を入れ替えた。狭いベランダの隅で、しゃがみこんで作業するため、腰痛持ちには結構キツイ!それで延び延びにしていたわけだが、いったん取り掛かると徹底的に片付けようという気になり、イチゴが済んだ後、ラベンダー2鉢・バラ1鉢・アジサイ2鉢の植え替え、ラベンダー2鉢の挿し木、ローズゼラニウムの剪定も行った。

お昼も食べずに5時間ぶっ通しで作業を続け、ようやく一息ついたら一次発酵がピークに!へぇ~、もうそんな時間?!仕上げ発酵後、コールドスタートで焼成。だが、これで済んだわけではなかった。残り15分の時点で型の向きを変えたところまでは覚えているのだが、その後の記憶が・・・。ふと気が付くと換気扇だけが回っていて、呆気にとられた。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ビッグフラワー(ホップス種)
【2007/10/20 17:56】   | コメント(2) | Top↑



睡魔 | 暮らし
昨日まで秋晴れが続いていたのに、車で外出しなければならない今日に限って朝から大雨!!雨の日の運転は嫌いだ。薄暗くて遠くが見えにくいし、目の前を横切るワイパーが鬱陶しい。高速道路では尚更だ。土砂降りで前の車やセンターラインが霞んだり、隣を走るトラックに水しぶきを浴びせられたり、とにかくロクなことが無い。

帰宅する頃になると、雨の勢いが徐々に弱まってきたが、高速道路にのると間もなく渋滞に巻き込まれた。しかも、ドンドン酷くなる一方だ。もしかして事故渋滞?ラジオで交通情報を聞いたら、案の定だった。しかも、私が降りるICの手前で・・・ってことは、このまま渋滞が続くわけ?!

ノロノロ運転しているうちに、どうにも眠くて仕方なくなった。お昼を食べたばかりだったし。しばらく我慢していたが、睡魔と闘うより高速道路を降りて一般道を通って帰ろうと思い直し、1つ手前のICで降りた。信号があるけれど、渋滞の中にいるよりマシだろう。無事に帰宅して時計を見ると、いつもの倍以上の時間が掛かっていた。ふぅ~、疲れた・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/19 23:55】   | コメント(0) | Top↑



パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス種) | 天然酵母パン
パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス酵母)

今日もホップス種で「パン・ド・カンパーニュ」を焼いた。今回も2単位分である。配合は一昨日と全く同じだが、二日間冷蔵していたせいか前回より発酵力が下がっている。1時間ほど延長して、ジックリ膨らむのを待った。

成型は、前回とは逆に、ライ麦入り生地をシンペル角小型、全粒粉入り生地をシンペル丸型へ。シンペル角小型は、6分割した生地を3個ずつ、粉をふった発酵籠に入れた。発酵籠にふる粉は、それぞれ生地の中に加えているライ麦粉あるいは全粒粉。前回は上新粉を使ったが、少々ふりすぎて不自然に感じたのでね・・・。

午前8時に捏ね始めて、焼き上がったのは午後4時過ぎ。自家製酵母のパンとしては、まぁ普通ではなかろうか?!クラストは、今回も比較的ソフトに仕上げた。まだ前回焼いたパンが残っているので、試食は明日のお楽しみ~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス種)
【2007/10/17 22:46】   | コメント(2) | Top↑



ブログ@入門 | 暮らし
特大ピーマンのお土産

今日は、自宅教室の元生徒さんのお宅で、一日ブログ教室(?)を開催した。といっても、私自身ブログの専門家ってわけじゃないので、ごく初歩的な内容だけね。HPより画一的とはいえ、はるかに簡単に作れるし、最近は魅力的なテンプレートが多いので、基本の手順さえ分かれば気軽に楽んでもらえると思う。

お昼は、ご主人も来られて、明太子スパゲティとサラダ、ジャガイモのスープをご馳走になった。デザートに頂いた紅茶とチョコレート(手作り)も美味しくて、手が伸びる伸びる!また太るぅ~~~(^^;)帰りに自家製野菜や果物をお土産に頂戴したが、ものすごく立派なピーマンにビックリ!!私も、こんな大きなピーマンを育てられたらいいのに・・・。貴重なものを頂き、ありがとうございました。m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/16 21:35】   | コメント(0) | Top↑



パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス種) | 天然酵母パン
パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス酵母)

先週、パン教室でホップス種の余りを貰った。ワ~イ\(^O^)/ワ~イ!! ホップス種は、昭和初期まで実際に使われていた酵母だけに安定感は抜群だが、種起こしがメンドクサイ点でもダントツで、私のようなズボラーには敷居の高い存在なのだ。本当にありがとうございます。m(__)m

貰った種は、少々発酵力が落ちているらしいので、自宅で1回かけ継ぎしてから使用した。残り物といっても相当の量で、かけ継ぎによって更に増えたから、いまや冷蔵庫内の1フロアを占領する勢いだ。そのまま使えるのは、せいぜい1週間なので、頑張ってセッセと焼かねばっっっ!! 

今回は、天然酵母コース師範科の「メル&モアンヌ」に少し手を加えて、パン・ド・カンパーニュ風に。全粒粉入り・ライ麦粉入りの2種類の生地を捏ね、前者をシンペル角小型、後者をシンペル丸型で発酵させた。いかにもハード系っぽいけど、見た目ほどではない。

さっそく全粒粉入りの方を試食したが、風味については特に問題無し。断面を見ると、生地底に当たる部分が少し詰まり気味だった。あと1歩、釜伸びしてくれたらなぁ。ライ麦粉入りの方は、まだ切っていないので未確認だが、こちらは更にズッシリ重い。酸っぱくなければ良いけれど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パン・ド・カンパーニュ2種(ホップス種)
【2007/10/15 17:39】   | コメント(2) | Top↑



パイレーツ・オブ・カリビアン | 本・映画・ドラマ
先週、家でゴロゴロしている間に「パイレーツ・オブ・カリビアン2」を見て、キャプテン・ジャック・スパロウを演じるジョニー・デップの魅力にドボ~~ン☆ 1週間前にレンタルして、見たのはナンと返却日の前夜!!次の日が連続受講の教室デーだったので、もう1度見ること叶わず・・・。寝込んでいたとはいえ、何でもっと早く見なかったのかと後悔しきり。

パート1も面白かったけど、あの時はオーランド・ブルーム(ウィル・ターナー役)の方が印象に残った。とはいえ、見たのが随分前でストーリーを殆ど覚えておらず、正直パート2も謎だらけ。どうしても気になるので、返却のついでに今更だけどパート1と「チャーリーとチョコレート工場」を借りた。パート3もレンタルが始まったら、たぶん見る予定。(映画の出来はイマイチらしいけど)
  
□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/13 23:39】   | コメント(0) | Top↑



食文化講座(イタリア料理)&天然酵母セミナー(11)生姜種 | パン教室
食文化講座(イタリア料理)

今日は、久々に教室デー。午前中に食文化講座、午後は天然酵母セミナーを受講した。今月の食文化講座はイタリア料理で「リガトーニ ペペロナータ和え」「ボイル卵のツナソースがけ」「ビアンコマンジャーレ」を作り、天然酵母セミナーでは「ハチャブリ」「ジンジャーブレッド」「マツォーニ・スピ(ヨーグルトスープ)」の3品を作った。

ペペロナータは、水煮トマトに野菜や香辛料を加えたソース。野菜の自然な甘味が美味しい。ツナソースは、FPで作るので簡単だ。ただの茹で卵が、このソースによって大出世である(笑)ビアンコ~は、イタリア風の杏仁豆腐。私には少々甘すぎたけど、家でも手軽に作れそう。

ハチャブリは、ミモレットを包み卵を流しいれたピザ風のパンで、酵母はナトゥールを使用。見た目からは分かりにくいが、珍しい成型で面白い!ジンジャーブレッドは、ジンジャー種とサンリッチ酵母を併用したパウンドケーキ。フィリングたっぷりで、なかなか美味♪最後のスープは、東欧風にヨーグルトを使うのが特徴で、好みの分かれるところ。

まだ養生中なので、午前午後の連続受講に少々不安を覚えていたが、途中で具合が悪くなることもなく無事に終了。食文化講座に出席したのは今回が初めてだが、本当にボリュームたっぷり!!たまには、パン以外の講座を受けるのも良いね。
  
□ ■ □ ■ □ ■

本日の料理:リガトーニ ペペロナータ和え、ボイル卵のツナソースがけ
本日のお菓子:ビアンコマンジャーレ
本日のパン:ハチャブリ、ジンジャーブレッド

ハチャブリ&ジンジャーブレッド

【2007/10/12 23:15】   | コメント(4) | Top↑



HB製ミルク食パン | パン
連休中に体調を崩して寝込んだ。ようやく7割ぐらい回復したが、長時間起きているのは、まだ辛い。昼食用のパンが無いので、HBで「ミルク食パン」を焼いた。生地捏ねには時々使っているが、自動焼き上げは去年の1月以来である。ちゃんと焼けるか心配だったけれど、壊れていなくて良かったぁ~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:HB製ミルク食パン
【2007/10/10 21:36】   | コメント(7) | Top↑



ハーブ三昧 | ベランダ園芸
レモンバームティー

昨日、ミントに続いてレモンバームとバジルを大量に収穫した。レモンバームは、生のままハーブティーに。バジルは、ジェノベーゼ・ソースを作って冷凍保存。材料は、バジル・オリーブオイル・ニンニク・塩・粉チーズ・アーモンドダイスで、かなり適当。トウガラシは入れなかった。

初めて作った時は、アーモンドの代わりに定番の松の実を入れたが、作る度にわざわざ買いに行くのが面倒なので、今回は家にある材料で間に合わせた。鮮やかな緑色で、なかなか美味しそう♪バジルは、寒くなるまで収穫できるので、もう1回ぐらい作りたいな。

□ □ □ □ □ □

都合により、連休明けまでお休みします。m(__)m
コメントやメールのお返事が遅れますが、あしからずご了承ください。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

ジェノベーゼ

【2007/10/06 21:33】   | コメント(2) | Top↑



プルマン(3斤) | パン
プルマン(3斤)

今日は、「プルマン」を焼いた。連休中パンを焼けないかもしれないので、在庫確保のため3斤用食パン型を使用。断面のサイズが市販の食パンと同じなので、厚みをきちんと揃えて切るだけで、いかにも”らしく”に見えるから不思議。(参考:食パンカットガイド

自宅で焼いたパンは、早ければ当日、遅くとも翌日には食べ切ってしまうのだが、今回は3~4日分なので、日持ちを良くするためにドライイーストを1%に減らして焼いた。全工程で4時間半足らず。3斤型で焼くのは久々なので、ホイロの見極めが難しかった。焼き上がりを見ると、上面が微妙に凸凹気味・・・。ま、切ってしまえば分からないよね。(苦笑)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン(3斤)

【2007/10/05 17:56】   | コメント(4) | Top↑



ミントのバターケーキ | お菓子
ミントのバターケーキ

秋になって、青紫蘇やミントが蕾をつけ始めた。これらのハーブは、花が咲くと葉の質が落ちるため、摘心して長持ちさせることが多い。1年草の青紫蘇は、来年用の種が必要なので花を咲かせるつもりだが、ミントは多年草なので、蕾ごと20cmぐらいバッサリ切ってスッキリさせた。

切った枝は、サブサブ洗って土や埃を落とした後、葉っぱを切り離し、傷みの酷い葉を取り除いた後ペーパータオルで水気を拭く。(←これが結構メンドクサイ)最後に重さを量ったところ約45gの収穫であった。1/3をハーブティー、残りでお菓子を作ることに。

以前ミント入りのスコーンを作ったが、量が少なかったのでミントの存在感が薄かった。そこで今回は、ネッ友あこ♪♪さんのアドバイスを参考に、ミントの葉を30%を入れてみた。生地をFPで作るので、タイミングさえ間違えなければ、葉っぱもそのままでOKだ。

今回は、18cmパウンド型で1個分。電気オーブンで180度・40分。(←お菓子作りは電気オーブンの方が慣れているので) 完全に冷めるのを待ってスライスすると、鮮やかな緑色の断面が現れた。一口食べると、爽やかなハッカの香りが「すぅーーーーっ」と広がっていく。夏の間、朝晩セッセと水遣りした甲斐があったわ。(*^-^*)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ミントのバターケーキ
【2007/10/04 16:14】   | コメント(0) | Top↑



ジャンボン・ウフ&シナモンレーズン・ロール | パン
ジャンボン・ウフ

今日も2種類のパン焼いた。「ジャンボン・ウフ」と「シナモンレーズン・ロール」、いずれもおさらい会Ⅲのメニューである。前者は、フランス語で”ハムと卵”を意味する、ふっくらタイプのピザパンで、後者は、数年前まで本科にあった同名レシピのアレンジ版である。

おさらい会Ⅲの主要テーマは、麺棒による生地の伸ばし方。丸く伸ばしたはずなのに、とかく四角くなりがちだ。その逆バージョンは更に多い。パン生地は、丁寧に扱ってやれば素直にいうことを聞くが、いったんヘソを曲げたら最後、酷く扱いにくくなる。あれ?うちのダンナと同じ・・・。(^_^;)

ジャンボン・ウフのトッピングは、レシピ通りの材料が揃わず、代用品で間に合わせた。ピザソースの代わりにケチャップを使ったせいか、縁がやけに焦げている。ピザチーズを普通のスライスチーズに置き換えたので、チーズの境目が妙にクッキリ!粉チーズをかけて誤魔化してみたが、さすがに無理であった。(自宅用だから気にせんとこ~~)

焼成後にシナモンレーズン・ロールのアイシングを仕上げて、出来あがり♪ どちらのパンも、派手でいいねぇ(笑)お昼にジャンボン・ウフを丸ごと1個食べたら満腹になったので、シナモンレーズンロールは、夕食後のお楽しみにとっておこう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ジャンボン・ウフ、シナモンレーズン・ロール

シナモンレーズンロール

【2007/10/03 18:20】   | コメント(2) | Top↑



タイミング | 暮らし
自宅教室が最近ヒマなので、今のうちに新しいことを始めようかな~っと思い、日頃お世話になっている教室に電話してみた。ケーキのお試しレッスンを受けたかったのだが、よくよく話を聞いてみると、私の希望する曜日は秋季の開講が無理らしい。それを承知で受け逃げするのは申し訳ないから、今回は諦めよう。残念ながら、御縁が無かったということで・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/10/02 23:05】   | コメント(4) | Top↑



ドッグパン&バーンズアラカルト・紅茶のバターケーキ | パン
ドッグパン&バーンズアラカルト

1週間前まで暑い暑いとボヤいていたのに、ここ数日で急に気温が下がり、窓をあけると風が冷たい。今年は、8月を2度くり返した代わりに、9月が丸ごと消えたみたい。暑さに耐えていた身体が、急に張りを失ってダラ~ンと緩んでしまう。

そんなわけで、昨日はさっぱり意欲がわかず、だるだるモードで過ごしたが、今日はバッチリ朝からスイッチが入り、「ドッグパン」「バーンズアラカルト」「紅茶のバターケーキ」を焼いた。いずれも、おさらい会Ⅱのメニューである。

ドッグパンは、見た通りホットドッグ用のパンである。バーンズアラカルトは、3種類のトッピングとカイザー型を使ったテーブルロール。写真では少し分かりにくいが、こちらは卵とツナのサンドイッチ。両方食べると、おなかイッパイ!!

紅茶のバターケーキは、FPで作った生地をブラックミニパウンド型に入れて焼いた。ケーキ作りというと、ハンドミキサーを思い浮かべる人が多いだろうが、1ボウルで出来るお菓子ならFPだって負けてはいない。クッキーやスコーン、シューやタルト、シャーベットだって簡単だ。作る量が多ければ多いほど、FPのありがたみを感じる。

代休で家にいた息子と一緒に昼食。息子は、紅茶のバターケーキが気に入った様子。(最近あまりお菓子を作ってないからか?)私は、バーンズアラカルトがお気に入り♪ ずいぶん前に買ったのに数えるほどしか使っていないカイザー型、もっと活用しないとね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドッグパン、バーンズアラカルト
本日のお菓子:紅茶のバターケーキ

紅茶のバターケーキ

【2007/10/01 15:13】   | コメント(2) | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。