Top | RSS | Admin


2007年12月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



おせち料理 | 暮らし
おせち料理

年末恒例のおせち料理、ここ数年というもの内容は全く同じ。
手間隙かかるわりに家族のウケは今ひとつ・・・。
私が懸命に食べなければ、全然減らないモノもある。(主に野菜系)
作り置きの冷たいお惣菜だから、まぁ無理もないけどね。

しばらく前から調子の悪かったデジカメが、とうとう動かなくなって大ショック!!
メモリーカードが壊れたのか?バッテリーが悪いのか?それとも本体が原因か?
何かと酷使しているので、思い当たることが山ほどある・・・。
仕方がないのでケータイで撮影した。(どうせ昨年も一昨年も殆ど同じ写真だし~~(^^;) )

□ □ □ □ □ □

今年も、あと僅かになりましたね。
いつも読んで下さって、本当にありがとうございました。
来年も、ゆるゆると続けて参りますので、よろしくお願いします。m(__)m
どうぞ、良いお年をお迎え下さい♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト
【2007/12/31 13:44】   | コメント(0) | Top↑



プルマン(3斤) | パン
プルマン(3斤)

今日も「プルマン(3斤)」を焼いた。前回は、型離れが悪くて大変な思いをしたが、今回は空焼きし直した型を使ったので、その点は全く問題無かった。だが、細かい気泡が見られるなど、全体としては前より悪い。忙しさに取り紛れて”やっつけ仕事”になってしまった。これが今年の焼き納めかと思うと、何だか情けないなぁ・・・。
 
□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン(3斤)
【2007/12/28 22:12】   | コメント(2) | Top↑



大掃除モード | 暮らし
クスマスツリーを片付けて、大掃除モードに突入した!
とりあえず今日は、キッチンの水まわりとガスコンロ、
そして換気扇を綺麗にしよう。(←本体はプロに頼むので外側だけ)
雑巾でゴシゴシ擦っていたら、さっそく指先にひび割れが~~~(涙)
例年のことだけど、一気にモチベーションが下がっていく。
まだ初日なのに・・・前途多難だ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/26 23:02】   | コメント(0) | Top↑



プルマン(3斤) | パン
プルマン(3斤)

久々に「プルマン(3斤)」を焼いた。いつもより大きい(2単位分)ので、日持ちを考えてドライイーストを1%に減らし、標準直捏法の工程で。ベンチタイムの間に生地が冷えたのか(室温20度)、ホイロに70分も掛かったけれど、まずまずの焼き上がり~♪ ただし、滅多に無いほど型離れが悪く、最後の最後で冷や汗をかいた。最後まで油断禁物・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プルマン(3斤)
【2007/12/25 23:15】   | コメント(0) | Top↑



クリスマス・ケーキ | お菓子
クリスマスケーキ

今日はクリスマス・イブ・・・となると、やはり「クリスマス・ケーキ」を作らねばなるまい。昨日の頭痛と寝不足が尾を引いて体調万全とは言い難いが、せっかく材料も買ったことだし、気合を入れて頑張ってみるか!今年も息子の好きな”苺ショート”に決定~♪

レシピは、先月習った「クリスマス・リング」を15cmデコ型用に変更して使用。(←オーソドックスな配合なので他の本でも似たり寄ったりだけど) 昨年は、生地の見極めに自信が無くて、シフォンで慣れている別立て法で作ったが、今年は習った通り共立てで。

ハンドミキサーで10分ほど泡立ててから”の”の字書いてみたが、イマイチ自信が持てず爪楊枝を立てて再チェック。ゴムベラに持ち替えた後、習った通りの方法で粉とバターを合わせた。そのせいかどうか、焼き上がったジェノワーズは、これまでになく弾力があるように思えた。

(↓クリスマス・リング)
クリスマス・リング

生地を冷ました後、カット面にシロップを塗り生クリームと苺を挟んだ。それから全体のデコレーションへと進むわけだが、ナッペはメチャクチャ苦手!「クリスマス・リング」のように”ツンツン仕上げ”ならともかく、白壁みたいに塗るなんて絶対無理!!そりゃあ滅多に作らないのに、上達するはずないけど・・・。毎年この時期になると、練習不足をチョッピリ後悔するのであった。

夜、夕食を済ませクリスマス・ソングを歌った後、お待ちかねのケーキカット。ナッペの出来はともかく苺やオーナメントで飾り立てれば、息子の目には十分本物っぽく(?)映るようで、大喜びで食べてくれた。いつか市販のクリスマス・ケーキを食べる日が来たら、私のイマイチなケーキをどう思うだろうか?
 
□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:クリスマス・ケーキ
【2007/12/24 21:39】   | コメント(9) | Top↑



年末なんて大嫌い | 暮らし
冬休みに入って、一気に忙しさ倍増!!といっても、やるべきことを後回しにしてきたからで、自業自得なんだけど・・・。今日は、息子がクリスマス会に出かけた隙に、サンタご用達の某大型ショップで、人ごみをかきわけながら息子のリクエストの品をゲット。ちなみに息子は、幼児期からサンタの存在に懐疑的だったが、今では真実をあばくとサンタが永久に来なくなることにも気づき、何食わぬ顔で自分の希望を並べ立てるのであった。

帰宅後、軽い頭痛に悩まされながら(人ごみに酔ったらしい)、全く手付かずの年賀状作成に取りかかった。プライベート用とパン教室用の2パターン必要なのだが、あれこれ考えるほど余裕がなくて、例年以上の手抜きバージョンに・・・。それでも、途中で頭痛が悪化して少し寝てしまったこともあり、印刷を全て終えるのに夜中まで掛かった。あ~ぁ・・・ゆっくりパンも焼けやしない。年末なんて大嫌い!(-_-;)
 
□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/23 23:16】   | コメント(0) | Top↑



クリスマスプレゼントを頂きました m(__)m | 天然酵母パン
HM協会製・天然酵母シュトーレン

昨日、宅配便が届いた。差出人の欄を見ると、常々お世話になっているネッ友Aさんのお名前が!Aさんとはネットを始めた頃からのお付き合いで、時々素晴らしい手作りの品を頂くのだが、今回はなんとHM協会製の「天然酵母シュトーレン」を頂戴した。もぅビックリ!!

これは、数年前から東京本社のパン工房で製造しているもので、公式HPで通販も行っている。聞くところによれば、ドライミックスフルーツで種を起こし1ヶ月かけて培養した自家製酵母を使うらしい。要するに、大変手間のかかるシュトーレンなのだ。

その美味しさについては天然酵母の先生から色々聞いていたので、話のタネに1度食べたいな~と毎年思うものの、結構イイお値段なので買ったことがなかった。もっとも、シュトーレンは何処で買っても高価なので、膨大な手間を考えると安いぐらいかもしれないが。

で、今日Aさんに御礼のメールを差し上げ、しっかり撮影を済ませた後、さっそくカット。クラストは、バターと砂糖の皮膜で覆われ、断面にアーモンドスライスやミックスフルーツが覗いている。一口パクリ・・・ほおぉ・・・確かにこれは自家製酵母だわ!!

次にクラムだけ味わってみた。自家製酵母由来の微妙な風味が、ミックスフルーツやアーモンド、香辛料と交じり合って、奥行きのある複雑な味に仕上げられている。ドレスデンより少しモッチリした食感で、芳醇で濃厚な印象を受けた。次第に舌が鈍感になるので、一口ごとにウガイをしながら味わって食べたよ~(笑)

残りのシュトーレンは、カット面を合わせて厳重に包み直し、暖房のない部屋に保管した。(薄くスライスして冷凍しても良いそうだ)息子に内緒にできれば、年内いっぱい楽しめそう~♪Aさんのご好意に心から感謝!本当にありがとうございました。m(__)m
 
□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド(画像なし)
【2007/12/22 23:24】   | コメント(2) | Top↑



ジョニー@スウィーニー・トッド祝ノミネート | 本・映画・ドラマ
スウィーニー・トッド

ジョニー・デップ主演のミュージカルホラー映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」が、まだ公開前だというのにゴールデングローブ賞4部門(主演男優賞・主演女優賞・作品賞・監督賞)にノミネートされた。さすがジョニー!あの氷のような目つき、背筋がゾクゾクする~~!!

ミュージカルということで歌のシーンも多いが、全曲吹き替え無しで高い評価を得ているみたい!元ミュージシャンとはいえ、やっぱり天才よね~♪ 相手役のヘレナ・ボナム=カーターが「自分とジョニーって(容貌も性格も)双子みたい」と述べていたが、実際よく似ている。彼女は、ティム・バートン監督のパートナーだが、親友(ジョニー)と奥さんがソックリって・・・う~~~む・・・(汗)

日本では1月19日公開だが、R15指定だけあって相当グロいらしい。それでなくても、ホラー系がダメな私、とても大画面で見る勇気は無いわ・・・(悲) 現在、Yahoo!でジョニーのアフレコシーンと予告編を配信中。グロいシーンは無いので、興味のある方はどうぞ!
http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00073/v03222/v0322200000000417782/

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/20 22:01】   | コメント(0) | Top↑



クレセント・クレセント・オ・ザマンド、ツイスト | パン
クレセント、クレセント・オ・ザマンド、ツイスト

今日もクロワッサンの練習で、「クレセント」「クレセント・オ・ザマンド」「ツイスト」を焼いた。本日のメインテーマは、昨日失敗したツイストの成型とオ・ザマンドのトッピング、そして焼き加減についての確認である。今日こそ確実にキメなければ!!

ツイストの成型については、伸ばし過ぎないように気をつけたので、完璧とはいかないものの良い具合に納まった。クレセント・オ・ザマンドは、前回トッピングが少なすぎて、見た目・味ともに存在感が無かったので、クレセントとの違いを明確にするためにも、少し増やしてみることに。

4個の生地に対して、トッピングも4通り。べっとり・ほどほど・控えめ・無し(=クレセント)である。単純に考えれば、トッピングの量が多いほど菓子パンらしくなるだろうが、重みで生地が潰れても困る。窯伸びに響かない程度に、タップリ塗るのが理想である。(ちなみに昨日は”控えめ”)

焼成の際は、焼き色に気を遣った。この手の生地は、高温でしっかり焼く必要があるけれど、焦がしたら元も子もない。何とか無難に焼き上げたが、肝心の窯伸びは”べっとり”も”無し”も大差なしという予想外の結果に・・・う~~む???こんなことなら、”ぼってり”も試せば良かったな。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クレセント、クレセント・オ・ザマンド、ツイスト
【2007/12/19 21:45】   | コメント(0) | Top↑



クレセント、クレセント・オ・ザマンド、ツイスト | パン
クレセント、クレセント・オ・ザマンド、ツイスト

今日は、久々に予習パン。パート4のクロワッサン各種「クレセント」「クレセント・オ・ザマンド」「ツイスト」を練習した。どうもイマイチなんだけど、今シーズン初のクロワッサンなので仕方ないか・・・。いずれにしても、もう1度練習せなアカン!

以下、各工程における覚え書き。
生地作り・・・油脂を柔らかくしておかなかった。捏ね上げ温度が低すぎた。
発酵・・・・・気休めに10分延長
折り込み・・・1/2単位なのに1単位の感覚が抜けず、伸ばしすぎる傾向あり。
成型・・・・・可もなく不可もなく(クレセント)長径を伸ばしすぎた(ツイスト)
ホイロ・・・・レシピ通り(クレセント)タイマーを入れ忘れ目視(ツイスト)
トッピング・・窯伸びを考えて極控えめに。ボッテリ塗った端生地の方が美味しかった。
焼成・・・・・焦げるのが心配で試行錯誤。結果的には許容範囲内。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クレセント、クレセント・オ・ザマンド、ツイスト
【2007/12/18 23:10】   | コメント(2) | Top↑



にわか読者の意外な楽しみ | 本・映画・ドラマ
コタツにもぐり込み一段とグータラ度がUPするこの季節、どうせゴロゴロするなら本でも読もか~ってわけで、最近ハマっている「高慢と偏見」の原作者ジェーン・オースティンの他の作品を探してみた。オースティンの主な小説は全部で6つしかないから、面白けりゃ全部読んだっていい。

ところがところが、一般書店で海外作品の文庫本が占めるスペースの何と狭いことか!ドラマ化や映画化で話題の作品やハーレクイン系が目に付く程度。「高慢と偏見」(または「自負と偏見」)は、どこの書店にもあったが、それ以外となると見つけるのは容易ではない。もちろん、最終的にはネットで注文できるが、同じ本でも翻訳者によって随分違うので、できれば目を通した上で買いたかった。

ようやく3軒目で「説き伏せられて」を発見!晩年(1816)に書かれた作品で、ちょうど40歳頃だろう。この1冊だけでは何となく寂しい気がして、「ブリジットジョーンズの日記」の文庫版も買った。こちらは今から10年ぐらい前の作品。「高慢と偏見」のオマージュであることは有名だから、映画で省かれた類似のエピソードが見つかるかもしれない。

そんなわけで、さっそく「説き伏せられて」→「ブリジット~」の順に読んだところ、前者のエピソードの幾つかが、後者で明らかにソックリ使われていてビックリ!!(映画では該当部分が無かったと思う)オースティンのファンなら、きっと即座に分かるのだろうなぁ。にわか読者としては、ちょっと嬉しい♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド(画像なし)
【2007/12/17 17:59】   | コメント(0) | Top↑



ショコラ・パネトーネ | 天然酵母パン
ショコラ・パネト-ネ

一昨日習った「ショコラ・パネトーネ」にトライ!!生地作りが大変と聞いていたので、あらかじめ覚悟して臨んだせいか、思ったほど手こずらずに済んだ。捏ね上げ温度は、ほぼ予定通り。チョコチップが溶けないように手早く丸めた。

室温が20度と低いため、湯煎発酵させていた生地の温度が下がってきたので、途中から発酵器に入れた。発酵前とサイズが殆ど変わらないように見える・・・。最近サンリッチ・ナトゥールを使っていないから、キチンと発酵してくれるかどうか?30分延長して終了。

今回使う型は、特別セミナー後に購入した特大サイズ。底面積が広くて安定感がある。画像では分からないが、型の表面に無数の小さな穴が開いているので、大きさの割りに火通りが良い。仕上げ発酵は、約20分延長。その間にトッピングを用意した。

焼成前の生地を見ると、目標ラインより少し低く見えた。あと10分待つべきか、微妙なところ。かなり窯伸びするので、型から溢れてキノコみたいになっても困る。結局、安全策をとることに。幸い、予想以上に窯伸びしてくれたので、イメージ通りの形に焼き上がった。今回も、一日寝かせてから食べようーっと♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ショコラ・パネトーネ
【2007/12/14 23:39】   | コメント(4) | Top↑



2月まで使えるレシピ? | パン
ショコラ・パネトーネ&カボチャのラップサンド

昨日習った「ショコラ・パネトーネ」を、昼食代わりに食べてみた。おお~っ☆ウマいっ!まるでブラウニーを思わせるシットリ&フンワリした食感!!私のパネトーネに対する既成概念を、良い意味で裏切ってくれたクリスマスだけでなく、バレンタインデーにも十分使えそうなレシピである♪

菓子パンを食べ続けて、もう10日。さすがに少々飽きていたはずなのに、久々のチョコ味が妙に新鮮に感じられ、直径12cm近い特大サイズの殆どを一人でペロリ・・・(^^;)ほんの申し訳程度に端っこを残しておいたが、息子に見せたら返ってヤブ蛇かも~~?!

□ □ □ □ □ □

英BBC版「高慢と偏見」(1995)が、年末にLaLaTVで放映されます。
12/29~12/31(午前4:00~6:00) ←ちなみに字幕
興味をお持ちの方は、下記のリンクをどうぞ~♪
http://www.lala.tv/programs/prideandprejudice/index.html

高慢と偏見(1995)

あなたも、Mr.ダーシーの魅力に、どっぷりハマること請け合いです!o(≧▽≦)o
もともとハマリ体質の方は、全身釘付けの危険があります。(マジで)
観賞の際は、くれぐれもご注意下さい。

ちなみに、我が家は契約していないので見れません。
DVDを買ったから良いけれど、字幕のみで吹き替えが無いので
放送が吹き替え版なら契約してたかも・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/13 13:35】   | コメント(2) | Top↑



ショコラ・パネトーネ&カボチャのラップサンド | パン教室
ショコラ・パネトーネ&カボチャのラップサンド

今日は、クリスマス・イベントに参加。本日のお題は「ショコラ・パネトーネ」「カボチャのラップサンド」の2品である。前者は、ココア入りの生地にオレンジ・ナッツ・チョコチップを加えたパネトーネ。後者は、カボチャとオレンジ入りの生地を薄く焼いて手巻きサラダ風に。酵母は、サンリッチ・ナトゥールを使用する。

成型は、ごくごくシンプル。どちらも見た目通りである。ベタベタ生地だと聞いていたが、思ったほど大変では無かった。もっとも、どちらのレシピも生地作りが最大のポイントなので、授業では先生が良い生地を用意して下さるが、自分が捏ねた生地で同様に上手くいくとは限らない・・・。

発酵中に、パネトーネのトッピングを作ったり、ラップサンドのフィリングを準備した。先にラップサンドが焼き上がったので、冷ましてからサラダを巻き、さらに透明フィルムで固定。サラダは、そのまま食べても十分美味しい!生地との相性の良さは、むろん言うまでもない。

パネトーネは、先生が成型されたものを試食。焼き立てなので食感は分からなかったが、チョコにオレンジの酸味が加わって、爽やかな甘さになっていた。一日置いて生地が落ち着いたら、もっと美味しくなるんだろうな♪ 明日は、しっかり味わって食べることにしよう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ショコラ・パネトーネ、カボチャのラップサンド
【2007/12/12 22:16】   | コメント(3) | Top↑



アマンド・プチ&プレゼントシューズ(工芸パン) | パン
アマンド・プチ(チェリー版+飾りなし)

12月に入って、クリスマスのパンが連続する今日この頃。6番目は「アマンド・プチ」、これも毎年焼いている。クリスマス風の飾りを除けば、季節なんて特に関係ないのだが、リッチな生地なので寒い方が断然作りやすい。食べ手を選ばない万人受けする菓子パンで、小さくとも食べ応え十分♪ ここんとこ毎日菓子パンを食べているので、ウエスト周りがちと不安・・・(^_^;)

アマンド・プチを焼き上げた後、もう1度「プレゼントシューズ」にトライ!!というか、昨日やたら生地が余ったので(要するに伸ばしすぎた)冷蔵庫で一日寝かせておいたのだ。さすがに3個目は無理かと思ったが、なんとかギリギリ確保できた。1個だと、ずっと落ち着いて作業できるなぁ。ただし、卵も牛乳も塗らなかった(単に忘れた)ので、昨日よりハードな焼き上がり。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:アマンド・プチ、プレゼントシューズ(工芸パン)

プレゼントシューズ(昨日分と一緒に)
【2007/12/11 14:10】   | コメント(2) | Top↑



プレゼントシューズ (工芸パン) | パン
プレゼントシューズ

昨日から風邪気味で、喉が痛いし鼻もグスグス・・・。でも、今のうちに焼いておきたいパンがあるから、だるだるしないもんねーーー!!今日は、そのうちの一つ「プレゼントシューズ」を焼いた。クリスマス・メニューに登場する工芸パンで、ほぼ1年ぶりである。

昨年は1回につき1個しか作らなかったが、今回は2個同時に作成した。生地作りと焼成は、1個も2個も同じだから。ところが、実際にやってみると、これが予想以上に大変だった!!少なくとも、1年ぶりに作るなら止めた方が無難である。先にカットした生地が乾燥したり、成型を待つ間にダレてしまう。

それでも、始めてしまった以上、途中で止めるわけにもいかず、レシピを目の前に置いて、あーだこーだと首を捻りながら強引に組み立て焼き上げた。焼き色がくすんでいるのは、卵の代わりに牛乳を塗ったからだが、同時に作ったとは思えないほど形が違う。左はともかく、右はどうみても失敗作・・・(-_-;)

もっとも、1個だけ作っていたって必ずしも成功したとは思えない。1個目で失敗した部分を2個目ですぐにやり直したので、早く思い出せたような気がする。これはこれで良いのかもしれない。合わせて1足とするには、チグハグすぎるペアだけど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:プレゼントシューズ(工芸パン)
【2007/12/10 20:42】   | コメント(0) | Top↑



スノー・ラ・フォレ(パウンド型バージョン) | パン
スノー・ラ・フォレ(パウンド型バージョン)

(↓こちらがオリジナル)
スノー・ラ・フォレ&カンノーリ

息子とダンナが朝から出かけて、夕方まで私は自由♪ よっしゃ!!気合を入れて大作(?)を焼くぞ~ってわけで、先月習ったクリスマスのパン「スノー・ラ・フォレ」にトライした。もっとも、スイスシャレー型を持っていないので、パウンド型バージョンだけどね。

このパンを焼くに当たって最初にブチ当たる壁は、材料の準備である。とにかく種類が多い。計量開始から1時間以上経って、ようやく作業に入れた・・・ハァ~疲れるぅ。といっても、全ての材料が揃うわけではない。フィリングの幾つかは色の似たものに置き換え、トッピングは粉糖を除き省略した。

1番の問題は、先にも書いたように使用する型が違うこと。スイスシャレーの断面は三角だが、パウンド型は四角形なので、習った通り成型するのは困難だ。底面に接する角が2個あるので、市松模様にするとクッキー生地がズレる可能性が高い。ここはシンプルに縞模様でいこう。

パン生地の成型は、ほぼレシピ通りだが、型の長径に合わせて横幅を調整しなければならない。ドライフルーツをたっぷり混ぜた2種類の生地は、今回もスンナリ伸びなかったが、交代で休ませながら作業して無事にクリア!!キャンバスを汚さずに済んで、ホント助かったぁ~☆

仕上げ発酵は、なかなか上がらず苦戦。目安の倍の時間をかけても、目標ラインに達しない。ん、まてよ・・・容積が違うんじゃ?!カタログ見ながら計算したら、やっぱり全然違ってた!スイスシャレーの1.5倍近くある・・・げっ!!はよ焼かなーーーっっっ\(@o@;)/

そんなわけで、大慌てで焼いたところ、しっかり発酵を取ったせいか予想以上の窯伸びで、型から溢れることこそなかったが、1cmぐらい天板を持ち上げていた。ひぇ~、酵母パワー侮りがたし!!プルマンだったら蓋をとばされたかもね・・・。

焼き上がりを見ると、前回よりクッキーの白い部分の焼き色が濃い。型の材質が違うせいだ。パン生地の部分は、1本目の成型でミスしたので断面の色が微妙に違う。ドライフルーツを5種類も入れたのに、なんで見えてないんよ~~(涙)トップが平らなので凝ったトッピングも可能だが、さすがに今日は疲れたので、ヒイラギの飾りでご勘弁を。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:スノー・ラ・フォレ(パウンド型バージョン)
【2007/12/08 17:05】   | コメント(5) | Top↑



Calendar 2008 | ホームページ
パネトーネ・ディ・リモーネ

昨日のパネトーネ、さっそく今朝食べてみたが、思ったほどレモンの風味が感じられず・・・。レモンの皮のすりおろしを入れたら良かったなぁ。一方グラサージュは、やっぱり多すぎたみたい。ベトベトして食べにくかった。次回への反省点は、そのあたりかな。

残りのパネトーネは、先週焼いたドレスデン・シュトーレンと一緒に箱に詰めて、ささやかなクリスマス・プレゼントとして実家に送った。直接出向いて渡しても良いのだが、年末は互いに忙しいし、たまにはこういうサプライズも良いかな~と思って。

さて、午後から2008年度パン・カレンダーを作成した。今年でもう3回目、ネッ友Kさんのお誘いで、自作のカレンダーを交換したのがキッカケだった。今日から大晦日まで、本館にて公開中~♪
カレンダーを自動作成してくれるサイトがあるので、画像さえ用意すれば誰でも簡単に作れる。皆様もチャレンジしてみませんか?

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/07 18:26】   | コメント(0) | Top↑



パネトーネ・ディ・リモーネ(サフ・ルヴァン) | 天然酵母パン
パネトーネ・ディ・リモーネ

今日は、サフ・ルヴァンを使って、レモン風味のパネトーネを焼いた。イタリア風に名付けて「パネトーネ・ディ・リモーネ」。特別セミナーで習ったパン・オ・ルヴァン・ブリオッシュ~(以下略)をアレンジしたもので、オレンジの代わりにレモンとフルーツミックスを使う以外、ほぼ同じである。

今回作るのは2単位、市販のパネトーネ・カップ(中サイズ)で4個分になる。元々ベタベタして扱いにくい生地だったが、配合の変更により一段と手強くなった。材料は、全てあらかじめ冷蔵。生地温は、前種25℃(時間延長20分)・本捏ね後27℃。本捏ねには30分近くかかって疲労困憊。

一次発酵は、あまり膨らんでいるように見えなかったが、とりあえず先に進むことに。とにかくベタベタなので、丸めるだけでも大変だ!何とか仕上発酵にこぎつけたが、なかなか上がってきてくれない。結局、基準の2倍の時間待って、ようやく十分な状態に。

焼成後、レモン果汁を使ったグラサージュを、塗るというより浴びせかけた。ちょっと多すぎたかもしれないが、余っても仕方がないし。最後にアラレ糖を飾って出来上がり♪ 計量を始めてから、かれこれ7時間。時間が掛かるのは気にならない。それだけ美味しくなるから。ちなみにまだ食べていない。一晩置いたら更に美味しくなるかな~?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パネトーネ・ディ・リモーネ(サフ・ルヴァン)

パネトーネ・ディ・リモーネ(クリスマス風)

【2007/12/06 22:32】   | コメント(0) | Top↑



クグロフ | お菓子
クグロフ

今日は、クリスマス・メニューの「クグロフ」を焼いた。小クグロフ型1個分を、ハンドミキサーで生地作り。砂糖と油脂をたっぷり使う大変リッチな配合なので、発酵には時間が掛かる。今回は、ほぼレシピ通りに作ったが、発酵だけは30分間延長した。

予定では午前10時までに焼き上げて、その後「パイレーツ・オブ・カリビアン3」(←本日レンタル開始)を借りに行くはずだったが、30分の遅れが響いたのか、店に着くと40本近いDVD全てが出払った後!!うぅぅ・・・こんなことなら、いっそ冷蔵発酵にすれば良かった~~~(T_T)

夕方、小学校の個人面談を済ませた後、未練がましく再びレンタル店へ。99%諦めていたのに、なんと3本も返却が~~♪♪♪ もぅ速効で借りて帰宅したよ!結末は既に知っていたけれど、やはり映像で見ると桁違いの迫力だ!!ジャック・スパロウのスピンオフも、ぜひ作って欲しいなあ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:クグロフ
【2007/12/05 23:16】   | コメント(0) | Top↑



イングリッシュ・マフィン&メロンパン | パン
イングリッシュ・マフィン&メロンパン

先週、自宅教室でキャンセルが出たので、用意していた材料で「イングリッシュ・マフィン」と「メロンパン」を焼いた。材料を保存しておいても良いのだが、次回の受講日が決まらないうちに古くなったら困るから。それに、先日のメロンパンの練習では、材料を間違えたためトッピングが黄色かったので、今度こそしっかり確認しておきたい。

午後、重い腰を上げて漸くコタツを出した。ヤッター♪♪♪\(*^O^*)/
私も家族も大のコタツ好き!なぜなら、いつでもすぐにゴロゴロ出来るから!!
あ、そういえば、クリスマスツリーを飾るの忘れてる・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イングリッシュ・マフィン、メロンパン
【2007/12/04 21:42】   | コメント(2) | Top↑



コスプレが好み? | 本・映画・ドラマ
12月に入って最初の月曜日、今日こそコタツを出すつもりだったが、朝から小雨でやる気が失せた。あれこれ動かさねばならないので、気力・体力に加えてお日様の応援が必要なのだ。一つ面倒になると、全てが面倒くさく思えてくる・・・時にはパン作りでさえも。

よし!それなら、だるだるモードと前向きに(?)取り組もう~ってわけで、午前中爆睡して午後はDVDを2本立て続けに観賞。「恋に落ちたシェイクスピア」と「真珠の耳飾の少女」、どちらもコリン・ファースが出てるから借りた。ただし主役じゃないけどね。

舞台は、ともに16~17世紀。コリンって本当にコスプレが似合う!たとえ出番が少なくても「ブリジット~」のような現代物よりコッチの方が好きかも♪ そういえば「パイレーツ・オブ・カリビアン」もコスプレ系だったなぁ。明後日パート3のレンタル開始だから、そろそろ1と2を見て復習しておくか?!

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/12/03 23:03】   | コメント(0) | Top↑



ドレスデン・シュトーレン | パン
ドレスデン・シュトーレン

約1年ぶりに「ドレスデン・シュトーレン」を焼いた。ドイツのイースト菓子である。今年は、バターが品薄なのでクリスマス講座のメニューから外したが、個人的にも好きなので、この時期には欠かせない存在だ。

昨年までは、練習を兼ねていたため、配合も時間もレシピ通りに作ったが、今年は意図的に発酵時間を伸ばしてみた。イーストが少ないので過発酵の心配は少ないが、温度によってはバターが溶け出してくるので要注意!我が家では、焼成後1週間ほど寝かせてから食べる予定。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ドレスデン・シュトーレン
【2007/12/01 22:35】   | コメント(4) | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。