Top | RSS | Admin


2008年01月09日

| Top |



肉まん&餡まん | パン
肉まん・餡まん

またまた蒸し物の練習。第三弾は「肉まん」「餡まん」、いよいよ真打ち(?)の登場だ。まずは、フィリング作りから。餡子はアンパン同様丸めるだけだが、肉まんの方は1から作る。別に難しくはないけれど、材料の種類が多いので計量がチト面倒。具を大量に作るならFPの出番だが、今回は1/2単位(肉まん3個・餡まん2個)だけなので、包丁でコトが足りた。

さて、今回最大の関門は、何といっても成型である。襞をよせて捻る肉まんの成型は、どうも苦手。自分の不器用さをヒシヒシ感じる。餡まんは、生地を伸ばして包むだけだが、実は肉まんより難しいらしい。確かに皺1本よっただけで凄く目立ちそう。”単純な成型ほど難しい”という法則が、ここにもまた・・・。

蒸し器に入れて待つこと十数分、恐る恐る蓋を開けると、ふっくら蒸し上がった肉まんと餡まんが♪肉まんは、相変わらず綴じ目の形がイマイチだけど、餡まんの方は、皺も弛みもなく予想以上の仕上がりであった。初回から上手くいくなんて!!嬉しいけど腑に落ちない・・・単なる偶然でなければ良いけれど。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:肉まん、餡まん
スポンサーサイト
【2008/01/09 14:54】   | コメント(5) | Top↑



| Top |