Top | RSS | Admin


2008年01月18日

| Top |



天然酵母セミナー(13) いちじく種 | パン教室
フィグ・ポレンタ・ブレッド&フィグ・ルグラ・スワール

約2ヶ月ぶりに天然酵母セミナーを受講。本日のお題は、「フィグ・ポレンタ・ブレッド」「フィグ・ルグラ・スワール」そして「グリーンサラダ・フィグソース添え」の3品である。イチジク種は、天然酵母セミナーの第一回(ポンペイ&クグロフ)にも登場したが、今回は種の配合が少し違うのだとか。

フィグ・ポレンタ・ブレッドは、フィグ入りのシンプルなパンで、生地にポレンタを使うのが特徴である。ポレンタとは、コーンミールで作る粥状または固形の食べ物で、主に北イタリアで主食とされる。海外の小説で”トウモロコシ粥”を食べるシーンをたまに見かけるが、それがこのポレンタかもね?

フィグ・ルグラ・スワールは、フィグを始めとする複数の材料で作った2種類のフィリングを巻き込んだもので、その食感はパンともケーキとも違う。(しいて言えばスコーンに近い)ルグラとは、ユダヤの伝統的なお菓子のことで、ユダヤ人の新大陸への移住とともに米国で発展したらしい。

今回は、いずれの成型も凝っていた。特にポレンタ・ブレッドは、外見からは想像もつかない。ルグラ・スワールは、イメージとしては掴みやすいものの、生地やフィリングの取り扱いが難しく、実習では何度も冷や汗タラ~リ・・・。発酵中にサラダとフィグ・ソース作り。ブレンダーを使って一気にペースト状にした。

焼き上げた後は、楽しい試食タイム♪ ポレンタ・ブレッドは、イチジク種のパンと聞いて私がイメージしていた通り!ルグラ・スワールは、切り方が悪くて斜めに傾いたものもあるが、これも大満足の美味しさ!!フィグソースは、酸味が効いて甘さとのバランスを保ち、野菜を良く引き立てる。焼いて良し・フィリングに良し・ソースにも良し、3役を見事にこなせるイチジクって偉い~☆

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フィグ・ポレンタ・ブレッド、フィグ・ルグラ・スワール(いちじく酵母)
スポンサーサイト



【2008/01/18 22:21】   | コメント(0) | Top↑



| Top |