Top | RSS | Admin


2008年01月26日

| Top |



スフレ・チーズケーキ、肉まん&餡まん | パン
スフレ・チーズケーキ

昨日だるだる過ごして充電したせいか、寒い朝にもメゲることなくスイッチON!!冷蔵庫を開けると使い残しの食材が目に付いた・・・よーし!これらを整理してしまおう。そんなわけで、「スフレ・チーズケーキ」を焼き、続いて「肉まん・餡まん」を作ることに。

チーズケーキは、湯煎焼きするので、底のとれないデコ型を使っている。普段は、ケーキを型から取り出すためのアルミ箔を型紙の下に敷くのだが、今日に限って忘れてしまった。仕方がないので、完全に冷めてからひっくり返して取り出したが、焼成中に入ったトップの亀裂がますます目立ってしまい、ガックリ・・・(-_-;)

肉まん・餡まん

肉まん・餡まんは、前回までショートニングを使っていたので、今回はレシピ通りラードを使用。ショートニングは、もともとラードの代用品として開発された経緯があり、純製ラードとショートニングは一見そっくり。だが、捏ね上げた生地は、どこか違う。何だか乾いた感じで丸めにくかった。

肉まんは、具が少し多かったせいか閉じるのに一苦労。とじ目に油がついてしまったものは、諦めて餡まん成型にした。餡まんは、成型の段階では特に問題なかったが、蒸し上げてみると表面に小さな凹みがポツポツ・・・おおっ、これが噂のクレーター?!前回までは殆ど見られなかった現象である。ラードを使ったから?それとも、仕上げ発酵を短めにしたから?

わざわざラードを使うのは、ラード特有のコクや旨味を生かすためだろう。中華料理の世界では、欠かせない材料と聞く。だが、私の味覚が鈍感なのか、実際に食べてみても、違いが今ひとつ分からなかった・・・。具の無い花巻きなら分かるのかな?

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:肉まん、餡まん
本日のお菓子:スフレ・チーズケーキ
スポンサーサイト
【2008/01/26 17:06】   | コメント(2) | Top↑



| Top |