Top | RSS | Admin


2008年05月01日

| Top |



「ブロンテ姉妹」を読みました | 本・映画・ドラマ
先日、「ジェーン・エア」と姉妹つながりの「嵐が丘」をウン十年ぶりに再読。ジェーン・エアの時と同様、これも昔受けた印象と全然違う~!登場人物が揃いも揃って嫌なヤツばかりで驚きだ!!ヒースクリフはもちろん、ヒロインのキャサリンでさえ決して気持ちの良い人間ではない・・・むしろ諸悪の根源かも?(-_-;) いずれにしても、強烈な作品であることは確かだが。

まぁ、そんなわけでブロンテ・ブームが続く中、書店で『ブロンテ姉妹 その知られざる実像を求めて』(中岡洋著:NHK出版)という本を発見!シャーロット・エミリー・アンの3姉妹の生涯について書かれたもので、ラジオ第2で放送している「カルチャーアワー 文学の世界」という番組のテキストらしい。チラッと読んだら面白そうだったので、さっそく購入した。

この本は、姉妹の両親の生い立ちから始まって、家庭環境や小説家となった経緯、恋愛や結婚、そして死に至るまでの生涯が、書簡なども交えて分かりやすく書かれている。ブロンテ姉妹に関する本は、他にも読んだことがあるけれど、作品自体に焦点を当てたものばかりだったので、登場人物のモデルなど創作上の裏話も多い今回の本は、なかなか新鮮で良かった。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
スポンサーサイト



【2008/05/01 22:48】   | コメント(0) | Top↑



| Top |