Top | RSS | Admin


2008年06月

| Top |



スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑



6月下旬の植物たち | ベランダ園芸
6月下旬のベランダ


みんな元気に育っている。(アブラムシの猛威は、あいかわらずだけど)
ガムテープ攻撃も、こう多いと結構大変!!暑くなったら、もう無理かも?
完全に駆除できないのは、敵のアジトが花の中にあるからだ。
葉っぱも、柔らかい新芽が狙われやすい。まったくもぅ~(-_-;)

キュウリは私の背丈を越え、イチゴはランナーを伸ばし始めた。
バラがたくさん咲いたので、株が弱らないように蕾を残して剪定した。
花瓶に飾ると、まるでブーケみたい♪
玄関側にも植物があるのだが、撮り忘れたので次の機会に・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

スポンサーサイト
【2008/06/30 19:44】   | コメント(0) | Top↑



ケーキスクール(4) スフレチーズケーキ & サブレ2種 | お菓子教室
スフレチーズケーキ&サブレ

4回目のレッスンは、「スフレチーズケーキ」「サブレ(デモ)」の2品である。チーズケーキが大好物の私としては、最も楽しみにしていたメニューの一つ。予習と称して、わざわざ食べに行ったぐらいだし~~(笑)サブレは、ココア味とココナッツ味の2種類で、どちらもアイスボックス・タイプである。

まずは、チーズケーキ作りから。先生の説明を必死でメモしつつ、デモの様子を網膜に焼き付けていく。デジカメで撮影する人も多いが、うちのデジカメは1テンポ遅れてシャッターが下りるのでタイミングを逃すことが多々有るし、カメラに気をとられて大事なことを聞き漏らしたくない。第一、カメラを持ったらメモを取れないじゃないの!

続いて、サブレの生地作りのデモンストレーション。単純な私は、材料を混ぜて一まとめにすれば良いと思っていたが、先生の説明には細かい注意事項が幾つもあって「へぇ~、ほぉ~」の連続であった。配合表のバターの量を見て一同みな暗い顔になったが、太っ腹な先生は、業務用に買い込んだバターを希望者に分けて下さるので、バターが無いから作れません~という言い訳は通用しないのであった。

サブレ生地を冷やす間に、チーズケーキを実習した。土台となるジェノワーズは既に用意されているので、私たちはチーズクリーム作りからスタート。私が本で見た作り方とは全く違うので戸惑いも大きかったが、教えられたとおり忠実に実行したせいか、とても良い生地が出来上がった。天板にお湯を張って、いざ焼成!!トップが割れずに焼けて嬉しかった♪

スフレをオーブンに入れた後は、サブレのデモの続きである。生地にグラニュー糖をまぶし、食べやすいサイズにカットして焼成するのだが、ここでもまた裏ワザを披露して下さった。このサブレは試食に間に合わなかったが、代わりに中級クラスのケーキが一切れが加わった。本場フランスの味という、かなり甘いケーキである。個人的には、やっぱりチーズケーキの方が好きだなぁ・・・。

帰宅後、お土産にもらって帰ったサブレを口に含むと、軽くホロホロと崩れて、アッという間に食べ終えてしまった。これこそ正統派のクッキー!!息子に半分取られたことを、今ちょっぴり後悔している・・・(^^;) チーズケーキも大好評なので、是非また作ろうっと♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:スフレ・チーズケーキ、サブレ(デモ)
【2008/06/28 23:24】   | コメント(2) | Top↑



フランスパン | パン
フランスパン

自宅教室のレッスン用に作っておいた「フランスパン」の発酵種(予備)が余ったので、2単位まとめて4本焼いてみた。ベランダ仕事の合間に作ったので、出来栄えは今ひとつ。それっぽい気泡は空いてるけど、口当たりが重たくて食べていて疲れる。もう少しホイロを長くとれば良かったなあ。

そんなパンでも、焼いた以上は自分の胃袋で責任を取らねばならぬ。冷凍庫に入りきらないので、一日3食ひたすらフランスパンを食べ続けるしかない。実は、まだ発酵種が2回分残っていて(←デモで作ったヤツ)近日中に焼く予定。自宅教室を続ける上で最も重要なのは、強靭な胃袋だとシミジミ思う・・・。(-_-;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン
【2008/06/27 23:17】   | コメント(0) | Top↑



今年3度目のバラが咲きました | ベランダ園芸
バラ(今年3回目の開花)

バラ(今年3回目の開花)のUP

いまだに品種不明の我が家のバラ、昨日今年3度目の開花を迎えて、四季咲き・中輪のフロリバンダ系であることがハッキリした。木酢酸を毎朝スプレーする以外、特別なお手入れはしていないが、今のところ病気にも罹らず、元気に育って大きくなった。

バラの開花は約40日周期だと思っていたが、前回の剪定から一ヶ月経たずに咲いたことになる。結構早いもんだねぇ・・・。最初は1輪、前回10輪だった蕾は、30輪を越えるほど増えた。その分、一輪のサイズは小さくなったが、これ以上鉢を増やせないベランダでは房咲きの方が見栄えがする♪

紫陽花(半分剪定)

一方、既にピークを過ぎた紫陽花が、疲労の色を見せ始めた。放っておくと株に負担をかけ、まだ咲ききっていない花まで色あせてくるので、くたびれた花首を片っ端から剪定した。花の数は、半分ほどに減ったけど、ずいぶんスッキリして軽くなった感じ。大株なので、かなり深めに切った。来年もちゃんと咲くかなぁ?

最後は、ナスとピーマンの害虫退治。先日「趣味の園芸・やさいの時間」で、葉についたアブラムシをガムテープで駆除する方法が紹介されていた。葉っぱを1枚1枚ガムテープでペタペタするなんて・・・と、今まで敬遠していたが、藤田先生のオススメなら試してみよう。

いざやってみると、結果がダイレクトに分かるので、張り合いの出ることといったら!!ちなみに、ルッコラのような葉の薄い植物は無理みたい。アブラムシを駆除すると同時に、葉を破いてしまうのだ。ところが、アブラムシの被害が最も大きいのが、そういった植物だったりする。むむむ・・・敵もなかなか侮れん。テントウムシの第3世代が生まれたら、2~3匹お引越し願おうか。

□ □ □ □ □ □

明日から週末までお休みします。
コメントやメールの返信が遅くなりますが、あしからずご了承下さい。m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2008/06/24 21:08】   | Top↑



フランスパン & フリアン | パン
フランスパン

またまた今日も「フランスパン」を練習。発酵の合間に、お菓子教室で習ったティラミスを復習したいところだが、あいにく材料が揃わない。だが、先日クリームブリュレを作る際に余った卵白を冷凍しておいたので、これで「フリアン」を焼くことにした。

相変わらず型が無いので(天板タイプかバラ買いにするか迷い中)今回もマドレーヌ型を使用。この型には敷き紙があるので、ホント重宝している♪溶かしバターを塗ったり粉をふらなくて良いし、後片付けも無いに等しい。私の性格にピッタリ!!もしフィナンシェ型を買っても、準備が面倒で使うのが億劫になるなら、このままで良いんじゃないかという気も・・・。

今回は、型の相違以外、一から十まで習った通りに作ったはずだが、またもやトップが割れなかった。う~むむむ・・・フリアン20個分の生地をマドレーヌ型14個で焼いているので、火通りが悪いのかも?決して生焼けではないのだが、次回は温度を上げて焼こうと思う。

さて、本命のフランスパンはどうかというと、1本目の第一刀で生地にクープナイフがひっかかって、
生地の表面がひきつれてしまった。いったん躓くと、気持ちを立て直すのは難しい。案の定、二刀目以降もイマイチな結果に・・・(-_-;) まぁ、昨日より威勢は良いかもね。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン
本日のお菓子:フリアン

フリアン
【2008/06/23 16:56】   | コメント(2) | Top↑



フランスパン | パン
フランスパン

今日も、引き続き「フランスパン」を練習。発酵の合間に、梅干を4kg分を仕込んだ。痛んだ梅に砂糖を加えてジャムもどきを作ったが、ちょいと煮詰めすぎたようで、冷めたら固形に戻ってしまった。まぁ、パンに塗れなくもないけど・・・。(-_-;)

肝心のフランスパンは、可もなく不可もなくといったところ。クープのバランスは悪くないが、勢いが
弱く地味な感じ。個人的には、多少見た目が崩れていても、グワッと豪快に開いたクープが好みなのだが・・・。ちなみに発酵種は昨日のもの。とても元気でビニール袋を破いていた。本番でもその調子で頼みたい!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン
【2008/06/22 23:40】   | コメント(0) | Top↑



フランスパン(エピ・シャンピニオン) & クリームブリュレ | パン
フランスパン(エピ&シャンピニオン)

今週は、珍しく外出の予定を詰め込んでしまい、植物たちの世話がお座なりになっていたので、久々に午前中いっぱいベランダで過ごした。たった数日間なのに、様々な変化が起きている。バラの蕾(今年3度目)が膨らんでいたり、ルッコラやラディッシュが青虫にカジられたり、大きくなりかけたトマトの実が尻腐れ病に罹ったり、テントウムシの第二世代が次々に羽化したり・・・ベランダは、まさに喜怒哀楽のるつぼなり~!!

さて、来週の自宅教室のことも気になるので、午後は気合を入れて「フランスパン(エピ&シャンピニ
オン)」を練習した。発酵時間が長いので、合間にケーキ教室で習った「クリームブリュレ」も復習。レシピの半分の量で作ってみた。焦げ焦げなのは、バーナーの代わりにグリルを使ったから。むろん窓から覗きながら焼いたのだけど、タイミングよく取り出すのは難しい・・・。

クリームブリュレ

フランスパンは、先生にアドバイスを頂いたので、多少マシになった気がする。だが、特筆すべきは発酵種!!今回の発酵種は、なんと8日前のものなのだ。3~4日経っても使えることは経験上分かっていたが、ここまで古いのは初めてだ。使う方も使う方だが、自家製酵母の場合は一週間ぐらい平気だから、ダメ元で試してみたところ、問題なく焼けたというわけ。ハッハッハ~♪

ちなみに、酸味などは全く無し。いつもより美味しく感じるのは、熟成が進んでいるせいか?!とはいえ、大型のフランスパンでも成功するかどうか分からないので、安易にお勧めすることは出来ない。やむにやまれぬズボラー以外は、絶対に真似しないでね。あ、そんな人いないか・・・(^^;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン(エピ&シャンピニオン)
本日のお菓子:クリームブリュレ
【2008/06/21 17:56】   | コメント(0) | Top↑



ココアアマンド&リゾット | パン教室
ココアアマンド&リゾット


今日は、支部校にて業務連絡会の後、サマーフェスタ用の単発を受講した。本日のお題は「ココアアマンド」「リゾット」の2品。前者は、チョコシートを巻き込んで焼いた菓子パンで、後者は器に見立てたパン生地に夏野菜たっぷりのリゾットを詰めて焼く。おやつパンと惣菜パンという理想的な組み合わせである。

受講するまで、チョコシートは「チョコスティック」や「パン・ド・ショコラ」と同じ作り方かと思っていたが、今回は”アマンド”というだけあって全く違うモノだった。今回の方が美味しそうだけど、ベタベタ度が高く破れやすいので、まぁ一長一短といったところ。成型は、レーリュッケン型さえあれば問題なさそう。私は持ってないけどね。

リゾットのフィリングは、けっこう多いので、こんなに入るの?!と最初は驚いたが、焼き上がってみると全く違和感が無かった。リゾットは、見た目からトマト風味をイメージしていたが、実際にはもう少しマイルドな感じ。自宅で温めなおして息子と食べたら、これが大好評で、また作って~と言われてしまった。これも型を持ってないのに・・・ま、代用できそうなモノはあるけど。

シンペル型(大) うずまき押型

その他、買い物も少々。シンペル角型(大)は、パートⅣで使う予定。発酵籠は、これで3つ目。嵩張って大変だ~~(-_-;) 先日セミナーで使った渦巻きスタンプも、やっぱり買ってしまった。どうも、こういう便利グッズに弱いみたい。オモチャ感覚で買ってしまう。なんか面白い使い方ないかな~?

単発終了後、一緒に受講したOさんとケーキスクールの系列カフェへ。今回は、次回習うスフレチーズケーキと次々回習うシュークリームを、紅茶と一緒にオーダーした。予習のつもりだったけど、お昼が試食のパンだけとはいえ、2個食べるのは少々キツかった。Oさんとゆっくりお話するのは、ずいぶん久しぶり。お教室が順調そうで本当に良かった♪ さて、私も来週に向けて頑張らないと!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ココアアマンド、リゾット

スフレチーズケーキ&シュークリーム

【2008/06/20 20:57】   | コメント(2) | Top↑



マドレーヌ | お菓子
マドレーヌ

園芸友達Qさんからランチのお招きを受けたので、手土産代わりに「マドレーヌ」を焼いた。ケーキスクールで習ったレシピである。ものすご~く簡単なのに、初心者でもそこそこ美味しく焼ける。しかも焼成完了まで20分もかからないという、私にとってはお宝レシピである。

さて、Qさんのお宅は、高台にある新築のマンション。室内のちょっとしたスペースに、さりげなく水挿しハーブや観葉植物が配置されていて、ベランダからは素晴らしい眺望をバックに、数々の花々が目に飛び込んでくる。わぁ・・・こんなお家に住みたいよ~☆

今回のお宅訪問の1番の目的は、Qさんが手塩にかけて育てたイングリッシュ・ラベンダーを拝見することなので、さっそくベランダに出て、その見事な咲きっぷりを堪能させていただいた。うちのラベンダーも同じイングリッシュ系だけど、開花直前に収穫したので満開を見ることはなかった。ちと残念・・・。

他にも、今が盛りの花が数種類、たくさんのハーブや野菜、うちが差し上げた青紫蘇の苗も元気に青々と育っていた。良いお宅に貰われて良かったね~☆ それにしてもベランダが広い!うちの2倍ぐらいありそう。水道も付いているので水遣りも楽だとか。最新仕様のマンションって、やっぱり良いなあ。

本日のランチは、本格的なエスニックカレーとサラダ。どちらも美味しかった~♪ご馳走さまでした!食後の紅茶とケーキを頂きながら、先日のハーブ園の話に花が咲いた。たまたまQさんも、この週末に出かける予定だとか。どうかお天気に恵まれますように~~~(-人-)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:マドレーヌ

タイ料理

【2008/06/19 22:32】   | コメント(0) | Top↑



チーズスティック・デコレーションサンド・セミハードブレッド | パン
チーズスティック・デコレーションサンド・セミハードブレッド

昨日まるまる遊んで過ごしたので、今日は予習パン3連発。「チーズスティック」「デコレーションサンド」「セミハードブレッド」を1/2単位ずつ焼いた。画像を見て分かる通り、いずれもシンプルな成型なので、ちょっとした油断が失敗につながる。実は今回もデコサンドがイビツ・・・どよ~ん(-_-;)

午後は、気を取り直してパン友Nさんとお出かけ。Nさんの師匠であるM先生のお宅に伺うのである。M先生は、一般向けの単発講座をなさらないので、これまでお目にかかる機会が無かったが、Nさんから私のことを聞いて、ティータイムに招待して下さったのである。\(*^O^*)/ワーイ!

友人宅を訪ねる際は、たいてい手作りのパンかお菓子を持参するのだが、初対面のパンの先生(それもベテラン!)に自作を差し上げるほどの度胸は無いので、途中にあるケーキ屋さんで白桃入りロールケーキを購入した。夏っぽくて美味しそう♪(←自分が食べるわけじゃないけど)

M先生のお宅は、最上階なので眺望も最高!!ベランダには、花やハーブの鉢がたくさん並んでいたが、ベランダ自体が広くゆったりしているので全然圧迫感が無い。先生は、手作りのシャーベットでもてなして下さった。柑橘系のシャーベットに、さりげなくレモンバームが飾ってあって、なにげに感動~☆ うちにもあるのに、なんで思いつかなかったんだろ?

美味しいデザートとコーヒーをいただきながら、パン教室の話に花が咲いた。Nさんからも色々な話を聞いていたが、教える側からの先生のお話は、とりわけ共感する部分が多い。スクールは違っても、基本的な考え方が同じなら、講師として目指すものや現在抱える問題点が似てくるのは当然なのかもね。

まぁそんなわけで、M先生の素敵なお宅で、充実した午後のひとときを過ごさせていただいた。部外者の私を暖かく迎えて下さったM先生、色々なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。私も、心あらたに頑張りたいと思います!!

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:チーズスティック、デコレーションサンド、セミハードブレッド
【2008/06/18 23:32】   | コメント(0) | Top↑



ハーブ園に行きました | ベランダ園芸
朝、水やりをしようとベランダに出たら、バジル1号が根元からポッキリ折れて横倒し・・・ぎょえぇぇぇぇ~~~~!!!!!ようやく20cmまで育って、これからという矢先に・・・(涙) もともと根元の弱い子で、仮支柱を立てて結わえていたのだが、そろそろ大丈夫だろうと取り外したのは昨日のこと。海からの風に一夜も持たなかったとは、何と言う悲劇・・・。

完全にちぎれているので再接着は不可能だが、まだ枯れてしまったわけでもない。バケツの水に挿しておいたら、萎びた葉が生気をとりもどしたので、挿し芽を8本とることができた。先日も、バジル1号から4本の挿し芽を取り、3本は発根に成功(2号は定植済みで3号と4号は育苗中)したので、今日の8本のうち何本かは成功するはず。元気に芽吹いていた1号の遺志(?)を無駄にすまい。

新神戸ロープウェー

さて、そんなアクシデントがあったのにもかかわらず、今日は神戸市立布引ハーブ園に出かけた。実は今回が初めて!!子供が喜びそうな施設とはいえないし園内に駐車場が無いこともあって、これまで行く機会が無かったが、先日駅の構内でハーブ園のポスターを見て無性に行きたくなった。たまたま休みで家にいたダンナが、どういう風の吹き回しか連れて行ってくれるという。ワーイ!ワーイ!

ラムズイヤー

新神戸からロープウェーにのり、10分ほどでハーブ園に到着。お天気に恵まれて、汗ばむほどの陽気であったが、本でしか見たことのなかった植物たちが、そこら中に植わっている状況に、もうテンションが上がりっぱなし!!デジカメと携帯でハーブの写真をたくさん撮ったが、一つ一つに名札がついているので、とても分かりやすかった。本命のラベンダー畑は、まだ最盛期とはいえなかったが・・・(^^;)

コモンマロウ

惜しむらくは、お土産屋さんやレストランが頂上にしかないこと。ハーブ園自体は、坂を下りながら見るように出来ているので(もちろん逆も可能だが)帰りにお土産や販売中の苗をゆっくり見ることができなかった。出口付近でラベンダーソフトを食べた。富良野で食べた紫色のソフトクリームと違って、色は普通っぽいが、ほんのりラベンダーの香りが漂って、かえって本物っぽく感じられた。また秋になったら行きたいな~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2008/06/17 23:02】   | コメント(2) | Top↑



天然酵母セミナー(20) サンリッチ酵母 | パン教室
ピーカンナッツブレッド&うずまきパン

今日は、天然酵母セミナーの20回目。本日のお題は、サンリッチ酵母による「ピーカンナッツブレッド」「うずまきパン」の2品。前者は、ピーカンナッツ入りで油脂ゼロのリーンなパン、後者は紅麹入りの鮮やかな生地に、渦巻き形のスタンプを押して2種類のトッピングをのせたものである。

これらのパンは、前回同様、体験レッスンにも使える簡単メニューということで、天然酵母らしい素朴な味わいで美味しいと思う。ただ、いずれもかなり柔らかく扱いづらい生地で、丸めるのに苦労した。これが本当に初心者だったら、大変じゃなかろうか?でも、今回使った渦巻き形のスタンプ、けっこう可愛くて好みなのよね~♪ ついフラフラっと買ってしまいそうな予感・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ピーカンナッツブレッド&うずまきパン(サンリッチ酵母)


うずまきパン2種
【2008/06/16 22:55】   | コメント(4) | Top↑



ケーキスクール(3) クリームブリュレ&ティラミス | お菓子教室
ケーキスクール3回目 クリーム・ブリュレ&ティラミス

3回目の今日は、初夏にふさわしく「クリームブリュレ」「ティラミス」といったヒンヤリ系のお菓子が登場~♪ どちらも作ったことが無い。クリームブリュレは、表面パリパリの高級プリンといった感じ。プリンなら作ったことがあるけれど、バーナーが無いので、その先なんて考えたこともない。ティラミスに至っては、数年前にブームが来るまで名前を聞いたこともなかった。

まずは、クリームブリュレから。材料は、プリンよりず~っとリッチ!!全て混ぜあわせたら、泡を取って静かに型に流し込む。ちなみに、使用した型の形は教室側の都合によるものらしく、レシピの写真は、普通の丸い型であった。容量が同じであれば、どんな型でも良いのかな?

焼成は、湯煎焼き。焦げ目をつけないように要注意。焼き上がると、氷水に浸して粗熱を取った。冷ます間に、ティラミスのデモ。高価な材料をふんだんに使う。うわ~、美味しそう!!最後に、クリームブリュレの仕上げのデモ。表面にグラニュー糖をふってバーナーで焼くのだ。先生の鮮やかな手さばきを拝見すると、いとも簡単そうに見えるが、実際には難しいかった。(焦げてばっかり)

試食(先生の作品)は、これまで通りアイスを添えて。クリームブリュレを、薄いパリパリごとスプーンでパクリ!あまりの滑らかさに、思わず笑みがこぼれる私。ティラミスも、やや控えめの大人の甘さで、とっても私好み~♪自分で作れるようになったら、どんなに良いだろう・・・。

さらに、画像には写っていないが、別の授業で作ったバナナケーキも一切れオマケ。その上、スタッフのミスでボツになったオレンジケーキまで、捨てるよりはとお土産に全員に1本ずつ持たせて下さった。先生、やっぱり太っ腹~☆ 翌日さっそく食べてみたが、私には何が失敗だかサッパリ・・・???

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:クリーム・ブリュレ、ティラミス(デモのみ)

試食 (クリームブリュレ&ティラミス&アイス)
【2008/06/14 22:27】   | コメント(3) | Top↑



フランスパン(エピ&シャンピニオン) | パン
フランスパン(エピ&シャンピニオン)

今日も、引き続きフランスパンを練習した。「エピ」と「シャンピニオン」である。成型以外は、昨日と一緒だけど、またマヌケな失敗を繰り返さないように、念入りにチェックしながら作業した。おかげで、特筆すべきような失敗は無かったが、なにやら妙に野暮ったく見える。

特にシャンピニオンは、昨年から傘が重くなって、以前のようにグーンと窯伸びしてくれず・・・。昨日の件もあるし来週また練習せねば~~と思ったら、来週はパン教室(←習う側)を2回も入れてる。パートⅢのメニュ-も練習もせなアカンし、なんだかんだでパンだらけの一週間になりそう。(-_-;)

タイムの収穫

タイムの収穫(ドライ後)

さて、一昨日タイムを収穫した。開花を待っていたのだが、葉っぱがモサモサ茂るばかりで一向に蕾をつける気配がない。もう梅雨だし晴れの日も暑いから、蒸れ防止を兼ねて切ってしまった。タイムは、ドライにも向いているので、2~3日干した後オーブンで乾燥焼きする予定だったが、フランスパン焼成直後のオーブンに入れたら、100度を越える余熱でアッという間にパリパリに。なんだか得した気分♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン(エピ&シャンピニオン)

【2008/06/13 20:22】   | コメント(2) | Top↑



フランスパン | パン
フランスパン

10ヶ月ぶりに「フランスパン」を焼いた。配合も工程も成型も、すっかり忘却の彼方である。テキストを睨みながら、一つずつ記憶をたぐる。こんなんで良かったかなぁ・・・ちと不安。仕上げ発酵に入って、ようやくヤレヤレ。後は大体覚えているから、もぅテキストを見なくても大丈夫。

オーブンを予熱しながら、発酵完了した生地にクープを入れた。よ~し☆スタンバイOK!扉をあけて水を注ぎ、生地を入れて扉を閉める。フゥ・・・あれ?何か違和感が・・・3秒経って漸く気づいた!!オーブンに入れる順番が逆やんかーーーーー!!!!!

慌てて再び水を汲んで、扉を開けた。もわ~ん・・・一瞬、火傷の危険が頭をよぎったが、強引に蒸気を発生させ素早く閉めた。焼き上げたフランスパンは、妙にいびつでアンバランス。内相の気泡も地味だ。蒸気の件がどこまで影響したのか不明だが、あまりにも下らない失敗に自己嫌悪。最後の最後まで、テキストを確認すべきだったのに・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:フランスパン

フランスパン(カット)
【2008/06/12 21:00】   | コメント(2) | Top↑



フリアン | お菓子
フリアン

今日は、先日お菓子教室で習った「フリアン」を作ってみた。マドレーヌみたいな風体だが、専用の型が無いから仕方がない。材料を順に混ぜるだけなので、すぐに焼き上がったが、食べてみると・・・んんん・・・なんか違うぞ!甘すぎるっつーかクドいと言うか、前回作ったマドレーヌほど美味しく思えなかった。先生のフリアンは、凄く美味しかったのに!!

もう一度レシピを見直してみると・・・あらら・・・一つ工程を飛ばしていた。そのせいかなぁ?その上、トップが割れるはずなのに割れてない。火通りが不十分だからか?有塩バターを使うレシピなので、塩分含有量が違う可能性も?ちまちま卵白を貯めて漸く作れたのに、もぉ~~~っ!!(ToT)

お菓子は砂糖が入っているから、甘味好きな私としては、よほど不味くない限り失敗作でも食べられる。だが、今回のフリアンは、もう一つ食べようという気に、なかなかなれない。息子が気に入って食べてくれれば良いのだが・・・。今度、教室に行ったら、先生に原因を質問してみよう。

夕方、コープの宅配さんが注文の品を届けてくれた。袋を開けたらキュウリが5袋も出てきてビックリ仰天!!(いつも1袋しか注文しないのに)ネットで先週の注文票を見ると、確かに「5」とある。一体なんでっ?寝ぼけていたのか??確かに、入力する時とても眠かった記憶がある・・・。 自家製キュウリの収穫も始まったというのに、25本も勘弁してよぉ~~~(x_x;)

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:フリアン
【2008/06/11 17:22】   | コメント(4) | Top↑



テントウムシ牧場 | ベランダ園芸
テントウムシ

最近、植物だけでなく昆虫も飼っている。テントウムシ・・・イチゴ畑にて放牧中。
ある日どこからともなくやってきた第一世代が、めでたく成虫となった。
一時は10匹もいただろうか?これも無農薬栽培だからこそ。
水をぶっかけたり踏んづけてしまわないよう、VIP待遇で接している甲斐あって
第二世代が蛹化間近で、旺盛な食欲を見せている。やっぱり幼虫は最高だ♪ 
この調子でドンドコ増えてくれたら、アブラムシ撲滅も夢ではないかも?!
餌に困ったら、ナスやキュウリのプランターに移住してもらいたい。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

紫陽花

【2008/06/09 21:10】   | コメント(0) | Top↑



「ヴィレット(上・下)」と「サルガッソーの広い海」を読みました | 本・映画・ドラマ
少し前になるが「ジェーン・エア」関連書籍の「サルガッソーの広い海」と「ヴィレット(上・下)」を読み終えた。前者は、ドミニカ出身の作家ジーン・リースの手になるジェーン・エアの前日譚ともいうべき異色作で、後者はC.ブロンテが自身のベルギー留学時代の体験を元に書いた生涯最後の作品である。

ロチェスターの前妻バーサを主人公とする「サルガッソー」は、アマゾンや書評ブログで大体の内容を知っていたので(だから借りたのだが)、深く感銘を受けつつも想定の範囲内であったのだが、同様に予備知識を持って臨んだ「ヴィレット」は、意外にも私の予想を突き抜けていて、ヤラレタ~と思わずにはいられなかった。

大まかなストーリーを知っていて、それでも衝撃を受けたのは、ひとえにポール・エマニュエル教授の強烈なキャラクター設定による。わけもなく癇癪を起こしてばかりの変人・エマニュエル教授は、ロチェスター同様、ブロンテの片思いの相手であるベルギー時代の恩師がモデルで、彼女の理想の男性像と思われるが、ここまで極端ってどうなのよ・・・(^^;)

しかも、この小説は「ジェーン・エア」と同じく、主人公ルーシー・スノウの回想録という形になっているため、さりげなく隠していた事実を後から持ち出して、読者を唖然とさせてくれる。登場人物の内面をアレコレ想像しながら読み進めるタイプの私としては、「そんなんアリ?!」と舌打ちせずにはいられない。

この小説が「ジェーン・エア」ほど世界的な名作にならなかった理由は、何となく想像できる。奇想天外なメロドラマ的要素が乏しいだけでなく、作者の根底にある英国>外国、プロテスタント>カトリックという思想が、これでもかぁ~というほど繰り返し表現されていて、どうにも鼻につくのだ。執筆当時の世相もあるだろうか、せっかくの名作なのに勿体ない気がした。

今回の2つの本は、ともに文庫本が無く、ハードカバーも絶版らしいので、図書館で借りて読むか高額を出して中古本を買うしかない。「ヴィレット」を手元に置いておきたい気がするけど、上下合わせて最低8000円からというのは、さすがにちょっと辛いなあ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2008/06/08 23:16】   | コメント(0) | Top↑



ロールケーキ & ミックスピザ | お菓子
ロールケーキ

ようやく時間が出来たので、先週お菓子教室で習った「ロールケーキ」を復習した。といっても、天板のサイズが違うので、配合の比率に従って再計算が必要である。下準備として、天板にオーブンペーパーを敷いたり粉や砂糖をふるったり・・・。ダイニングテーブルが、材料や道具で占領されていく。う~む、お菓子作りって結構スペースが要るんだなぁ。

最初は、今回もジェノワーズから。授業の時は、慌てて順番を間違えしまい、大失敗の一歩手前だったので、今回はイチイチ確認しながら作業を進めた。時々ハンドミキサーを止めて生地の具合をチェックするが、どうも不安・・・。

ちなみに教室で使うハンドミキサーは、ごく普通の家庭用。それも決して高いものではない。オーブンも、デモの焼き菓子には業務用オーブンを使うが、私たちが実習するケーキは、家庭用の電気オーブンで焼く。つまり、失敗しても道具のせいには出来ないのだ。

前回(いちごのショートケーキ)は電気オーブンで焼いたが、今回はガスオーブンで焼いてみた。焼き色が濃くなりそうだったので、半分過ぎた頃に温度を下げた。焼き上がりは、まぁまぁ・・・?(初心者ゆえ判断がつかない)生地を冷ます間に、夕食用の「ミックスピザ」の生地捏ね。これ以上散らかると面倒なので、一次発酵までHBにオマカセした。(^^;)

発酵の合間に、デコレーションを行った。習った通りの材料を用意するのは難しい。教室で使う生クリームは、乳脂肪分の違う2種類をブレンドしたもので、美味しくて幾らでも食べられるのだが、今回は市販品をそのまま使用。果物は、缶詰のマンゴーに自家製イチゴをちょっぴり添えて。緑が無いので、キウイを買っておけば良かったな。

ロールケーキ(断面)

巻く時の処理は、生地が割れることもなく、ナッペも私にしては上出来♪♪と思っていたら、ケーキを移動させる時、巻き終りの部分にパレットナイフがスッポリ入ってしまい、トッピングの重みも加わって一気に腰砕け状態に・・・うっうっうっ(涙) その後、凹みながらピザを仕上げた。

夕食後にロールケーキを食べてみたが、ジェノワーズの食感が潰れ気味で、生クリームの差も大きかった。(←これは前回も同じだが)自分や子供のオヤツには良いけれど・・・ムムム。とりあえず、味も見た目も、友人に食べてもらうのに恥かしくないレベルを目指そうと思う。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:ロールケーキ
本日のパン:ミックスピザ

ミックスピザ(ツナバージョン)
【2008/06/07 23:58】   | コメント(0) | Top↑



6月上旬の植物たち (収穫編) | ベランダ園芸
今週は、ちょっと時間がないので、予約投稿による「ベランダ園芸特集」です。(笑)
コメントやメールの返信は、週末までお休みさせていただきます。m(__)m

ラベンダーヒッドコート(ドライフラワー)

今年収穫したイングリッシュ・ラベンダーを、ドライフラワーにしました。
量が少ないので仄かに漂う程度ですが、心やすらぐ香りです。
ローズマリーやセージは、ドライにして料理に使うことが多いです。
パセリやバジルは、そのまま料理に使います。(余ったら冷凍保存も可能です)
ミントやレモンバームは、フレッシュ・ハーブティーにしたり、ハーブバスを楽しんでいます。

ハーブティー

そろそろ、夏野菜たちが小さな実をつけ始めました。
キュウリ、ナス、ピーマン、トマト、オクラ・・・・は、まだ双葉ですけど。
今年初挑戦のオレンジチェリー、ラディッシュ、ガーデンレタスミックスも、毎日成長しています。
収穫の日が楽しみです♪

5日間お付き合いいただき、どうもありがとうございました。m(__)m
【2008/06/06 12:00】   | Top↑



6月上旬の植物たち (挿し木編) | ベランダ園芸
今週は、ちょっと時間がないので、予約投稿による「ベランダ園芸特集」です。(笑)
コメントやメールの返信は、週末までお休みさせていただきます。m(__)m

6月上旬のベランダ(挿し木編)


左1段目:バジル2号(今年買った1号苗から挿し穂をとった)
右1段目:ラベンダーデンタータ(只今発根待ち)  
左2段目:紫陽花2号(昨年成功、ただし花咲かず)←たぶん鉢が小さすぎる
右2段目:ラベンダーヒッドコート2号(昨年成功して今年めでたく開花)
左3段目:バラ(水挿しで発根待ち)←バラは成功率が低いので、たくさん挿してます
右3段目:アップルミント(水挿しで発根済みで定植待ち)

苗を買うより手間も時間もかかりますが、花が咲いた時の喜びはひとしおです♪
【2008/06/05 12:00】   | Top↑



6月上旬の植物たち (ハーブ編) | ベランダ園芸
今週は、ちょっと時間がないので、予約投稿による「ベランダ園芸特集」です。(笑)
コメントやメールの返信は、週末までお休みさせていただきます。m(__)m

6月上旬のベランダ(ハーブ編)


左1段目:(左から)コモンセージ、ラベンダー(キューレット)、コモンタイム
右1段目:(左から)ローズマリー、ミツバ、ラベンダー(ヒッドコート)2個
左2段目:(左から)アップルミント、スペアミント、レモンバーム
右2段目:(右から)モスカールドパセリ、イタリアンパセリ
左3段目:(右から)ラベンダー(デンタータ)、ラベンダー(レース)、謎の観葉植物
右3段目:(右から)オレンジチェリー、スイートバジル
【2008/06/04 12:00】   | Top↑



6月上旬の植物たち (直播き編) | ベランダ園芸
今週は、ちょっと時間がないので、予約投稿による「ベランダ園芸特集」です。(笑)
コメントやメールの返信は、週末までお休みさせていただきます。m(__)m

6月上旬の植物たち(直播き編)


左1段目:ガーデンレタスミックス、右1段目:オクラ
左2段目:ラディッシュ、右2段目:青紫蘇
左3段目:ルッコラ、右3段目:ベランダの様子
左4段目:朝顔
【2008/06/03 12:00】   | Top↑



6月上旬の植物たち (花編) | ベランダ園芸
今週は、ちょっと時間がないので、予約投稿による「ベランダ園芸特集」です。(笑)
コメントやメールの返信は、週末までお休みさせていただきます。m(__)m

6月上旬の植物たち(花編)


左1段目:ゼラニウム&バラ(花は終了)、右1段目:ピーマン
左2段目:イチゴ、右2段目:紫陽花
左3段目:キュウリ、右3段目:ローズゼラニウム
左4段目:ナス
【2008/06/02 12:00】   | Top↑



| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。