Top | RSS | Admin




ミニイギリスパン&ミニプルマン | パン
ミニイギリスパン&ミニプルマン

実家に用事があったので、「ミニ・イギリスパン」と「ミニ・プルマン」を焼いて持って行った。どちらも、来週レッスンする予定のレシピである。同じ生地で各1個ずつ作ったが、成型が違うので仕上発酵終了のタイミングを合わせられるかどうか不安だった。

過去の経験からプルマンの方が遅いだろうと思い、プルマン→イギリスパンの順に成型したのだが、予想は見事に外れ、発酵のスピードはどちらも同じぐらい。発酵完了の目安となるサイズは、蓋をしないイギリスパンの方が大きいから、プルマンに合わせて焼成に入ると、イギリスパンは発酵不足になる。う~む・・・どうしよう?

で、迷った挙句、ちょっとズルをしてみた。予熱完了したオーブンの中にイギリスパンを入れ、そのままスタンバイの状態で釜伸びを待つ。目標の半分ぐらい釜伸びしたところで、焼成開始。生地を入れたことでオーブン庫内の温度が下がっているため、スタートから元の温度に戻るまでに2~3分掛かり、その間にまた少し釜伸びするので、当初の目標サイズに達した。

その間プルマンは、蓋を閉めて室温に放置し、庫内が元の温度に戻ったところでオーブンに入れ、後はイギリスパンと一緒に焼き上げた。放置している間に膨らみすぎてレンガになるのでは~と案じたが、それほど酷いことにはならず、蓋を外した次の瞬間ホッと胸を撫で下ろした。実家に置いてきたので、内相は未確認。ちょっと心配・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:ミニ・イギリスパン、ミニ・プルマン
【2006/09/28 22:02】   | コメント(0) | Top↑



<<天然酵母セミナー(4) あずき種 | Top | ブリオッシュとコルネ>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |