Top | RSS | Admin




パネトーネ | 天然酵母パン
パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール使用)

ものすご~く久しぶりに「パネトーネ」を焼いてみた。言わずと知れたクリスマス向けの菓子パンである。急に思いついたので、ドライフルーツが全然足りない。とりあえず1個分だけHBで捏ねた。量が少ないため、最初は生地が上手く回らなかったが、菜箸でフォローしながら何とか捏ね上げた。捏ね上げ温度は26度と上々である。

このレシピ、配合が超リッチであるだけでなくサンリッチ・ナトゥールを使うので、非常に美味しくて日持ちも良いのだが、時間がかかるのが玉に瑕。なにしろ、予定の時間内に焼けた例が無いのである。何か原因があるはずで、それを追求するのが今回の目的だった。

ところが、思いもよらぬ事態が起こり、それどころでは無くなった!なんと、パネカップ(紙製)がどこにも無いのである。昨年幾つか使ったけれど、確かまだ残っていたはず!!そう思って、可能性のありそうな場所を片っ端から探してみたが、影も形も見つからない。もしや、使い切ってしまったのか?!自分の記憶に自信が持てなくなってきた・・・。

だが、当面の問題は、ベンチタイム中の生地をどうするかである。分割してマフィンカップで焼いても良いのだが、今回はサイズにも拘りたい。では、型の代わりになるモノを探そう!!そんなわけで、炭酸煎餅が入っていた空き缶の中にオーブンペーパーを敷いて、成型した生地を入れた。気がついたら、何やかんやで1時間近くベンチタイムを取ってしまった。

仕上げ発酵は、空き缶のサイズがパネカップと違うので目安となる高さが分からず、見た目だけで判断したが、結果的にそれほど間違いではなかった。今回は一次発酵終了から焼成終了まで約4時間弱で、これまでに比べると少しマシだが、ベンチタイムの件を考慮しても、まだ長いなあ。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:パネトーネ(サンリッチ・ナトゥール)

【2006/11/12 22:47】   | コメント(0) | Top↑



<<食材専門店でお買い物♪ | Top | イングリッシュマフィン>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |