Top | RSS | Admin




クレセント・オ・ザマンド&ツイスト | パン
クレセント・オ・ザマンド

今日のパンは「クレセント・オ・ザマンド」「ツイスト(ミニ・デニッシュ食パン)」の2品と端生地で作った「くるくるアーモンドデニッシュ」。クレセントとは”三日月”の意味で、ここではクロワッサンを指す。パンⅡのクロワッサンとは配合もサイズも違うので、別の名前をつけたのだろう。それから、オ・ザマンドは、パン屋さんでよく見かけるものとは違い、焼く前にトッピングをおこなうタイプである。

折り込み生地は、この冬何度も扱ったので、パンⅣ予習の対象外にしようかと思ったが、オ・ザマンドの存在がどうも不安・・・。クレセントのアレンジだけど昔は無かったので、まだ1度も自宅で焼いたことがない。暖かくなると折り込み作業が大変だから、やるなら今のうちである。

既に室温22℃で、湿度は60%。折り込み専用油脂が無いので、製パン用マーガリンで代用した。普通のバターより融点が高いため、専用油脂ほどではないが扱いやすい。まだ普通のバターでも作れそうだが、今回の練習は成型重視なので、あえてリスクを冒すこともあるまい。

仕上げ発酵の段階までは、温度や時間を調整する以外、これといって問題はなかった。オ・ザマンドのトッピング生地も用意して、後は仕上げの作業だけ。が、しかし・・・肝心の作業について、何もメモしていないじゃないの!薄く塗るのかタップリ乗せるのか流れ落ちるほどテンコ盛りなのか、細かい部分がサッパリ分からない。一体ど~なのよ???

焼き上がったオ・ザマンドは、こんがりを通り越して黒々・・・。もっと早目に温度調整すべきだった。(ツイストは反省して焼き色に注意した)オ・ザマンドのトッピングの残りをくるくるデニッシュに全部乗せたところ、そっちの方が美味しかった。焦げてないから当然だけどね。実際に作ってみて、初めて何が分からないのか気づくことが多い。やっぱり、最低1度は焼かないと身に付かない。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クレセント・オ・ザマンド、ツイスト(ミニ・デニッシュ食パン)、くるくるアーモンドデニッシュ

ツイスト&くるくるアーモンドデニッシュ

【2007/03/31 14:39】   | コメント(0) | Top↑



<<パン・ド・カンパーニュ | Top | グラハムブレッド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |