Top | RSS | Admin




和風化するパン屋さん | 食べ歩き
米粉コッペパン、餅入りもちもちパン

今日は、小学校の自由参観日。通常の授業参観と違って好きな時間に参観できるので、午前中の算数と体育を参観した。算数の授業では、まぁそこそこ真面目に取り組んでいたが、ラスト10分ぐらいで集中力が途切れたのか、大きな欠伸を3つも4つも・・・んもぅ!体育はライン・サッカー。さっきの眠そうな様子が嘘のように元気。見ているコッチは、寒くてブルブル~~(^^;)

さて、参観の後は、息子が予約していた本を借りに図書館へ。先週行ったところなのに、その直後にまた連絡が来たのだ。シリーズ物の予約は、まとめて連絡をくれたらいいのになぁ。今日も天気が良かったので、片道50分の道のりを往復した。いつもは、休憩がてら少し読書していくのだが、今日は咳をしている人が多かったので早々に引き上げた。歩きすぎたせいか、今ちょっと腰が痛い・・・(>_<)

さて、帰宅途中、最寄り駅の某ベーカリーに立ち寄った。自宅周辺にある5軒のパン屋さんの中では、1番美味しい。しばらくご無沙汰していたので、かなり商品が変わっていた。一口で言うと”和風化”。以前はハード系やデニッシュ等が目立っていたが、米粉を使ったパンや餡子・抹茶などを使った和菓子パン(?)が激増していた。お正月あけのせいかな?

商品棚の前で品定めをしていると、60代ぐらいの女性の会話が聞こえてきた。「(デニッシュを指して)このパン、美味しそうやけどパラパラこぼれて食べにくいんよ~」住宅地における平日昼間の客層は、殆どが主婦かお年寄り。本格指向の欧風パンより、馴染みのある日本風パンの方が売れ行きが良いのだろう。個人的には、以前のラインナップの方が好きだけどなぁ・・・。

とりあえず、新しいパンを2つ買ってみた。「米粉コッペパン」「餅入りもちもちパン」の2種類である。コッペパンは、米粉にグルテンパウダーを添加したものらしく、確かにモチモチしているが歯切れが悪く、口の中で団子状になった。もちもちパンは、生地に米粉を使い、餅(団子用?)を包んで海苔を貼り付けたもの。私好みのモチモチ度で気に入った。たぶん冬季限定だろうが、時々チェックしよう。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。

テーマ=パン - ジャンル=グルメ

【2006/01/17 22:02】   | コメント(0) | Top↑



<<雑穀ブレッド | Top | HB製ヨーグルト蜂蜜ブレッド>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |