Top | RSS | Admin




ラベンダーの香り | ベランダ園芸
ラベンダー3種(ドライフラワー)

ドライフラワー(左:デンタータ/中央:ヒドコート/右:ピナータ)

labender3_20070606.jpg

生花(左:デンタータ/右上:ヒドコート/右下:ピナータ)

我が家には3種類のラベンダーがある。先日購入した図鑑で確認したところ、イングリッシュラベンダーのヒドコート(ラバンドゥラ系)・フリンジドラベンダーのデンタータ(デンタータ系)・レースラベンダーのピナータ(プテロストエカス系)と分かった。

ラベンダーには複数のグループがあるが、花や葉の形が違うだけでなく、香りもずいぶん違うようだ。梅雨入り前に3種類のラベンダーでドライフラワーを作り、数日間陰干しした。通常は開花直前に摘むものらしいが、私はそういう知識が無かったので、開花して数日経ったものを使った。

3つの香りを比べてみると、生花の時以上に華やかな芳香を放つヒドコートに対し、デンタータは花びらの色と同様に薄くマイルドで、ピナータにいたっては殆ど枯れ草の香り(?)である。正直言って、こんなに違うとは思わなかった!!

そんなわけで、ヒドコートが最も良い香りだった(それでもラバンドゥラ系の中では薄い方らしい)わけだが、イングリッシュラベンダーの夏越しは至難の技と聞く。北海道のように涼しけりゃ良いが、我が家のベランダは真夏になると灼熱地獄だ。どうすれば良いのかなあ・・・。

□ ■ □ ■ □ ■

本日は、パンもお菓子も作りませんでした。
【2007/06/18 22:12】   | コメント(2) | Top↑



<<サバラン | Top | 園芸の本3冊>>
コメント
 ベランダが灼熱地獄になる主な原因は、照り返しですからね。
つり鉢にしてみればどうでしょうか。
この前園芸店で、プラ鉢に取り付けられる三つ又フックを
見つけたので買って、シクラメンをベランダの
エアコンの室外機の下に吊してみました。
いつもいつも夏にダメにするシクラメン・・・
今年は茂らせたまま、夏越しに挑戦です。
フックは2本入りで、250円でした。
【2007/06/21 17:09】 URL | ニョ~ボさん [ 編集] | top↑

============================================================

ニョ~ボさん、こんにちは。
吊り鉢、いいかもしれませんね。
全部は無理でも、耐暑性のない植物だけなら出来るかも。
うちのベランダ、昔は人工芝みたいなマットを
敷いていたのですが、ボロボロになって捨てたので
それ以来コンクリートがむきだしで、すごく暑いんです。
今年は、コンテナの下に何か敷いてみようと思います。
シクラメン、そういえば若い頃、自分の部屋に置いていましたが
いつも夏に枯らしていました。今年は成功するといいですね!





私も考えたのですけど
私が育てているのは、野菜にしろハーブにしろ
最初は小さくてもすぐに大きくなるものばかりで

どうも不向きのようです。




【2007/06/21 20:37】 URL | DoDo [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |