Top | RSS | Admin




パイン・クリーミー・マフィン | お菓子
パイン・クリーミー・マフィン

冷蔵庫の奥から生クリームが出てきた!特にアテもなく買ったもので、すっかり忘れていた。賞味期限を過ぎているので、そのまま使う気にはなれない。でも、未開封だから火を通せば大丈夫かも?!焼き菓子に使えないか、ダメ元で試してみよう。

生クリームを攪拌し続けるとバターと水に分離するのは、周知の通りである。これに砂糖と卵、粉類を加えたら、理論上マフィンの生地になるはず。かつて本館で公開していたパイン・ヨーグルト・マフィンの配合を元に水分を調整したら、ちょうど良い按排に。「パイン・クリーミー・マフィン」と名付けた。

一番難しいのは、材料を加えるタイミング。当初は、適度にホイップしたら砂糖を加え、クリーム状になった時点で卵黄をと考えていた。ところが、あっという間にタイミングを逃し、分離が始まった。慌てて卵黄を加え攪拌を続けたところ、次第にトロリとした液体に。粉類とパイナップルを加えると、少し緩めだがマフィンの生地らしく見えた。

焼き上げたマフィンは、予想以上にちゃんと(?)膨らんで、生クリームで作ったようには見えない。食べてみると、表面サックリ&内側シットリ♪(←表面にシロップを塗るのを忘れたため)少し重い食感だけど、息子も気に入ってくれた。生地が落ち着いたら、どうなるか楽しみである。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のお菓子:パイン・クリーミー・マフィン

【2007/10/22 20:40】   | コメント(0) | Top↑



<<(続)パイン・クリーミー・マフィン | Top | ホラー系は苦手>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |