Top | RSS | Admin




蜂蜜入りのティーバッグ | 紅茶教室
紅茶教室Tea-andorra

今月のテーマは、ティーバッグを使った美味しい淹れ方。先生が、珍しい蜂蜜入りのティーバッグを用意して下さったが、これが美味しいのなんのって!!本当はリーフティーなのだが、先生の師匠が特注でティーバッグにしてもらっているそうだ。市販のティーバッグは、リーフティーには出来ない品質の劣る茶葉が使われている。

講義は、紅茶の歴史について。中国から西洋に伝わったのは、16世紀半ば。日本に鉄砲やキリスト教が伝来した頃だ。イギリス王室に紅茶を飲む習慣がもたらされるのが、17世紀半ば。18世紀半ばにはアメリカ独立戦争の引き金となる「ボストン茶会事件」が、さらに19世紀半ばに起こる「アヘン戦争」も紅茶を抜きにしては語れない。う~む、勉強になるなぁ・・・。

アフタヌーン・ティーの紅茶は「ケニア」と「ディンブラ(お替り用)」。紅茶に生のフルーツを入れて、香りを楽しむ飲み方を教わった。紅茶のお供は、バナナスコーンとサンドイッチ、そして英国風プディング。いつものことながらどれも美味しくて、優雅な午後のひと時を堪能したよ~♪

□ ■ □ ■ □ ■

本日はパンもお菓子も作りませんでした

紅茶教室Tea-andorra
【2009/05/15 20:43】   | コメント(2) | Top↑



<<バターロール&うぐいすロール | Top | リングドーナツ&プチドーナツ>>
コメント
DoDoさん、こんにちは(^^)
紅茶教室楽しそうですね!
ティーバックも、おいしい淹れ方をすると全く別物ですね☆
いつもは、熱湯注ぐだけ~だから・・
お菓子も素敵なものばかりで、優雅ですね^^
セレブの奥様が通う紅茶教室って感じで素敵です!
【2009/05/16 10:03】 URL | kazumi [ 編集] | top↑

============================================================

kazumi♪さん、こんにちは。
ティーバッグ、やはり手軽に使える点が魅力です!
イギリスの一般家庭でも、きっと使い分けていると思います。
お客様を招待した時は作法にしたがって丁寧に淹れるけど、
忙しい朝などはティーバッグを使うとかね。
先生のお宅は、とても豪華で素敵なんですよ~♪
生徒さんも、セレブかどうかは分かりませんが
皆さん優雅な雰囲気をお持ちです。(←私を除く)
【2009/05/16 20:22】 URL | DoDo [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |